http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
回復基調
2006-12-24 Sun 18:08
ストレスで鰭や鱗が傷み、赤く鬱血していたギンブナの幼魚たちに回復の兆しが見られるようになりました。
隔離して塩浴させてから既にひと月程経過しています。
強い魚とはいえ、彼らの自然治癒力の強さに頭が下がる思いです。
ギンブナ 8
まだ背鰭は切れてますが…
背鰭の付け根や腹鰭にあった鬱血はなくなりました。
まだ、鱗の剥がれは見受けられますが、最悪の事態は脱している様に思います。
ギンブナ 7
ほぼ完治かな…
もとの状態に近くなりました。
ただ、もう少し様子を見たいと思っています。
取り敢えず元に戻りつつあるのを確認できただけでも嬉しいです。
ギンブナ 9
もう少しの辛抱…
3匹の内、1匹は落としてしまっているので用心を重ねようと慎重になっています。
0.6%の塩浴をさせていますが、加温はしていません。
新聞紙でプラスティックケースを覆っています。
元気になった時、元の水槽に戻すべきかどうか悩み所です。
慣れて欲しいな…。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<未完… | 懐かしき畦の水辺 | 暴れて…>>
この記事のコメント
no.1000:
コイ科の魚、とくにコイ・フナは強いですね。
私も川から採ってきた尾の無いキンブナを飼ってたことありますが、1ヶ月で尾びれが復活しました。
2006-12-24 Sun 19:11 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1001:
回復おめでとうございます
やっぱり自然の力は偉大ですね
回復したあとどうするかも問題ですね
2006-12-24 Sun 22:37 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1004:
べーさん 様
時間が掛かったのは、水温が低いからの様です。
何ヶ月かかってもいいから、もとの状態に復帰してくれることを祈ってやみません。
2006-12-25 Mon 00:13 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1005:
はむたん 様
本当に自然治癒できる素晴らしさを教えてくれます。
春になったら、また編成を考えてみます。
2006-12-25 Mon 00:14 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1007:
治癒力、凄いですよね。
ウチの鯉や鮒は釣ってきたヤツばかりなんで、釣り針で口を傷めてしまったヤツや、タモ網・フラシの網でヒレが切れてしまったのがほとんどでしたが、池で生きている限りはほとんど完治してしまいますね。
釣ってきてただドボンって池に入れるだけですが。
野生の生命力をつくづく感じます。
2006-12-25 Mon 22:23 | URL | blueboy #xt82NFdI[ 内容変更]
no.1009:
blueboy 様
やはりそうですか。
本当に生命力逞しく凄いなと思います。
鯉や鮒は特に強い感じがしますね。
2006-12-25 Mon 23:07 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。