http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
地元固有
2011-05-28 Sat 19:03
蝉丸水槽には、川蜷の他に筋さんや諸子さんが入っています。
空蝉鰍(ウツセミカジカ)は、底ものの例に漏れずお肉系の魚なので混泳魚には、ちょっとした配慮が必要です。
沼蝦類は大好物です。
小魚も食べてしまいます。
比較的逃げ足の速い小魚なら良いのですが、水中でじっと一カ所に留まる傾向のある小魚は、蝉丸トンネルに吸い込まれる恐れがあります。
デメモロコ濃尾型とスジシマドジョウ小型種東海型 1
スジシマドジョウ小型種東海型とデメモロコ濃尾型
デメたん(デメモロコ濃尾型)は、のんびりしているので蝉丸のターゲットになります。
混泳させる時は、大きさを考慮しないと食べられちゃいます。
川端さん(カワバタモロコ)は、瞬発力があって素早いので蝉丸の餌にはなりにくいです。
でも、先代のテポ鈍子は上手に捕食していました(爆)
空気の読めない泥鰌たちは、堂々と蝉丸の近くで赤虫を漁って、しょっちゅう蝉丸に攻撃されていますが、割と素早いので蝉丸程度の攻撃なら躱します。
デメモロコ濃尾型とスジシマドジョウ小型種東海型 2
固有種たち…
スジシマドジョウ小型種東海型もデメモロコ濃尾型もこの地域の固有種です。
身近にいる魚たちです。
彼らが、生息できる環境を末永く大切にしたいものです。
筋くんとデメたんは、机の上の蝉丸水槽で飼育しています。
私は、日々彼らを眺めながら、PCを扱う生活なのでございます。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<小振りだが雷魚 | 懐かしき畦の水辺 | バッタ>>
この記事のコメント
no.13029:
ウツセミカジカ、再チャレンジしたいとは思って
いたのですが、なかなか重い腰があがらず、
導入にはあまり適さない季節になってしまい
ました。。。
わが家、環境はバッチリそろっていると自負
しているのですが...う~ん。今季はないかも
です。。。
2011-05-28 Sat 22:51 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.13032:
四国六郎 様
環境が整っているのなら、ウツセミカジカは、大丈夫だと思います。
まだ、私が飼育に試行錯誤している頃、真夏に持ち帰り、空冷ファンのみの水槽環境で1年6ヶ月生きてくれました。
三代目蝉丸は、現在1年9ヶ月で記録更新中です。
2年越えを目指しています。
2011-05-28 Sat 23:47 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。