http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
WiFi接続
2013-12-23 Mon 00:00
私が愛用していたLUMIX FT3からLUMIX FT5に変わり随分と時間が経ちました。
同じPanasonic製の同機種の最新型なので操作は前機種を踏襲しているものの、機能を統合したり、新しく加えたりしているので戸惑うこともしばしばあります。
でも、一番困惑しているのが、カメラ本体の操作ではなく取扱説明書そのものなのです。
今までの取扱説明書は冊子でしたが、今回からはPDFになりました。
紙媒体なら暫く持ち歩いて参照しながら操作を覚えるのですが、PDFだとPC等の表示機器が必要になります。
PDFをPCで読むのはそれなりに慣れているのですが、神社へ行ったり、釣りをしている野外では調べようがありません。
LUMIX FT5は、防水、耐衝撃、耐温度などを強化した野外での過酷な条件で使える機種なのに、そんな状況で操作を調べるのにPCが必要だと意味をなしません。
紙媒体の方が良い面も多々あるのです。
私の場合は、iPhoneにFT5の取扱説明書のPDFを送って閲覧しているのですが、濡れた手ではiPhoneを触りたくないし、PDFの操作が煩雑になって使い勝手が良くありません。
取扱説明書の操作にやっと慣れてきたかな…。

さて。
LUMIX FT5は、私がそれまで使っていたFT3よりも様々な機能強化が為されていて満足しています。
その中で私が最大の期待を寄せていたのが、撮影した画像をWiFiでSmartphoneに送る機能でした。
が、既に数ヶ月経った今までその機能を使っていませんでした。
iPhoneでFT5の取扱説明書のPDFファイルを読みながら、WiFi受信用のApplicationを操作するのが煩わし過ぎて憂鬱だったからです。
更に、取扱説明書の記述が余りにも不親切で説明不足なことに閉口してしまいます。
こうなったら経験と勘で乗り切るしかない…。
DMC-FT5とiPhone4s WiFi接続 1
WiFi 接続完了
自宅はPCもiPhoneも無線LANでWiFi接続しているのでルータ経由の接続になります。
屋外でiPhoneが通常の通信回線を使っている時の設定とは違います。
つまり、FT5とiPhoneをWiFi接続するには、最低でも自宅用と屋外用の二つの設定する必要があります。
WPS、PINCode、SSID…。
そして、iPhone側の設定では、同じことをするのに名称や表現が違う…。
タイミングが合わないと設定が合っていても同期が取れず接続できないし…。
少なからずの知識と経験が必要ではないかと思われます。
DMC-FT5とiPhone4s WiFi接続 2
iPhone4s の画像受信画面
屋外での設定はFT5とiPhoneとの間のWiFi設定のひとつで済みますが、屋内は多様なWiFi環境があり得るので、それぞれ個別に設定する必要があります。
WiFi接続に成功すれば設定を保存しておけるので、設定の仕方に慣れさえすれば便利にはなります。
FT5で撮った画像をWiFi接続でiPhoneに送ることができれば、屋外にいてPCが無くても直ぐにその画像を活用することが出来ます。
デジタルカメラで撮った画像をiPhoneで人に見せたり、転送したり、Blogに載せることも可能になります。
それがやりたかったのです。
DMC-FT5とiPhone4s WiFi接続 3
WiFi接続成功
屋外でも自宅でもFT5からiPhone4sへ画像を転送できる様になりました。
これが出来れば便利なことは解っていたのですが、それが出来るまでが面倒で…。
iPhoneで画像を撮れば良いじゃん…と言われるのですが、それはあくまでも緊急用でしかありません。
寧ろ、緊急用だからこそiPhoneのカメラ機能は役に立ちます。
でも、カメラは機能ではなく撮影機材なのです。
写真を撮影する専用の機械の画像は全く質が違います。
撮影の状況対応も専用機ならではの厚みと幅があります。
私のiPhoneに入っている画像はデジタルカメラで撮った画像をSDMemoryでPCに送り、更にPCからiTunes経由でiPhoneに送ったものです。
手間を掛けても拘りたいことがあります。
WiFi転送が出来る様になったので、撮影した後の画像の即時性が高まって活用範囲が拡げられそうです。
関連記事



別窓 | 道具 | コメント:2 
<<プログラムモード | 懐かしき畦の水辺 | 味女模様>>
この記事のコメント
no.14250:
ご存知の事と存じますが、iOS7からAirDropが搭載され、iOS7同士でのファイル交換が非常に楽になりました。
ただ残念なのは、AirDropは以前よりMacに搭載されている機能で、Mac同士のデータ交換が楽になる機能だったので、今回のiOS搭載にはMac←→iPhoneのデータ交換のシームレス化を期待していたのですが...
まだダメでした。。。
2013-12-23 Mon 18:59 | URL | 四国六郎 #-[ 内容変更]
no.14251:
四国六郎 様
返信が遅くなって申し訳ありません。

Macを持っていたら何かと捗るでしょうね。
私は、MSDOSからWin3.1を経てここまで来ているので、今までの資産が統一されないと使いづらくて躊躇してしまいます。
かといって、iPhoneとWindowsが必ずしもスムースな連携ではないので、どうにかならんものかと…。
次もiPhoneになりそうですが、環境としてはandroidの方が良いかもです。
2013-12-29 Sun 16:15 | URL | 懐畔泥鰌 #fhuTtVsk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。