http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
Qちゃん探し 2
2009-05-04 Mon 23:46
昨日は、「川魚と亀飼育」のiokun-ozさんと「ゆうの癒し系」のゆうさんと私で新規開拓して来ました。
久し振りに三人でのお魚捕りです。
ちんぱん…じゃなくて、おばけのQちゃんを探しに…それも、違うか…。
兎にも角にも、どんな魚達がいるのかを楽しみにタモを入れてきました。
高速道路は大渋滞でしたが、私達は、それとは無縁の山道を走り、すれ違うことの出来ない細い水路の脇道に車を突っ込んで、行ける所まで行ってやれと、あちらこちらに寄り道をしました。
目的の魚を求めて探し回るのもいいけど、見慣れた魚達が、こんな所にもいたのか!というちょっとした微笑み返しも悪くないかなと思った一日でした。
タモを入れたヶ所は、8ヶ所か9ヶ所か、なんだかうる覚えだけれど、もしかしたら二桁いっていたかも知れないという場数こなし状態でした。
3人のタモにまったく何も入らないという川があったりして、それもまた楽しいと笑える余裕さえありました。

さて、採れた魚の羅列です。
巨大泥鰌 3
定番と侮る無かれ…
巨大泥鰌 4
泥鰌 20センチ超!
最近、何故だか多いです。
2匹目のうなどじょう!
ひょっとしたら3倍体かも知れません。
泥鰌。
本当に太くて大きいですよ!
鈍子 1
バルーンちゃん 鈍子(ドンコ)
カワムツ 1
カワムツ
カワムツ 2
泥鰌とカワムツ
定番と云えば定番なのですが、何処に出しても恥ずかしくない立派な個体で御座います。
でも、何処に出すのかは秘密です。

あちらこちらに拠りながらではありますが、今日の明確な目的がひとつありました。
それは上流より下流域の方が、採取しやすかろうと向かった先の街中の川にいました。
空蝉鰍
空蝉鰍(ウツセミカジカ)
憧れ、魘され、渇望したゆうさんの現身が鰍(カジカ)の形をして体現されました。
ゆうさんは、自らのタモで3匹引き寄せました。
色、形ともなかなかの良個体です。
気に入っている特定の魚には、色や模様や形状に、かなりの拘りを持つ様になってしまいました。
鰍の道は奥深し。
今日の目的のひとつは、ちんぱん…じゃなくて、Qちゃん探しだったので、午前中に採れてちょっと安心しました。
それも、ゆうさんが自分で採取しました。
その後、兜虫(カブトムシ)の幼虫を掘り当てた川で、私とiokun-ozさんが1匹ずつ捕獲しました。
ゆうさんは、乳幼児を扱う様に、大事そうにお持ち帰りされました。
ゆうさんに可愛がって貰えるなら空蝉鰍(ウツセミカジカ)たちも幸せだと思います。
橙葦登
美個体の橙葦登(トウヨシノボリ)
画像が暗くて大変恐縮ですが、更に、道を究めるならば、この橙葦登をご覧下さい。
綺麗なコバルトブルーの斑紋を持ち、尾鰭の付け根に見事な橙色の紋様があります。
比較的広範囲に居る橙葦登と雖も侮る無かれ…。
この個体は、惚れ惚れするくらい綺麗な色合いをしておりました。
鎌柄
鎌柄(カマツカG1)
塩焼きサイズの鎌柄(カマツカ)が2匹採れました。
画像はないのですが、砂八目(スナヤツメ)の成体もいました。
知らない場所では、ピンポイントで魚のいる所を探し当てるのは、なかなか難しいものです。
今までの経験や知識と勘がものをいう世界でもあります。
例え、たくさんの魚種はいなくても、何処にでもいる様な魚がタモ網にはいっても、君達は、ここにもいたのかと声を掛けたくなってしまいます。
縞泥鰌
縞泥鰌(シマドジョウ西日本集団2倍体型)
体側の斑紋がお洒落な個体です。
大きめの黒丸斑紋も好きだけど、ハート型の模様を散りばめてありました。
同じ種なのに同じ物がいないと云う自然のひとつの在り方なんだと、この斑紋をみて思いました。
琵琶鰉
琵琶鰉(ビワヒガイ)
琵琶鰉(ビワヒガイ)の凛とした鰭が好きです。
黒い縁取りに黄色い鰭が映えますよね。
飼育下では、大きくなればなる程、横着になるのですが、綺麗な奴は得をするのかもな…。
数匹、採れました。
タナゴ 2
ヤリタナゴ ※後日、追記
タナゴ 1
カネヒラ ※後日、追記
アブラボテ
アブラボテ ※後日、追記
全てタナゴだと思いますが、一番下がアブラボテかなと思うくらいで、私には他が解りません。
教えてくださいませ。
後で、画像の下に表記しておきます。
実物は、もっともっと綺麗な婚姻色が出ていました。

