http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
平成28年の春の味覚
2016-03-27 Sun 15:25
今年もチーム懐畔で本諸子釣りに行って参りました。
何故だか、当日前後から急激な冷え込みになって難儀致しました(涙)
私は二桁に届かず…。
でもでも、お魚仲間と存分に楽しんで春の一日を過ごしました。
本諸子 1
本諸子(ほんもろこ)
本諸子の姿は春を目で捉えることと同じです。
卵を抱いた本諸子の味覚は春を実感できます。
本諸子 3
本諸子 塩焼き
本諸子 4
本諸子 甘露煮
持ち帰った本諸子は塩焼きと甘露煮にしました。
いつも私の釣り始めは本諸子です。
遊んで下さったお魚大好きな仲間達に感謝です。
いつもありがとうございます。
今年の魚採りと釣りの楽しみの始まりです。



スポンサーサイト
別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:3 
今年の本諸子
2015-04-01 Wed 21:38
今年の恒例の本諸子釣りは予定が合わず涙を呑んで不参加のご連絡をいれました。
本諸子を釣ることよりも、楽しいお魚採り仲間との再開が何よりも楽しいのに…。
そう…。
そうなのですが、涙を呑んで翌日のお魚大好き仲間の仕事中に行って来ました(爆)
本諸子 1
本諸子(ほんもろこ)
LINEで仲間達に状況を報告しながら、独りで黙々と釣りしてました。
退屈しない程度に中りがあって楽しめました。
本諸子 2
唐揚げ
今回は、唐揚げと塩焼きと甘酢漬けにして味わいました。
春はこれで始まる…。




別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:0 
手長蝦
2014-08-30 Sat 16:08
ちょっと食欲の夏を楽しもうと手長蝦を採ってきました。
素揚げに塩と胡椒で食べてます。
手長蝦
手長蝦(てながえび)
たも網で採るのも面白いのですが、穂先の柔らかめの竿で釣り上げるのが楽しい!
画像よりも多めに持ち帰りました。
で…。
画像も撮らずに食べちゃった (撃沈)

細々とではありますが、鯰や雷魚の合間に小物を採っては楽しんでおります。




別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:6 
今年の鰻
2014-07-28 Mon 20:06
今年も鰻釣りに行って来ました。
と、云うか既に入梅前から何度か行っています。
鰻 1
これは土用の丑の日に釣り上げたものです。
土用の丑の日に鰻を食べる習慣は江戸時代に夏に鰻が売れないので店先に「今日は土用の丑の日」と張り紙をしたのが始まりだとか云われています。
平賀源内説。
本当かどうかは知りませんが、そうだとしたら業者に煽られて定着したバレンタインデーと変わらん…。
日本人の気質は江戸時代から変わっていないことは確かです。
この時期の鰻はあまり美味しいわけではないです。
鰻の旬は秋から初冬に掛けてです。
天然の鰻を食べていれば歴然と判ります。
でもでも。
国産の養殖の鰻なら年中美味しく食べられます。
日本の養殖技術は優れています。
あくまでも日本の養殖鰻のお話しです。
鰻 2
蒲焼き
今回は蒲焼きにしてみました。
満足です!




別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:2 
本諸子、再び
2014-05-02 Fri 16:15
4月も後半に入ろうという時期に、昨年もご一緒して頂いた女性アングラーの麻里子さんと再度、本諸子を釣りに行ってきました。
お互いに仕事で忙しくて中々日程が合わず、止む無く本諸子釣りの最盛期は過ぎた後の釣行となりました。
3月後半に行った時はまだ早く、今回は既に遅く…。
鰉
鰉(ひがい)
鰉(ひがい)は釣れるものの狙っている本諸子は中って来ません…(涙)
鰉は美味しいからいいけど。
可愛い琵琶葦登(びわよしのぼり)が何匹も掛かってきます。
ちゃんと合わせているのでしっかりと上あごに針掛かりしています。
婚姻色が鮮やかで飼育しても面白いけど…。
本諸子
本諸子(ほんもろこ)
一日中、粘りに粘って本諸子は5匹。
鰉も5匹。
独りで美味しく戴くことにするか…。
条海老(すじえび)や琵琶葦登(びわよしのぼり)も何匹か掛かって来ました。

隣にいた地元のお爺さんが麻里子さんの投げ竿の扱いやリール捌きをまじまじと見て
「手慣れたもんやな。女性にしては相当やってみえるな…。投げ方見りゃ解るわ…。」
と呟いていました。
彼女は釣り師だし、釣りのインストラクターですからね。

