http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
四国さん親子と釣り
2014-05-14 Wed 14:54
GWに四国さん親子と魚採りをしました。
当初は、懐畔領土ルナ・ツーで小物釣りを予定していたのですが、GW特有の大渋滞の為早々に断念しました。
大丈夫!
統治権も自治権も支配権もない懐畔領土は広いので御座います。
四国さんの可愛いご子息が一緒なので足場の良い比較的安全な所を選んで子鯰の溜まりと呼んでいる場所でやることにしました。
ここも鯰や雷魚がいるので小魚は豊富です。
早々に小物釣りの仕掛けを準備していると
「鯰とかいるならルアー投げて下さい。大きいの釣れたら息子も喜びますので…」
と四国さんに言われたので、ついその気になってルアーを投げることにしました。
車の中はいつでも鯰や雷魚のルアーを投げられるスクランブル仕様にしてあるので戦闘開始に時間は掛かりません。
晴天で風もなく気温も上がって釣り日和でした。
でも暫くは四国さんの小物釣りの仕掛けにも私のルアーにも何の反応もなく…。
最初はトップで狙ってみたのですが追わず、鯰に実績のあるルアーに変更してみても中らず…。
そこで秘かに懐畔製雷魚専用ルアーに換えて投げてみました。
中りがあればほぼ100%雷魚が来る実績の懐畔製自作ルアーです。
雷魚
雷魚 60センチ
来た!
中々の快心のフッキングでした。
いつもの引きを味わいながら網入れして陸揚げしました。
四国さんの息子さんも喜んでくれました。
「持って帰る?」
「うん!」
「いいよ。あげる!」
「だめだめこれは逃がしてあげないと…」
「欲しい?」
「うん!」
「じゃ、写真撮ったらあげる!」
「だめだめ逃がしてあげないと…」
そんな会話を何度も繰り返しましたが、四国さんからの飼育許可は降りず…(爆)
「触ってもいい?」
雷魚に噛みつかれたら危ないし、60センチほどあるので暴れる力も強い…。
マウスオープナーで雷魚の口を開けしっかりとボガグリップで保持しました。
息子さんは興味津々で、雷魚の固い頭を指で触っていました。
こういう経験って心に残るので楽しんで貰えたなら嬉しい限りです。
四国さんを説得しようと色々工作してみましたがお持ち帰りの許可はでそうもないので、ご子息と二人でそっと水に戻してやりました (爆)

鯰や雷魚が多いので小魚は沢山いるはずなのですが、ここではこの雷魚の他は釣れず…。
小魚を求めて場所換えをすることにしました。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ ルアー編 | コメント:0 
<<四国さん親子と網入れ | 懐かしき畦の水辺 | 君ではないのだよ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。