http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
温めたい…
2006-12-14 Thu 23:02
自然の状態で過ごさせるというのを基本に水槽設置場所の関係から電源を必要とする物を極力避けてきました。
ただ、小型水槽故、過密になってきて濾過器を導入し、そのままでは水質が悪化して戸外で冬を越せないとの判断から、無理矢理場所を空けて水槽を室内に入れました。
ヤクトシュリンプを頂けることになり、水温の事を考えるようになりました。
結果的には初めてヒーターとサーモスタットを導入することになりましたが、実はどうにかして保温作用を安く作り上げられないか試行錯誤していました。
お金さえかければ結果が得られるというのはあまり好きなことではありません。
必要な物は惜しみませんし、決して否定しているわけもないです。
ただ、工夫して得られる物があるなら挑戦して楽しみたいというのが根底にあります。

ヒーターにつきまとうのが電気代です。
100Wのヒーターを24時間稼働し続けると約39円/日です。
(自宅地域での換算16円/kwh)
1ヶ月(30日)で1155円。
維持費も効果が同じで抑えられるならそれに越したことはありません。

最初に思い付いたのが使い捨てカイロです。
特価品で22~28円/個です。
効果があるなら電気代より安いかも…。
メーカーや種類にもよりますが、手元にある使い捨てカイロには最高温度63度、平均温度50度、40度以上を維持する時間12時間と表示がなされています。
熱源として利用できるかも知れない…。
さっそく思い付いたままの行動にでました。
ペットボトル保温袋 1
ペットボトル用保温袋
手始めに使い捨てカイロを水槽のガラス面に当ててみました。
ペットボトル用の保温袋を切って熱を逃がさないようにしました。
ペットボトル保温袋 2
これを水槽に貼る…
保温袋の上下左右と水槽のガラス面にはマジックテープを使いました。
ペットボトル保温袋 3
熱は逃げない…
これで様子を見ようと思ってました。
所が袋から出して暖まりだした使い捨てカイロがだんだん冷えていきます。
再度、振ったり揉んだりすれば復活しますが…。
何故だ?
酸化作用には空気(酸素)が必要でした。
密封ではない物の熱を逃がさない為に使った保温袋が空気も遮断してしまいました。
うぅぅ…良い案だと思ったのに…。
結果は温度すら上がらず…失敗。
使い捨てカイロ 2
洗濯用ネット in 使い捨てカイロ
それではと思い直し、100円均一で買った洗濯用ネットに使い捨てカイロを入れ直してみました。
カイロ自体は暖かくなりますが、明らかに力不足で熱源にはなりません。
熱がガラス面以外にも放出されるためです。
またもや失敗…。
使い捨てカイロ 1
カイロが冷たい…
貼るカイロは1個あたり40円前後するので対象外だったのですが、試しにやってみました。
なななんと…カイロ自体が暖かくなりません…なんで?
使い捨てカイロは鉄粉の酸化作用による発熱を利用しています。
触媒に塩と水が使われ、保持剤として高分子吸水剤、活性炭、バーミキュライトが使われています。
原理はほぼ同じでも、如何に効率よく空気と混合させて発熱し、持続させるかは側の袋の技術にあります。
普通タイプのカイロも同じ傾向にありますが、どうやら人が使う場合を想定しているため通常、服やポケットにいれて動くことにより空気に触れるように設計されているようです。
よって今回の様にただ貼り付けただけだと、発熱作用が効率よく発揮されません。
更に水槽の温度が低い(17度前後)為、立ち消え(一端発熱して冷めてしまう)状態になる様です。
と言うことで…。
使い捨てカイロは全て失敗(涙)
でもでも、諦めません…。

つづく
関連記事



別窓 | 道具 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<ハクキンカイロ | 懐かしき畦の水辺 | タニシ>>
この記事のコメント
no.965:
使い捨てカイロの発するカロリーじゃ水槽の水を温めるには足りないような気がします
他に代用できるものとなると。。。
どんなものがあるんでしょう
2006-12-15 Fri 20:02 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.966:
発砲スチロールや断熱材で水槽を覆う方法もあると思いますが、あくまでも温度変化を遅らせるだけの効果しかないでしょうしね。。。
鑑賞もとなると、難しいですね。

但し、急激な温度変化(3℃以上の変化)が悪いわけですから、寒いななら寒いで気温が安定して水温変化がなければ、加温することもないのかもしれませんね。あくまでも机上の論理ですが。

お部屋の中に入れるのであれば、直射日光の当たらない、温度変化が少ない場所を見つけた方がいいかもしれません。
2006-12-15 Fri 21:57 | URL | Zacco #-[ 内容変更]
no.968:
はむたん 様
おっしゃる通りです。
貼るカイロを幾つか貼れば30水槽ならなんとか保温効果ぐらいは期待できるかなと思ったのですが、肝心の使い捨てカイロ自体を発熱させ続けることが出来ませんでした。
空気の供給は使用者が動くことが前提なんですね…。
2006-12-16 Sat 00:51 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.969:
Zacco 様
既に水槽は生体も整理して全て部屋の中に入れました。
窓際の障子一枚で陽の明かりが入る様に設置してあります。
室内なので水温は17前後を保っています。
このままヒーターを入れずに越冬させる予定です。
今回の挑戦の発端は興味本位もあるのですが、戴いたエビの為に考えました。
保温器の作成が失敗の連続で、その間にコリドラスが産卵したり、エビが到着してしまったりだったので結局、ヒーターとサーモスタットを購入しました。
安く手に入れられたのも幸いでした。
失敗続きが嫌だったので…つづけました。
2006-12-16 Sat 00:58 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。