http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
琵琶湖博物館 其の弐
2006-08-28 Mon 17:59
琵琶湖博物館は古代から現代までの琵琶湖と人との関係をテーマに資料や研究成果を展示しています。
今後、環境を含めた琵琶湖との関係を探る問いかけが含んでいます。

何はともあれ…
琵琶湖に棲む生物が豊富に詳細展示されており、己の興味を満足させてくれるに充分な施設だと思いました。
琵琶湖固有種に留まらず、現在、問題化されている外来種も展示されています。
環境を表面的な情報のみで問題視する以前に現状を正確に把握するという前提に立っている姿勢に好感を持ちました。
さらに外国の湖(洞庭湖、タンガニイカ湖、五大湖、トンレサップ湖)の魚類も展示され、比較できるようになっています。

テーマや指針が明確で高尚であるにも関わらず…
底物と髭物の写真ばっかり撮って、画像を整理する折どれがなんだか収拾が付かなくなっていたりします。浅すぎる知識に…涙


カワヨシノボリ
カワヨシノボリ
トウヨシノボリ
トウヨシノボリ
ビワヨシノボリ
ビワヨシノボリ

ハゼの仲間です。
展示名通りに記載しているはずですが…実は正確に区別がつきません。
ビワヨシノボリは琵琶湖固有種だそうです。

ドンコ
ウツセミカジカ
光の加減で綺麗な金色でした
ヌマチチブ
ヌマチチブ
琵琶湖には居なかった種だそうです
ギギ
ギギ
愛らしき顔に思えます

もし環境が許すなら飼ってみたい魚達ですが、肉食性なのと希少種になりつつあるので眺められただけでいいです。
いつでも会いに行けるほど琵琶湖博物館は近くないですが、ひとつひとつ底物を眺めているのは楽しい時間でした。
明日はナマズと大物を…


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 水族館/博物館 | コメント:8 | トラックバック:0 
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。