http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
髭もの水槽
2006-07-31 Mon 22:00

ベランダの日本淡水魚水槽・・・微妙にアマゾンです(^^;


シマドジョウ
シマドジョウ


髭もの、底ものに目が無く、懐かしさを彷彿させる日本の淡水魚が大好きです。
切っ掛けは、昨年の夏にコリドラスを貰って飼い始めた事からです。
熱帯魚ときいて躊躇していました。
凝りだしたら止まらなくなるだろうし、日本の淡水魚の方が好きだし・・・。
でもでも・・・やっぱり・・・髭が可愛いし・・・両方飼えばいいじゃん・・・。


コリドラスと砂の中に顔2つ
コリドラスには髭がある・・・底をパフパフする
シマドジョウの頭出し・・・こういう所が可愛くて・・・


交差 ドジョウとシマドジョウ
ドジョウは田圃から借りてくる・・・

メダカ・・・
自然メダカも・・・ 縞があるのと白いのと・・・

ミナミヌマエビ
黄金抱卵・・・ミナミヌマエビ


メダカとミナミヌマエビも併せて飼っています。
濾過器なし、ヒーターなしの屋外飼育をしていました。
住宅事情が許さずベランダに置くことにしました。

当初、濾過器を使わなかったのは電源が取れなかったのが最大の理由です。
個人的に自然循環の生態系を創りたい憧れと楽しみがあったのも事実です。

屋外ですので、簾で直射日光を遮る工夫をしています。
水草に対して適度な光を入れ、極端に藻が繁殖しないような加減を模索しました。


ベランダの髭もの底もの水槽

ん?貝しかおらん・・・

ドジョウ達は砂に潜っている・・・


30センチ水槽を水替えなしで長期間、透明度を保ちながら水質を安定させるのにはちょっと無理をし過ぎました。
生体の過密飼育・・・解ってはいるもののついつい(^^;

ドジョウ 2 (成魚)
シマドジョウ 4 (成魚)
コリドラス パレアトゥス 2
メダカ  3 (成魚)
ミナミヌマエビ 8 (稚エビは含まず)
石巻貝 3
タニシ 1

ミナミヌマエビや貝類はともかく餌の量との関係もあって水質は3ヶ月が限度でした。
水替えをすること自体は厭わないのですが、透明度とバクテリアのバランスを保つのがちょっと難しくなっていました。


通常の(^^; ミナミヌマエビ
脱皮したばかりのミナミヌマエビ


当初、水草はマツモとウィローモスと鹿角苔(リシア)を入れていました。
鹿角苔はとても浄化能力が高いのですが、リシアネットで水槽内に入れた為、底もの達にパフパフされて破壊されました(ToT)
ウィローモスもドジョウやコリドラスの格好の遊び道具でモスの固まりに突っ込み、潜りまくって散乱しまくりました(ToT)
何度か、水槽のリセットを繰り返して、一時期はマツモだけになりました。
今年の早春にアマゾンフロッグピットを入れてから水質が安定しました。
今後は鹿角苔(リシア)も投入しようかと考えています。

この水槽は6月にテトラ OT-30 Plus という外掛け式の濾過器を取り付けました。
標準の濾材と麦飯石を入れて濾過させています。
この濾過器については別に書こうと思っています。

屋外に置いて自然循環を目指しましたが、30センチ水槽という水質や温度の変化の激しい環境で生体が落ちてしまうことの方が辛いので意地を張って無理をすることは避けました。
自然循環の生態系を創るのならもう少し余裕を持った環境で創った方が良いと判断しました。


辛うじてコリドラス・・・
新幹線の車庫に並んでるみたいで・・・


生体は日本淡水魚にしようとドジョウやメダカを掬ってきたのですが、髭ものは仲間だ!との天の声に逆らえず(^^;コリドラス(青コリ)も同居させてます。
底をこまめにパフパフする姿が好きです。
水草も日本の淡水に生息しているマツモや日本産ウィローモスにしていましたが、アマゾンフロッグピットを入れたりしています。
う・・・全然、統一性がない(^^;
とにかく、底もの髭もので日淡が全体の数より多い・・・水槽です(^^;


こぶら君
こぶら君



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:4 | トラックバック:0 
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。