http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
シーボルト 日本動物誌 Fauna Japonica
2009-10-29 Thu 19:30
シーボルト。
江戸時代後期に日本にやってきた蘭学医です。
ドイツ人ですが…。
彼が、「日本動物誌 Fauna Japonica」を残しています。
ネットを彷徨っていたら、電子図書館として公開されていました。
私が、閲覧したのは京都大学理学部動物学教室所蔵のものです。
ありがたいことです。
シーボルト 日本動物誌
日本動物誌 Fauna Japonica」
京都大学理学部動物学教室所蔵より引用
※クリックすると大きくなります。
日本画の絵師に日本の動物、植物、魚を写生させ図鑑にしたものです。
この詳細な画は、本当に凄いと思います。
江戸時代後期の日本の動物、植物、魚、甲殻類などの詳細がわかる貴重な資料です。

気になったので、ドジョウを見てみました。
縞泥鰌(シマドジョウ)も筋縞泥鰌(スジシマドジョウ)もいるじゃん!
アユモドキやタイワンドジョウみたいなのも…。
一番下のは、私には何だか解りません。
何度も繰り返しますが、これは江戸時代の日本の生き物の資料です。
因みに、鎌柄(カマツカ)を見てみたけど、何だかイマイチでした。
糸子(イトモロコ)らしきのもいるけど、数河子(スゴモロコ)か、出目子(デメモロコ)かも知れんし…。
ヤリタナゴやカネヒラも載っていたりします。
鈍子(ドンコ)もいたけど、綺麗で立派な画でした。
私の飼育している鈍子くんは、ちょっと違う…(爆)
脂魚(モツゴ)はいたけど、鰍(カジカ)は載っていませんでした。
等と、素人の物好きながら、解っている様な気分で、ぶつくさ言ってみたりしています。
既に、ご存じの方はいらっしゃるでしょうが、私は、これをネットで発見してから、随分、楽しませて貰っています。
関連記事



別窓 | 資料/書籍 | コメント:12 | トラックバック:0 
<<何処にいた | 懐かしき畦の水辺 | 定番>>
この記事のコメント
no.8816:ちょうど
ちょうど先日、
池波正太郎氏の『武士の紋章』
を読み返してしました。
最後に植物学者の牧野富太郎氏の話が載っていて
手書きの図鑑とかもいいなーと思ったところです
2009-10-30 Fri 08:47 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.8817:イラスト
私の小さな頃もイラストの図鑑だったと思います。
さかな図鑑は表紙が取れてしまうほど読み直して
いました。
2009-10-30 Fri 10:57 | URL | iokun-oz #-[ 内容変更]
no.8818:
う~ん、一番下のお魚は何だろう~。
目がデカイですね~。
おヒゲもあるしドジョウと同じ系列なんでしょうね。
この手の資料絵は細部や条数なんかも正確に描き込まねばならないでしょうから標本集めも大変だったと思いますね。
2009-10-30 Fri 13:08 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.8822:
ryu-oumi 様
「武士の紋章」の中に、黒田如水って小説が入ってませんでしたっけ?
黒田官兵衛。
私、竹中半兵衛とか、軍師、参謀が大好きで…。

牧野富太郎氏も、植物に熱中し、人生を捧げた方ですよね。
2009-10-30 Fri 20:36 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.8823:
iokun-oz 様
私も図鑑と言えば、イラストのものでした。
今でも、琵琶湖博物館のチラシの様な図鑑が大好きです。
ただ、私の場合は、昆虫図鑑でしたけど…。
2009-10-30 Fri 20:38 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.8824:
ドンコ将軍 様
一番下の魚が、妙に興味をそそられます。
カマスかと思いましたが、余りにも突飛で…。

凄く繊細に描かれていて、ちょっと感動ものでした!
2009-10-30 Fri 20:41 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.8826:如水
>黒田如水って小説が入ってませんでしたっけ?
流石!最初の短編が如水の話ですよー
私も軍師、参謀系の人、好きです。
中国史でベタなところでは、孔明・張良ですね。
2009-10-30 Fri 22:53 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.8830:
子供に与えた「生き物図鑑」はイラストです。
十分に参考になるものですが、現物を見ているわたしとしては、
子供に「これはちょっと違う」などと博識ぶったりしちゃってます・・・
2009-10-31 Sat 01:52 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
no.8832:
昔の博物学本のイラストって楽しいですよね~。
リチャード・ゴードン・スミスのニッポン仰天日記というのを読みましたが、明治時代の鳥羽の答志島の様子が書かれており非常に興味深かったです。
2009-10-31 Sat 06:26 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.8841:
ryu-oumi 様
例え娯楽作品として製作されていても、彼らが係わっていると見てしまいます。
レッドクリフも…。
日本での上演名は「赤壁の戦い」にして欲しかったけど。
2009-11-01 Sun 17:51 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.8842:
ゆう 様
実物のことをちゃんと伝えるのは大切なことです。
聞いたことや読んだことを丸暗記して解ったつもりになっているのは、危うさがあります。本やネットや人聞きも貴重な情報源ですが、それをちゃんと確かめて自分で納得することを教えるのが、真の教育の様な気がします。
2009-11-01 Sun 17:54 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.8843:
masa(お気楽忍者) 様
え!知らなかった…。
私は、その島にとても深い縁があったりします。
読まねば…。
2009-11-01 Sun 17:56 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。