そうそう…。
麻里子さんが買って来た関西地区の釣り新聞にでかでかと地名と写真入りで記事にされてました。
私が最初にこの場で釣り始めた時は誰一人、本諸子を狙っていなかったのに…。
記事を書いた輩は自分の収入の為に地名と写真入りの記事を書く事に何の引け目も感じないのだろうか…。
場荒れは避けられそうもありません。
その記事には、15㎝前後の本諸子(ほんもろこ)は一匹あたり1000円以上で取引されているとまで書かれてありました。
余計なことを…。
そうで無くとも情報が知れ渡るのは早いですから…。
中には釣り方を含め、まるで自分の場所の様に吹聴する輩もいたりしますが、根底から次元が違うので話になりません。

今後も春の風物詩としてゆったりと釣りをすることに安らぎを求め、美味しく戴くことに幸せと噛みしめていきます。
麻里子さん、お疲れ様でした。



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:2 
麦突の川
2014-04-02 Wed 16:18
恒例の本諸子釣りの後、masaさんにご案内戴いて、katu4126さん親子と共に久し振りに麦突の川に行ってきました。
鯰とか綺麗な油ぼてとかも網に入った記憶が蘇ります。
虹鱒
虹鱒(にじます)
カワムツ
カワムツ
麦突
麦突(むぎつく)
鎌柄
鎌柄(かまつか)
画像を取り忘れたけど、鈍子(どんこ)もいました。
以前は何が入るのかと期待を込めて水から網を上げていましたが、今は懐かしさが込み上げてきます。
おぉ、いてくれたか!と。

そうそう…。
筋縞泥鰌 1

筋縞泥鰌 2
筋縞泥鰌(すじしまどじょう)
筋縞泥鰌がいました。
大型種かな?
ここにもいるじゃんって感じでした。
数匹お持ち帰りしました。

久し振りにウエダーを履いての網入れは楽しかったです。
早く自由になりたいぜ(謎)



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:2 
恒例の春の宴
2014-03-31 Mon 16:11
今年もお仲間と再会して春の宴を楽しんで参りました。
お気楽忍者のブログ」masaさん
おやじ創りの法則」四国六郎さん
浜名湖辺り」katu4126さんと息子さん
オチョボウオを追え!」ドンコ将軍とヒガイ提督
総勢7名。
本当に久し振りなのだけど、惚けたら突っ込んでくれるし、真面目な話にも付き合ってくれるし、何よりも以前と変わらぬいつもの感じなのが嬉しい限りです。
釣りを超えた楽しさが確かに存在しています。

さて…。
毎年、同じ時期に釣りに来ているのに今年は何故かいつもより遡上が遅れている様でした。
私は、諸々の小魚ばかり…。
本諸子も諸子なんだけどさ…。
出目諸子
出目諸子(でめもろこ)
地元の方々も仲間達も実は私の本心も数河諸子(すごもろこ)といわれるのですが…。
ここは敢えて出目諸子(でめもろこ)と思いたい ←願望
目つきが妖しいもん…。 ←儚い根拠
鮒
鮒(ふな)
そこそこの大きさの鮒が掛かってきます。実は何匹も鮒を釣ったのですが、要らない魚は外道なのですぐにお戻り戴いておりました。
鮒さんは、「ザ.日淡」なのに冷たい仕打ちしてご免なさい。
これは四国さんが釣った鮒です。
鎌柄
鎌柄(かまつか)

あ。
画像がない…。
実は、私は底ものの鎌柄(かまつか)を釣り上げました。
鮒と一緒に(爆)
普段は砂の中に潜っている鎌柄(かまつか)が何故、中層の針に掛かるのか?
解らん…。
喰い渋る本諸子(ほんもろこ)の抵当にこの鎌柄(かまつか)を塩焼きにして食べようと企ててmasaさんのバケツに入れておきました。
鎌柄(かまつか)は、川鱚(かわぎす)とも言われて白身で美味しいのです。
が…。
ここで著作権侵害のお詫びを申し上げます。
鎌柄(かまつか)の事などすっかり忘れてmasaさんとお別れしたので画像が無いことに気付きました。
今、masaさんのblogから画像をコピペしてきました(激爆)
masaさん、ご免なさい…。
クローバー送るから(謎)

他にも鰉(ひがい)とか似鯉(にごい)とかブルーギルとか…。
本諸子
本諸子(ほんもろこ)
結局、私の本諸子(ほんもろこ)の釣果は8匹。
去年と比べたら激減ですが自分で食べる分には充分です。
自然の恵みですから、存分に春の味覚を楽しみます。
本諸子 塩焼き
本諸子の塩焼き
本諸子 甘露煮
本諸子の甘露煮
今回は、定番の塩焼きの他に趣向を変えて甘辛く甘露煮にしてみました。
卵に甘辛いたれが染み渡るとこれはこれで絶品です。
あの、その…。
私は8匹しか釣れなかったのですが、katu4126さんに戴いて増えてます(爆)
katu4126さん、ありがとうございました。

今年も大いに自然の中で気持ちが洗われました。
ちょっとポコパンやったけど(爆)
何よりもBlogで繋がった仲間達との会話が一番の癒しでした。
四国さんいつもありがとうございます。
本当に感謝しております。
katu4126さん、今年こそは浜名湖へシーバスを釣りに行きたいです。
あ、黄鰭もいいな…。
masaさん、こっちにも遊びに来てね!
鰊とか(謎)
将軍と提督にも会えて本当に嬉しかったです。
忙しい中、恒例行事の為にお時間を創ってくださってありがとうございます。
そのトークが聞きたかったのです。

今年も楽しみました。
幕開けですね。
また、遊びましょう!




