http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
炒飯の記憶
2011-01-10 Mon 19:31
炒飯。 
本物の炒飯を知ってますか?
食べたことありますか?
いろいろな炒飯があるけれど、かつて私が尊敬して止まない中華料理屋の大将が言っていました。
「炒飯ってのはな、米の一粒一粒が火の種になる熱々の炒め飯のことなんだ!」
そう言って、卵と葱だけの炒飯を私に食べさせてくれました。
今まで、たくさんの炒飯を食べてきました。
美味しいと思う炒飯は、いくつもありました。
でも、私の味覚に強烈な記憶として残っているのは、大将の作ってくれた炒飯です。
もう随分前に、その大将はこの世を去りました。
私が、彼の味を再現できるわけもなく、もう二度とあの味を食べることはできません。
彼の作る料理は、どれも本当に美味しい本格中華料理でした。
現地で修行を積んだと言っていました。
気になって、かつてのその店をネットで検索してみたら、皆さんが同じことを思い、そして今は無きその店の味を名残り惜しんでおられることが解りました。
私は小学生の頃から、通っていました。
社会人になってからも何度か食べに行きました。
腕は確かな頑固親爺でした。

でも。
炒飯を作ろう!
そう思い立ちました。
一粒一粒の米を熱々に炒めた飯。
大将の味にはとてもとても近づけないけど。
あの時、料理する大将の全ての動きを見詰めていました。
厨房をのぞき込み、大将がやっていたことを子供心に目に焼き付けていました。
そんな私に彼は言いました。
「この真似はできん。けれど、家でも熱々の炒飯はできる!」
教えてくれたやり方は、とても大将がお店でやっているやり方とは似ても似つかぬ方法でした。
子供心にそんな方法でいいのか?と疑問だらけでした。
でも。
本当に一粒一粒が熱々の炒飯ができます。
ちゃんとやってみました。
何度も、何度も。
久し振りに、再現してみようかなと。
もう、記憶が薄れて、うる覚えなので、また試行錯誤になるかも知れないけど、失敗しても良いからやってみようと思い立ちました。
炒飯 2
炒飯の材料
簡素な材料です。
卵と葱だけの炒飯。
米と卵の素材だけの味を楽しむ炒飯です。
味付けは塩こしょうに醤油を垂らしました。
炒飯 1
懐畔さんの炒飯
画像では伝わらないものですね。
米の一粒一粒が熱々の炒飯ができました。
炒飯の米がぱらぱらなのはちゃんと米の芯まで火を通すからです。
ぱらぱらにする為に細工をしても意味がありません。
水分を飛ばし、ひたすら卵を炒り、小麦色になるまで米を炒める…。
本当は鉄の中華鍋でやってみたいけれど、そんな大袈裟なことはしておりません。
比較的バーナーの火力が強いのとクッカーの熱伝導が良いので、やれるかなとその気になりました。
それぞれの鍋に使われている金属によって扱いが違ってきます。
もちろん、ソロクッカーでは、中華の料理人がやるような華麗な鍋捌きをしているわけではありません。
大将に教えて貰ったことを思い出して忠実に再現してみただけです。

美味しくできました。
卵と葱だけの炒飯です。
次回は、これに一工夫加えようと思います。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 自炊編 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<見詰める | 懐かしき畦の水辺 | 葉巻くんのこんにちは>>
この記事のコメント
no.12414:飯もの
ご飯ものは好きですね~
チャーハンはキムチチャーハンかな?
基本的にナシゴレンもパエリアも好き~
でも最近はスパイシー系が苦手で・・・
ことも歳をとったと言う事か・・・?
2011-01-11 Tue 07:50 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.12415:
私にも思い出深い中華屋の大将がいました。
その言葉通り、大将って呼んでましたね。
かなりお世話になってイロイロ喰わしてもらいました~
その代わり、注文してもその料理は出て来ない事がしばしば..
理由は「今日は忙しいねん!」
私も料理、教わっておけばよかったな~

2011-01-11 Tue 18:28 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.12416:
ryu-oumi 様
おぉ、ナシゴレン…渋い!
炒め飯、焼き飯って美味いですよね。
具材に何を入れるかで、それぞれの好みに応じることができますし。
私は素材の味を生かしたものが大好きです。
素の炒飯に大蒜と唐辛子っていうのも作ります。
後は魚介系かな。

スパイシー系が苦手になってきたって?
それって、私より肉体的に歳を取っているってこと?(激爆)
2011-01-11 Tue 18:57 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.12422:
ドンコ将軍 様
そういう思い出って貴重ですよね。
私の良くしてくれた大将のお店は、カウンタ式でそれ程人数も入らないのに、一品一品丁寧に真剣勝負で作ってました。
ことによると2時間待ちになるんです。
文句を言う客には、「待てんなら出てけ!」って台詞を何度聞いたことか…。
優しくてプロフェッショナルな頑固親爺でした。
2011-01-11 Tue 19:17 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.12424:
懐畔飯、美味しそうです!
その大将の炒飯も食べたくなりました。
同じ味ってわけにはいかないまでも、
魂は引き継げたらいいですね。
2011-01-12 Wed 12:35 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.12426:
四国六郎 様
まだ店をやっているのなら、是非、お連れしたい自慢の中華料理店でした。
気持ちだけはしっかり記憶しておこうと思っています。
2011-01-12 Wed 21:21 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。