http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
水槽事情
2011-04-03 Sun 19:19
水槽の統廃合を行いました。
元々、赤棘専用水槽として立ち上げ、数々の遍歴を経てきた水槽を休止することにしました。
赤棘をこの水槽で4年近く飼育していました。
その赤棘は、先日、里子に出して元気にしています。
我が家で最大の30センチ級水槽は、最盛期に5つを数えました。
現在は、2つ(ひとつは25センチ)が休止とされ、稼働は3つとなりました。
蝉丸水槽、泥鰌帝国、そして今回統合された第二泥鰌帝国(通称は巨大泥鰌水槽)です。
他に、屋外の火鉢に目高がいたり、プラスチックケースにテポ鈍子などがいたりします。
諸子集落水槽
水槽の休止
この水槽は、濾過器が水を循環し、エアレーションも効いて、ライトさえもある我が家ではフル装備に近い水槽環境でした。
でも、今までに数回、飼育魚の突然崩壊が起こりました。
赤棘や泥鰌だけが生き残って後は全滅…。
当初は、日当たりなどの場所も関係あるのかと水槽を移動させたりしました。
原因が解らないまま、何度か突然の大量死を経験しました。
先日の諸子集落の崩壊に限らず、過去には、鮎掛け、鰍、鈍子、浮き鮴、葦登などの底ものでも、ある日突然、一気に崩壊する惨事を経験しております。
順調に数ヶ月元気にしていて、予兆もなく突然。
何故だ…。
先日、「お気楽忍者のブログ」のmasaさんからもご指摘を戴きましたが、原因は「茶苔」と「窒素」ではないかと。。
この水槽だけ、茶苔が発生します。
要するに窒素が多い…。
あくまでも私の環境での話ですが、その更に根本の原因は、底砂だと思います。
底ものが大好きで、底砂には気を使ってきました。
通常は、拘りの田砂か川砂を使っています。
そして、どの水槽にも泥鰌たちを何匹も入れて飼育しています。
細かい砂だと泥鰌たちによってバクテリアや無機物が頻繁に攪拌されます。
これによって、水槽全体の生物濾過が均衡を取れるようにするのを経験則で知っています。
よって泥鰌帝国や蝉丸水槽などで茶苔が発生することはありません。
赤棘と砂利
赤棘と大粒の砂利
でも、赤棘水槽として立ち上がったこの水槽だけは事情が違っていました。
赤棘を飼育し始めた当初、どんな環境がいいのか判らず試行錯誤しておりました。
川砂と隠れ家があれば問題はなさそうなのですが、赤棘は頻繁に砂を掻き分けて石の下に潜るので、砂が細かいと砂の上の石が簡単に崩れて水槽内の地殻変動は音を立てるほどでした。
そこで、何度か彼らの生息場所に足を運び、観察して、もう少し粗い砂を使う事にしました。
それ以来、赤棘は、頻繁に動き回ることもなく、居心地の良い石の下に落ち着いたことを確認しました。
但し、赤棘や泥鰌が潜ったところで、田砂や川砂の様に舞い上がるような攪拌をすることは無くなりました。
これが、他の水槽と決定的に違うところです。
反面、水槽内は赤棘にとって快適な環境になり彼らは長生きしました。
赤棘は夜行性なので、昼間に彼らの姿を見かけることは殆どありません。
よって、昼間は水が循環しているだけの水槽です。
他人には何がいるのか判らんのも、私だけの楽しみでいいのだけど、ちょっと寂しい…。
水槽の上層も中層も賑やかして貰おうかと、諸子などを入れてみたりしてました。
崩壊を繰り返しながら…(大涙)

今回は、思い切ってこの水槽を休止させることにしました。
使っていた砂利は破棄します
次回、使う事があるなら、田砂か川砂を入れようと思っています。
もう一度、赤棘を飼育するのもいいけど、テポ鈍子が心なしか大きくなったような…。
ま、錯覚かも知れません(爆)
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<もうひとつの水槽事情 | 懐かしき畦の水辺 | 春の畦>>
この記事のコメント
no.12824:
無事に再構築出来る事をお祈り
申しております。

砂は僕もちょっとしたこだわりが
あります。
地元河川のんを使用しておりま
す。
良いか悪いかまでは判っており
ませんが、気に入っております。

茶苔と窒素。
なるほど、勉強になります。
わが家でも気をつけなければ~。
2011-04-03 Sun 20:39 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.12828:
四国六郎 様
様々な要因が組み合わさって環境を作りますよね。
千差万別で、正解はありませんね…。

赤棘にとっては最適でした。
2011-04-04 Mon 20:38 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。