http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
帝国の行く末
2012-12-03 Mon 00:00
只今の飼育環境は、30センチ水槽がふたつです。
ひとつは、前回の記事のテポ鈍子水槽です。
もうひとつが、最愛の泥鰌帝国です。
往事のことをご存じの方々ならば、その水槽の数に「どうした?」と、思われるかも知れません。
その気になれば、また水槽が増加に転ずることは容易いので御座います。
実は、今年も何度となく琵琶湖へ行っています。
でも、敢えて空蝉鰍(うつせみかじか)を採るのは控えました。
網に入れてしまったら、きっとお持ち帰りしてしまうに違いないから…。
いろいろと事情があるので、これはこれでいいのです。

その泥鰌帝国の今です。
すでに砂に潜っている個体が増えてしまって、正確には全ての個体を確認し切れていません。
もう、泥鰌帝国に仏泥鰌はいないと思います。
かつて、あちこち彷徨って仏泥鰌を探した日々が思い起こされます。
でも、今なら、いつでも逢える…。
そんな気が、敢えて採りにいかない気持ちに繋がっています。
泥鰌
泥鰌(どじょう)
私のお魚飼育の原点は泥鰌です。
我が水槽に泥鰌は欠かせません。
いつも、何があっても良い様に影泥鰌を置いていたので御座います。
そして、秘かに英才教育を施しておりました。
既に彼女は、帝王学を修得しています。
よって、三代目の帝国の女王を襲名しました。
筋縞泥鰌 1
筋縞泥鰌の砂潜り
筋縞泥鰌 2
筋縞泥鰌(すじしまどじょう)
筋縞泥鰌(すじしまどじょう)です。
中型種瀬戸内型かな?
小型種東海型もいるはずなんだけど、カメラの前には現れてくれませんでした。
他に、縞泥鰌(しまどじょう)が、砂の中に潜っています。
細かい種類分けなどどうでもいいので、以前、別けて飼育していたものを少しずつ纏めて一つの水槽にしました。
春になれば、砂から出て来て、また愛嬌ある仕草で楽しませてくれると思います。
味女泥鰌 1
味女泥鰌(あじめどじょう)
味女泥鰌 2
味女泥鰌(あじめどじょう)
冷水に棲む味女泥鰌(あじめどじょう)が高温にも強く、丈夫で長生きすることを飼育経験から知っています。
それでも5年ほどでぼちぼちといなくなる個体が出て来ています。
あくまでも、私の水槽環境での出来事で、味女泥鰌の寿命とは関係ありません。
味女泥鰌(あじめどじょう)は、忙しなく動いて落ち着きがないのですが、いないと寂しいと感じてしまいます。
慣れって恐ろしいかも。

久し振りに泥鰌達を撮影しようと水槽の前で粘ったのですが、確認できたのはこの3種類だけでした。
もっといます。
相変わらず毎日、水槽の前で彼らの姿を眺めて癒やされていますのでいることは解っています。
泥鰌帝国は、今でも私の癒しの楽園なのでございます。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:10 
<<愛しの郷土種 | 懐かしき畦の水辺 | 遊んだ!>>
この記事のコメント
no.14019:
琵琶湖方面、またご一緒させてくださいませ~。
空蝉、入っちゃいますよ!

味目飼育、まだあまり得意ではありませんです。
過去、痩せ細ってしまって以来、飼育はしておりませんです~。
2012-12-03 Mon 07:46 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.14021:
琵琶湖御一緒頂いてありがとうございました

そういえばウツセミカジカの事
なんにも言ってなかったですね~
あえて、捕まえずでしたか

2012-12-03 Mon 10:41 | URL | katu4126 #-[ 内容変更]
no.14023:
厚めの底砂内はドジョウ達のワンダーランドになっているようですね。
寒い朝に布団から出たくない私、少しドジョウに似てるかも?
2012-12-04 Tue 00:19 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.14027:
四国六郎 様
また、琵琶湖で遊びましょうね。
空蝉鰍が網に入ってしまったら、お持ち帰りするかどうか絶対に悩むから…。
環境に拠るのかも知れませんが、我が家の味女泥鰌は、全ての泥鰌と混合で飼育しております。
2012-12-04 Tue 04:56 | URL | 懐畔泥鰌 #fhuTtVsk[ 内容変更]
no.14028:
katu4126 様
大好きな空蝉鰍を飼育したいのは山々なのですが、ちょっと考えるところがありまして控えているので御座います。
また、琵琶湖で遊んでくださいませ。
2012-12-04 Tue 05:01 | URL | 懐畔泥鰌 #fhuTtVsk[ 内容変更]
no.14029:
ドンコ将軍 様
この砂の中に手を入れると暖かいです。
本当に砂布団の保温力は侮れません。
私もいつまでもぬくぬくと眠っていたい…(爆)
2012-12-04 Tue 05:03 | URL | 懐畔泥鰌 #fhuTtVsk[ 内容変更]
no.14038:
砂はなにを使っているのですか?
とても細かいように見えます。
教えていただければと思います。
2012-12-08 Sat 11:13 | URL | どじょうてんごく #-[ 内容変更]
no.14039:
どじょうてんごく 様
コメントありがとうございます。
農家の方にお頼みして田圃から抽出した本物の田砂です。
「田砂」と称して売られている市販のものは、粒子が荒過ぎて使いません。
ブログ内で「田砂」を検索で検索して頂くと記事が読めますが、砂に拘りがあるので、記事数が多く探しにくいかも…。

http://dojodojo.blog59.fc2.com/blog-entry-41.html

ここが、泥鰌帝国で使っている田砂の採取した時の記事です。
宜しかったら、ご参考迄。
2012-12-08 Sat 11:31 | URL | 懐畔泥鰌 #wexre9LQ[ 内容変更]
no.14040:
返信ありがとうございます。
なるほど、大変な作業ですね、どじょうへの愛情を感じます。
自分は川にいって取ろうと思います。
自分もいつかどじょう水槽を作ってみたいと思います。
とても参考になるブログですね。
ありがとうございました。
2012-12-09 Sun 11:53 | URL | どじょうてんごく #-[ 内容変更]
no.14051:
どじょうてんごく 様
田圃の泥が一番良いのですが水槽では濁って何がいるか解らない…(爆)
粒子の細かい砂が泥鰌にとっては最良かと思います。
もっとも、もっと粗い粒子の砂でも生息していますけどね。

また、お気軽にコメントくださいませ。
2012-12-12 Wed 17:48 | URL | 懐畔泥鰌 #wexre9LQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。