http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
2006-08-10 Thu 20:14
先日、カメラを持って出掛けた田圃には様々な生き物がいました。
ほんの僅かな時間でしたが、久し振りに田圃の友達に出逢えました。
 かつての記憶との差異に唖然として探し求めた田圃です。
田圃なら近くにもあるけれど、自宅から車で数十キロも走らないと記憶と一致しないなんて悲しいです。
残っていただけでも幸せか…。
 この夏の休みにもう少し時間を掛けて素堀の水路を覗いてこようと思っています。

ドジョウやメダカの水路に鷺(サギ)がいました。 鷺は総称でそれぞれの呼称があるようです。
 詳しくはありませんが…。
鳥たちがいるのは自然が残っている証拠ですよね。
もっとも偏った種類だけなのは生態系が崩れていることになりますが・・・。


コサギ 2
コサギ

コサギ 2
しきりに啄んでました

蓮田のコンクリート水路です。
田と水路の落差が大きいため魚たちが行き来できません。
春には泥も浚えてあってタニシぐらいしか見あたらなかったけど、水を流し始めているので水田からの泥が積もり出しています。
昨年、泥鰌がいた場所です。
メダカが泳いでいました。
鷺がしきりに啄んでいたのは餌がある証拠です。
ドジョウかな?


亜麻鷺 1
亜麻鷺 (アマサギ)

亜麻鷺 2
白鷺

亜麻鷺と白鷺は同じです。
夏羽と冬羽の色が違うらしいのだけど・・・。
夏なのに着替えてない(^^;
この鷺は素堀の田圃にいた鳥たちです。



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | .水中の楽園 生き物たち | コメント:2 | トラックバック:0 
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。