http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
三種の巻々
2011-05-25 Wed 19:30
蝉丸水槽にいる川蜷たちが歳を重ねています。
既に2年を越えている個体もいます。
ちゃんと飼育してやれば長生きしますね。
大和川蜷
大和川蜷(ヤマトカワニナ)
私の大好きな大和川蜷(ヤマトカワニナ)です。
このボツボツが好き!
琵琶湖の深い場所でしか採れないと思っていました。
近江フィールドワーク」のryuさんに採取できることを教えて戴いて、実際に手にとって見た時は感動しました。
ryuさん、ありがとう!
そして、記憶が蘇る…。
そういえば、子供の頃、琵琶湖の海岸でもっとトゲトゲの拾って遊んでたぞ!と。
3年ほど前の真夏にドンコ将軍と採取した時は、探しても探しても見つからず、諦めきれずに、車をほんの数十メートル移動させて最後の探索をしたらいっぱいいたという経験もしました。
生息域が狭く小さいのかな?
水流の関係かな?
あの場所の違いは今でもよく解らない…。
将軍が、「金平糖みたいな川蜷やなぁ!」って、言ってたのが印象に残っています。
縦襞川蜷
波部川蜷(ハベカワニナ)
…だと、いいなぁ(爆)
これ渋いっしょ!
え?
ざらざらトキトキで格好いいじゃん…。
ryuさんなら、「うんうん」って言ってくれると思うけど ←強要
ちょっと名前が解らんのです。
たぶん、波部川蜷(ハベカワニナ)じゃないかなと思うのですが、希望を持って思ってるだけです(爆)
で、そのままになってます(連爆)
更に、長生きしてくれてます。
縮緬川蜷
縮緬川蜷(チリメンカワニナ)
密かに黄門さまと呼んでいます。
ちりめん問屋のご隠居。
このオリーブ色が目に入らぬか!
目に入ったら痛いよね?
異彩を放っております。
綺麗ですよ。

あとね、縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)がいるのですが、画像に撮れませんでした。
要するに、川蜷たちを観賞して楽しんでます。
また、採りに行こっかな…。

関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<ここにも巻々 | 懐かしき畦の水辺 | 背負っていた>>
この記事のコメント
no.13018:生息地
あのポイント面白いですよね~
カワニナ意外にも
オウミガイやらマメタニシと言った
マニアックな巻貝も豊富~
そして、イサザが産卵に来る!
いいポイントです。
で、今回の記事、もっと巻貝を送れって事?(笑)
2011-05-26 Thu 00:02 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.13022:
ryu-oumi 様
さすがryuさん!なかなか鋭い…。
実は、明日の記事も巻貝なんよ。

オウミガイ…いいなぁ。
独り言だからね。
2011-05-26 Thu 00:37 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。