http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
何故ここにいるか
2010-07-29 Thu 19:34
近江フィールドワーク」のryu-oumiさんから報復を受け…(爆)
言い直そう。
ryu-oumiさんから送られてきた「よく見える貝」と「試練の貝」は、現在、雷魚の稚魚用のプラケースで飼育しております。
そう言えば、私からryu-oumiさんへの先制攻撃は、記事になる前に止ん事無き理由で崩壊してしまった様で、ちょっと悲しい…。
現在、再攻撃態勢に入っております!
楽しみに待っててねぇ~(爆)

一番大きな大田螺(オオタニシ)は、当初、泥鰌帝国に入れました。
でも、ふと、思い立ち、他の琵琶湖産淡水貝が入っているプラケースに移し直しました。
いつのまにか、淡水貝専用プラケースとなったのであります。
元々のプラケースの主は、私の管理下を離れました。
某マル「ハ」のお方が記事にしないので、只今、静観しております。
みなさまのリクエスト次第では、私が真相を暴露…(爆)
220729 大田螺01
大田螺(オオタニシ)
泥鰌帝国より、琵琶湖産淡水貝専用ケースに移した個体です。
貝たちに、ガラス面の苔を食べさせて置けば良いと言うのは、ちょっと違うと思っています。
特に水槽内の茶苔は、貝の種類によっても好き嫌いがあるようです。
水温や水質も多分に影響がありますが、貝たちの落ちる最大の原因は、餓死だったりします。
田螺に限らずですが、貝にも餌を与えなくては落ちてしまうのです。
この大田螺には、キャット用、コリドラス用、らんちゅう用の各餌を日替わりで与えています。
貝たちを苔のガラス面の掃除係などと言わず、ちゃんと飼育してやって欲しいものです。
苔の着かない水槽など不自然です。
どうしても気になるなら飼育者が、自分で拭き取ればいいことです。
この大田螺や丸田螺たちが長生きしてくれることを願っております。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<顔出し | 懐かしき畦の水辺 | 君と僕>>
この記事のコメント
no.11365:
苔掃除、ガラス前面は貝達ではなくて私の仕事になっております。
最近は水温が上がってクーラーの稼働時間が長くならないように照明を点ける時間を減らしたおかげ?か苔が少なくなりました。
ちなみに、私はマル「ぢ」ですね。
こちらは治療で治りますが(たぶん?)
2010-07-29 Thu 21:16 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.11366:意外と
意外と簡単に殖えるのに
意外と大きくは育たない
そんなイメージが致します。
もっと大きいのが捕れたら
送りますね~
2010-07-29 Thu 22:45 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.11367:
貝類にまでエサを行き届かせるなら貝類水槽を作らないと難しそう。
ところでプラケースの主は?(苦笑
その件でお願いがありますのでまたご連絡いたしますね・・・
2010-07-30 Fri 00:42 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
no.11374:
ドンコ将軍 様
光の当たる時間の長さと水の富栄養化のバランスですよね。
かなり微妙だけど、調節すると丁度巧く均衡が取れる時があって妙に嬉しかったりします。
2010-07-30 Fri 23:54 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.11375:
ryu-oumi 様
一番大きな大田螺は立派です。
魚用の餌を、きれいに食べちゃいます。
大きいの採れても送らなくていいから…(爆)
2010-07-30 Fri 23:57 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.11376:
ゆう 様
貝類にまで餌を行き渡らせるのには魚を少量飼育するしかないでしょうね。
例えば、蝉丸水槽の魚は4匹だけなので、川蜷に充分な赤虫のおこぼれが行き渡ります。
長生きさせる秘訣かものようです。
2010-07-31 Sat 00:02 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。