http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
松藻を救出する!
2015-09-07 Mon 00:00
琵琶湖産の松藻を再度、繁殖させるべく久し振りに30センチ水槽を起ち上げました。
信楽焼の火鉢の中で線状藻(せんじょうも)によって壊滅状態だった松藻が復活の新芽を水面に表していたのには感銘を覚えました。
今、救わねばまたやられる…。
松藻 1
松藻
かつてこの水槽は空蝉鰍(うつせみかじか)の蝉丸を飼育していました。
蝉丸は愛嬌があって懐いて可愛い奴でした。
2年近く同じ時を過ごした彼が星になってから、ずっとこの水槽は空けてありました。
こういう形で復活するのならと再稼働させることにしました。
目高と泥鰌
目高(めだか)と泥鰌(どじょう)
去年の夏に採取した目高(めだか)と泥鰌(どじょう)も火鉢の中で越冬しました。
彼らも松藻(まつも)と同じく逞しく生きています。
松藻(まつも)に絡みついた赤ちゃんの産毛よりも細い線状藻(せんじょうも)を時間を掛けて丹念に取り除いたのですが、完全に除去できたかどうか確信が持てません。
濾過器を稼働し水を循環させて様子を見ています。
現在は殺風景な水槽ですが松藻の成長と共に馴染んでくることを期待しています。
信楽焼の火鉢は水を抜き完全に乾燥させて線状藻を駆除します。

関連記事



別窓 | 採る楽しみ 畦の水辺 | コメント:1 
<<久し振りの釣りだったが… | 懐かしき畦の水辺 | 雉羽太と目張>>
この記事のコメント
no.14324:
ハス釣りの時に、採集したマツモ
良い感じに増えてます
もう少ししたら水槽デビューの予定です

マツモにはドジョウとメダカ合いますよね!
2015-09-21 Mon 12:20 | URL | katu4126 #WCSj23LI[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。