私が、画像に納めたのはこれくらいです。
いくつか漏れがあるかも知れません。
比較的広範囲に幾つもの川や水路を探ってきました。
車中で話が盛り上がり、笑いが絶えない中、のんびりと、真剣に遊んできました。
朝、最初の川へ入った時に履いたウェダーは、夕方6時過ぎまで脱がれることはありませんでした。
楽しい濃厚な一日でした。
いつもながら、お二人には朝から晩までお付き合い戴きました。
大変感謝しています。
で、次はどこにしましょうかね!
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:10 | トラックバック:0 
<<主役の座 | 懐かしき畦の水辺 | Qちゃん探し>>
この記事のコメント
no.7038:
ドジョウ~でか!!!
これはもうチャンピオンですね~!
目的のチンパン~見つかってなによりです。
しかし、ドジョウがディープインパクト!
という訳でタナゴはヤリ ーカネーボテの三連単に一票です~。
2009-05-05 Tue 02:13 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.7039:ありがとうございました
お疲れ様でした。
いろいろありがとうございました。

たしかタナゴはタナゴ不毛の地の3人で合議した結果、ヤリーカネーボテで決定したはずですが・・・。
イチモンジの名が出たのは内緒です。

2009-05-05 Tue 09:37 | URL | iokun-oz #-[ 内容変更]
no.7045:
ドンコ将軍 様
今朝、渓流へ行って来ました。
やはり、去年の台風の影響が大きく残り、地形が変わって、重機もたくさん入っていました(大涙)
もともと、放流量が少ない川なので今年は期待できないかもです。
年間券買っちゃったよ…とほほ。

2匹目の巨大泥鰌がいました。
私は、これで満足です!
うなどじょう…。

将軍、ありがとうございます。
ヤリタナゴの婚姻色は綺麗でした。
あれが、カネヒラか…。
幼魚だとアブラボテとヤリタナゴの区別すらつきません。
はぁ~
2009-05-05 Tue 11:57 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.7046:
iokun-oz 様
こちらこそ、ありがとうございました。
充分に堪能できました。

その…。
3人が怪しい上に、3人で決めた事が、既にどれがどれだか解らなくなっているので御座います。
おぉ…。
2009-05-05 Tue 12:19 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.7047:
写真を見てると白いので「シロヒレ」?
でも赤いところもあるので「アカヒレ」?
こんなんじゃ何の説得力もないですね・・・

とにかく現地現認の個体は全て美しいです。
毎回「めちゃ綺麗!!」の連呼をしてるような気がします。

次回は珍しいのが目当てですよね?
御供いたします!
2009-05-05 Tue 13:35 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
no.7048:
ゆう 様
お疲れ様でした。
今回も楽しかったです。

泥鰌や子には興味があるのに、タナゴには、何故か関心が湧かない…。
そして、例の如く、より知らない…。
どうしてか、自分でも解らないのです。

お魚捕りの川遊びって感じでも充分楽しいです。
何処行こうか?
2009-05-05 Tue 16:34 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.7049:
 今晩は~
タナゴ類は自分にはヤリ、カネ、ボテに見えます。
渋滞はどこも大変みたいですね~
懐畔泥鰌さんの撮影ケースを今100円ショップで探しているのですが未だ見つからず・・・・。
もう少しガンバって探してみます!!
 
2009-05-05 Tue 19:07 | URL | ガク #-[ 内容変更]
no.7052:
ガク 様
こんばんは、お久し振りです。
遠征さえしなければ、渋滞は避けられますが、折角、料金が下がったので行きたい気持ちは多分に持っていたりします。
今回は、まったく高速道路は不要な地域でした。

みなさんに教えて戴いた通り、タナゴの名前をいれました。
ありがとうございました。

カインズにあるという情報もありました。
ホームセンターも視野に入れた方がいいかも知れませんね。
2009-05-05 Tue 21:55 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.7057:
今回も濃ゆ~いガサですね。

ドジョウが凄い!もう次は神代泥鰌を狙うしかありませんね。お供しますよ!

ウツセミカジカも見事にゲット、ゆうさんも大喜びでしょうね。

お疲れ様でした。
2009-05-06 Wed 06:23 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.7058:
masa(お気楽忍者) 様
私も今まで、色々な方々にお世話になっていますが、目的の魚をあっさりと採取できる場合が多いのは、ご案内して戴く方が、あちらこちらにタモを入れて、やっと見つけた場所を直接案内して戴いているからです。
新規開拓って結構、当たり外れが多いのですよね。
目的の魚以前に為されている労力の賜物に感謝です!

神代泥鰌…。
30センチを超えると言われてますよね。
もう、絶滅したと言われています。
ロマンがありますね。
2009-05-06 Wed 10:07 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。