http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
もっと広く! 上 南北両アメリカ大陸縦断記 南米編
2006-12-26 Tue 19:36
南北両アメリカ大陸縦断記の南米編(上)のお話です。
開高健氏の釣行記ですが、写真家もコックも連れての大名釣り…羨ましい限り。
この本の中で「パクー」(現地名 カチャマ)という魚が出て来ます。
鈎で釣るした写真が載っています。デカイ!
大きな口なので小魚も呑み込む事もあるらしいのですが、基本的に草食で堅い木の実などをバリバリと食べるそうです。
この魚肉が淡泊な豚肉のようで大変美味だと紹介されています。
更にパヴォン(ピーコックバス)の塩焼き…。
石で囲った竈に串刺しにしてじっくり焼いて食べてます。
南米のインディオ達の時間がまったりと過ぎていく風景を匠の写真と文章が誘ってくれます。
もっと広く! 上 南北両アメリカ大陸縦断記 南米編
もっと広く! 上 南北両アメリカ大陸縦断記 南米編
この辺りでは河のナマズが重要なタンパク源なんですね。
イグアナやオウムやクッピンや…写真を見るだけでも楽しめます。
南米も行きたい…。

別窓 | 資料/書籍 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<ヤクト、何故だ! | 懐かしき畦の水辺 | 未完…>>
この記事のコメント
no.1011:
南米いってみたいですよね
レッドテールキャットやオレンジキャット・パールムなんかも食べちゃうんでしょうね
そう言えば日本のナマズも淡白で美味しいとか・・
食べる勇気はありませんw
2006-12-26 Tue 22:01 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1013:
はむたん 様
この辺りはナマズ料理として普通にお店があります。季節にも拠りますが、ウナギよりも随分、淡泊です。
勇気…いりますかねぇ…
2006-12-27 Wed 22:06 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。