別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:6 
ばしゃばしゃと
2013-07-19 Fri 00:00
鰻を釣っていると岸近くで小魚がばしゃばしゃと音を立てて逃げまどうことがあります。
鮬(せいご)や鯰に追われているのか気になって仕方がありません。
今回は、タモ網で掬ってみました。
鯔 2
鯔の幼魚
鯔 1
鯔の仔?
いなっ仔かな…

他にも数河諸子(すごもろこ)らしき魚影が見られるのですが、網が届かなくて撮れませんでした。
ウェダーを履くのは暑いし…(爆)
豊かな魚影が大型の魚食魚を育てます。
ここでも大物をルアーで狙うかな。



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:2 
天然鰻
2013-07-01 Mon 15:10
鰻を求めて新しく開拓した場所は、食べ頃な鮬が餌釣りでもルアーでも掛かるので気に入っていました。
それでも、鰻を狙っていることには変わりません。
今回は、ふと思い付いて餌を変えてみることにしました。
鰻 1
やっと念願の食べ頃の大きさの鰻を釣ることが出来ました。
何度もこの場所に通うものの、釣れてくるのは30~40センチの仔鰻ばかりでした。
全部、水に戻して大物をじっと待っていました。
それよりも、激しい闘争を竿に伝えてくる鮬(せいご)釣りの方が楽しくて…。
今回は、閃きで餌を変えてみて大正解でした。
鰻 2
鰻 60センチ
鰻を延ばしてきっちり測ると60センチでした。
ただ、手を放すと鰻が縮む…(爆)
早速、捌いて鰻丼にしました。
鰻 3
天然鰻丼
満足!
美味しかったです。




別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:2 
鮬祭り
2013-06-23 Sun 00:00
掲題を「鮬祭り」としたのは、鮬が沢山釣れていると云うよりは、私の頭の中が鮬釣りでいっぱいという意味です…(謎)
ちょっと楽しめる場所を見つけたので再度、行ってみました。
ここは面白い…。
鮬 1
鮬(せいご)
ある時間になると急に鮬の活性が上がって小魚が逃げまどい、川面が波立ちます。
跳ねたり、小魚と共に空気を呑み込む時の爆音が響いたりします。
ルアーにも反応するので嬉しい限りです。
鮬 2
鮬 40センチ
私の感覚では、シーバスと云うより鮬(せいご)です。
この大きさでもそこそこの引き味は楽しめるのと、結構、貪欲にルアーに食らいついてくるので面白くてやめられない…。
大物狙いの懐畔としては、もっともっと大きなメーター級を掛けたいところではありますが、ここでは鮬祭りを楽しめるので満足しています。
鮬 3
鮬 3匹
二桁近く掛けたのですが、その内の3匹の鮬(せいご)をお持ち帰りすることにしました。
ちょうど食べ頃サイズです。
刺身が美味い!
今回は、小さいのを塩焼きにしました。
そして、置き竿の餌釣り…。
ちゃんと大物が来ました。
鮒 1
鮒 40センチ
尺越えの鮒です。
40センチありますからね。
鯉かと思うほど鱗が大きい…。
でかいの好きだけど、どうしろと。
銀ではなく、なかなか落ち着いた銅の色合いをしておりました。
鰻 1
鰻 40センチ
30センチから40センチくらいの鰻が3匹掛かりました。
これは小さ過ぎるのでお持ち帰りしません。
素速く針を外して水に戻してやりたいのですが、もたもたしていると鰻が暴れて仕掛けに絡まって大変なことになります。
ただ、針を外すのに、手早さとちょっとしたこつが要ります。
今年はこのサイズが続いているので手慣れてきました。
それはそれで、なんか悲しい…。
もっと大きくなって私の手元に帰って来いと願うばかりです。
鯰 1
鯰 30センチ
更に、仔鯰が何匹も釣れてきます。
餌釣りだし…。
この大きさでは私には単なる外道…(爆)
ここで専門にルアーで狙えば必ず大きな鯰も掛かると根拠無き勘で確信しております。
あれやこれやと忙しい釣りは好きではないので、今回は鮬釣りに重きを置いて楽しみました。
そして、様々な魚達に出逢えて嬉しい限りです。





別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:4 
| 懐かしき畦の水辺 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。