http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
重要!ツボカビ症について
2007-01-23 Tue 18:00
2006年12月に日本でも飼育されているカエルから「カエルツボカビ症」の感染が確認されました。
既に海外では両生類などの激減、絶滅を引き起こしています。
外来種の無責任な破棄、放流による生態系の破壊も由々しき問題ですが、今回の「カエルツボカビ症」が今後、野生の両生類に広がった場合、日本の自然環境に於ける生態系は、壊滅的な影響を受ける恐れが多大にあります。
このBlogの力など微々たるものなのは承知ですが、事態は深刻と判断し、せめて記事にして情報発信することにしました。
ツボカビ症はカエルなどの両生類の皮膚に感染し、皮膚呼吸を困難にさせ死に至らせます。
野生に広まった場合、防御する術が無く次々と感染し、種の絶滅を招く恐れがあります。
今の所、魚類や哺乳類に感染することはないとのことです。
しかし、カエルなどの両生類の激減や絶滅は、連鎖してそれらを食している動物たちの激減に繋がり、延いては生態系の破壊に至ります。
ツボカビ症は伝染力のある感染症です。
飼育していたカエルや両生類の水を一般家庭の排水溝から垂れ流しにするだけでも野に広がってしまいます。
自然の川や野池などに破棄したら取り返しの付かないことになります。
現在、飼育している両生類の様子を良く観察し、疑わしければ是非、専門の機関に連絡し迅速な対応をお願い致します。
購入する場合は細心の注意が必要です。
輸入種は暫く制限を掛けた方が良いと思います。
ツボカビ症と判断された場合は、飼育環境の熱湯消毒を行い、飼育していた水などは絶対に野外に放出しないで下さい。
また、死亡した個体を戸外に捨てることも厳禁です。

この地球で共存している全ての生き物…魚類、動物、昆虫、植物…を愛し、癒やされ、特に積極的に拘わっている私達がまずは正確な情報を冷静に捕らえ、迅速な行動を起こすことに拠って少しでも事態終息の力になればと思います。
ツボカビ症についてのサイトや情報を載せます。
以下はWWF JAPANのサイトにリンクを張っています。
是非、熟読され事態の深刻さを憂慮し、賢明な対応と共に、身近な方々への注意を喚起し、呼び掛けにご協力をお願い致します。

2007年1月12日 日本の両生類に危機 カエルツボカビ症が国内で初確認

2007年1月13日 カエルツボカビ症侵入緊急事態宣言

カエル・ツボカビ病に関する専用リンク集

カエルツボカビ症について

ツボカビ症に関する解説書

ツボカビに関するQ & A
関連記事



別窓 | 自然環境を考える | コメント:11 | トラックバック:3 
<<ブラックその後… | 懐かしき畦の水辺 | 変化無し…>>
この記事のコメント
no.1191:
恐ろしい病気が流行しているようですね
噂は耳にしていましたがここまでの病気だとは思っていませんでした
我が家にも両生類がいます
気をつけないといけません
2007-01-23 Tue 19:18 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1192:
早速、ありがとうございます。
こちらからもトラバさせていただきました。

本日、毎日新聞のニュースで3回目の記事が投稿されていましたので、再度ブログに載せました。

ブログ・SNSなどの飼育者の情報ネットワークが少しでも助けになると良いですね。

ひとりひとりのブログは大きなものではありませんが、集まれば大きな情報力になるのだと思います。
2007-01-23 Tue 21:47 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1193:
トラバ届いてますよ~。
2007-01-23 Tue 22:52 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1194:
はむたん 様
記事にして頂いてありがとうございます。
酷くなる前に行動を起こさないと…。
感染症で恐ろしいですよね。
生態系が壊れる恐れがあるので早急な対応が必要だと思います。
2007-01-23 Tue 23:04 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1195:
きつね 様

取り返しが付かないことになる前に、私も出来る限り発信し続けようと思います。
情報ありがとうございます。
21:28 のトラックバックは失敗しています。
私のBlogが表示されません…。
削除して頂いたら再度、送信してみます。
2007-01-23 Tue 23:07 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1196:
いよいよ深刻な状態になってきましたね。私も帰還したら、書いてみます。忘れないようにしておかないと。
2007-01-24 Wed 07:52 | URL | べーさん@携帯 #-[ 内容変更]
no.1197:気をつけなければ
本当に海外には自分たちの知らない恐ろしいカビやら病気があるものですね。両生類はもちろん鳥類や人間にもインフルエンザなど進化した病原菌が増えるなど,地球全体の問題として考えなければいけませんね。
とりあえずアクアをしている人は最低限のルールは守ってほしいものです。
2007-01-24 Wed 12:02 | URL | もりパパ #Ksg4Cb72[ 内容変更]
no.1203:
べーさん 様
是非、記事の方よろしくお願いします。
きつねさんが貴重な情報を提供してくださるので、私も出来ることから始めようと思いました。
川や水路に行って水辺の友達と戯れるのが好きな方々の情報交換ができればと思います。
この自然を守るために出来る限り幅広く情報提供や注意を呼びかけて行きたいと考えています。
2007-01-25 Thu 23:45 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1204:
もりパパ 様
おっしゃる通りです。
本当に好きなのならば、その真剣さは行動によって示されるものだと考えています。
もりパパさんも是非、正確な情報を収集し、浜広く呼び掛けをして戴けたらと思います。
2007-01-25 Thu 23:48 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1211:
何週間前だったかニュースで見ました。
カエルなどの生態系の最下段にいる生物が絶滅してしまうと、それを食している鳥類や爬虫類に大打撃になるようですね。そしてそれらの生き物を食しているさらに上の動物と・・・懐畔泥鰌さんが言ってるように全ての生態系を壊してしまうことになるような事を言ってました。
身近では感じられませんが、恐ろしい話です。
私は説明が下手なので、私のブログにこの記事へのリンクを貼らせてますね。
2007-01-26 Fri 17:34 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.1214:
マッサ 様
記事のリンクありがとうございます。
事態が拡大する前に何とか出来ることはしておきたいです。
まずは正確な情報の提供からと考えています。
この感染症により食物連鎖で生態系の破壊なんて恐ろしいですよね。
2007-01-26 Fri 20:35 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
世間の関心が低いなか、何度も取り上げている毎日新聞の記者には感謝。ヤフーニュース記事内で「ペットの場合、治療は可能で消毒も容易」と書かれているが、消毒の具体的な方法はわからない。できれば「こどもサイエンス」的な誰でもわかりやすい消毒方法を新聞記事の特.... …
2007-01-23 Tue 21:41 静岡県淡水生物館
&nbsp;&nbsp;&nbsp;きつねさんのブログや、懐畦泥鰌さんのブログですでに紹介されていますが、昨年12月に国内で始めて確認された「カエルツボカビ症」。1/20の時点ですでに9匹の感染が確認されています。いずれも、ペットショップなどの閉鎖された環境での確.... …
no.5:いろいろ
こちらの記事で書きましたカエルツボカビ症ですが1月28日付の朝日新聞で紹介されていましたこちらが記事なのですが無断リンクですwもう一度考えてみていただけると我が家のウパも喜びますさて 昨日は …
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。