http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
濾過のこと 其の弐
2006-07-18 Tue 20:50
濾過器の稼働から1日経って、この環境では水流が強すぎることに気付きました。
底に川砂を使っているため濾過器からの水流で蟻地獄の巣の様な臼上の模様が描かれてしまいました。それはそれで綺麗なんですが・・・メダカもミナミヌマエビもドジョウも水流が強くて真ん中に寄ってこない\(●o○;)ノ
対応策はないものかと考え、物を置く事にしたのですが、どうせなら濾過機能を持たせたらいいと思い付きました。

水槽ごと濾過装置


濾材の入ったこの鉢に水流が当たる

 この鉢の中には下からウール材、竹炭、ウール材、麦飯石が入っています。
濾過器からの水流がこの鉢の中を通るのでバクテリアの住み処にもなると思います。

鉢の中の濾材
鉢が違いますが・・・濾材を重ねてあります

メダカ飼育の水質は中性で構いませんが、水道水は住居環境や季節などによって塩素の投入量が違うため必ずしも中性ではありません。
ただ、これまでの経験からメダカ飼育の水質は弱アルカリにした方が安定するようです。
ドジョウ類やミナミヌマエビはPHの許容範囲が広いのでメダカの水質に合わせています。
竹炭を入れているのは活性炭の様な働きと水質を弱アルカリにする役割をさせています。
麦飯石はどうしてこんなに値段が高いのだろうと疑問に思っています。商標を取って販売してますね。効能はバクテリアの住み処と水質の安定とされてますが、水槽のレイアウト上、石なら自然な感じだったので濾材として選びました。珊瑚の化石が混ぜてあるようですが、これも水を弱アルカリにします。
ウール材は上部濾過用の交換材で一番安価な物を適当に切って使っています。
鉢は100円均一で物色しましたが、水槽の容積に対して大き過ぎた感じがします。

濾過器とその水流を利用して水槽の中でも生物濾過する仕組みを作ってみました。
小型水槽は水量が少ないため、水質の変化が急激です。
効果がでることを期待しています。

 





関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具 | コメント:0 | トラックバック:0 
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。