http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
大田螺の仲間たち
2011-02-14 Mon 19:11
プラスチックケースって便利な物があると、水槽に濾過器にエアレーションなどという常套装備などお構いなしに、まずは水と底砂を入れてしまうのであります。
取り敢えず、ここに入れとくか…。
子供の頃、缶に水汲んで魚泳がせてたのと同じ感覚であります。
大田螺の仲間たち 2
大田螺とか丸田螺とか平巻水舞々とか平巻貝擬とか
いつの間にか、そのプラスチックケースは淡水貝の安息の場となっております。
殖えてる…。
まぁ、良いのです。
以前、移動距離630キロという大遠征から持ち帰った大田螺を数ヶ月で落としてしまった苦い経験があります。
今回は、去年の7月初旬にryu-oumiさんに送って頂いてから既に半年以上を経過しています。
小忠実に水換えをして、餌を潤沢に与えています。
ちゃんと飼育してここまできました。
大田螺の仲間たち 3
テポ鈍子Ⅱ
大田螺はテポ鈍子Ⅱの格好の隠れ家です。
移動式シェルターでもあります。
但し、テポ鈍子Ⅱを襲うものはこの水域には存在しません。
大田螺の仲間たち 1
出目諸子(デメモロコ濃尾型)
デメモロコ濃尾型をテポ鈍子Ⅱと共存させています。
デメたんはまだ幼魚ですが、テポ鈍子Ⅱより1センチほど大きいのでなんとかなっています。
鈍子は、葦登の様に鰭を囓ったりしないのが掬いです。
但し、鈍子が食い付く時は、姿がなくなると言うことですが…。
このプラスチックケースは、観察ケースと称して真ん中に敷居を立てられるので、もう少ししたらパーティーションします。
今は、総称して大田螺の仲間たちのプラケースです。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<こんなに大きかったかな? | 懐かしき畦の水辺 | 再会の仏>>
この記事のコメント
no.12634:
おお!タニシの楽園。
画像はまるでジブリ。
しかし、タニシのプラケースとは、
さすがです。
2011-02-15 Tue 08:37 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.12635:
なんか楽しそうな画像です。
オオタニシとゆかいな仲間たち!
そう言えば、ムツゴロウさんどこ行ったんだ?(爆)
オオタニシの苔むし具合が絶妙ですね。
テポ鈍子Ⅱがオオタニシ以上に成長することを願って・・・。
2011-02-15 Tue 19:19 | URL | masa(お気楽忍者) #-[ 内容変更]
no.12637:
四国六郎 様
☆しかし、タニシのプラケースとは、さすがです。
これって、褒めてる?(爆)
だって、こうしないと長生きさせられないんです。
田螺には田螺の事情があるようです。
確かに、楽園です…。
2011-02-15 Tue 20:04 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.12638:
masa(お気楽忍者) 様
あのさ、芸能人で昔からお馴染みの人の現在の年齢を知ると唖然とすることってありませんか?
冷静に考えれば、当たり前なんですが…。
で、ムツゴロウさんは何処?(爆)

☆テポ鈍子Ⅱがオオタニシ以上に成長すること…
余り真剣に願わないで…(激爆)
2011-02-15 Tue 20:07 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.12643:予想以上
なんといいますか・・・
予想以上に殖えてて笑えます~
それでこそ、
次の送り甲斐があると言うものですよ!
夏頃、頑張ってみるか?
2011-02-17 Thu 08:31 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.12646:
ryu-oumi 様
え?
何が可笑しいわけ?
なんで笑ってるの…。
順調に殖えていくではないですか!(爆)

う…。
夏頃?
何を頑張るのさ…。
2011-02-17 Thu 19:05 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。