http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
まだ生きてるし
2011-02-10 Thu 13:22
諸子集落は何度となく繁栄と衰退を繰り返しております。
理由は私の飼育管理のいい加減さ…はぁ。
諸子さんたち、ごめんなさい。
数河諸子
数河諸子(スゴモロコ)
2匹写っていますが、上は川端諸子(カワバタモロコ)です。
下が、数河子(スゴモロコ)です。
実は、事があると我が諸子集落で一番最初に陥落し絶滅するのが、数河子(スゴモロコ)だったりします。
その次に糸諸子(イトモロコ)かな?
他の諸子たちは、比較的環境変化にも強く、丈夫で長生きします。
数河諸子(スゴモロコ)は、直ぐに補充ができるといえど安否はいつも気にしております。

この水槽にいる諸子たちは、個々に種類は違えども、身近な日本の淡水の魚です。
諸子っていうのは、「諸々の小さな魚たち」という総称なんでしょうね。
諸子集落をながめているととても癒されます。
どうしてかは判りませんが、そんな力を感じます。
ありがたき諸子たち。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 子 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<こんな顔 | 懐かしき畦の水辺 | 汚れてるな…>>
この記事のコメント
no.12614:
たしかに。
カワバタモロコ、わが家での飼育では、
弱さを微塵も感じさせません。
ほんとに野生は危機なの??って疑問
さえ思う事があります。
まあ、彼らの場合住む場所そのものが
減って来ているからなのでしょうが、
どこか別の場所に順応できんもんかな
っと思う次第でございます。。。
2011-02-11 Fri 06:35 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.12616:
四国六郎 様
地域によってかなり違いがあるようですが、カワバタモロコが絶滅に瀕しているわけではないと思います。
他に要因がありそうです。
カワバタモロコ自体は丈夫な魚で比較的水質の汚れにも強い魚ですしね。
2011-02-11 Fri 09:22 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.12618:モロコ
うちはモロコ類を入れても
結局は捕食されちゃう運命・・・
ですからタモロコの大きいのしか入れられない~
もう2年くらいスゴモロコを飼ってませんね~
タナゴは体高が高いからギリセーフみたい。
2011-02-11 Fri 18:42 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.12620:
ryu-oumi 様
おお、体高があると丸呑みがしにくくなりますね…。
そういう効果もあるのか。
私の世界にはあり得ないことですが、餌はテトラミンとタンクメイトって名言です(激爆)
2011-02-12 Sat 18:35 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。