http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
イタリア料理
2007-02-03 Sat 22:02
3週間程前にイタリア料理を食べに行きました。
パスタはオリーブオイル系の海の幸が好きなのですが、その時はトマトソースでした。
美味しく食べました。
その皿に虹色に光る一粒のコッツェ!
そうだ!これはいい!
白い目で見られるのを覚悟で紙布巾に包み、お持ち帰りしました。
コッツェとは日本名カラス貝です。
カラスガイ 2
カラス貝
当然、油とトマトソースで貝殻の表面はべとついています。
これをどうしたものか?
洗剤を使うわけにはいかないし…。
思い付いて重曹を使ってみました。
白い粉を塗し、しばらくおいてブラシで落としました。
その後、沸騰させたお湯で10分ほど煮て昨日まで水に浸けておきました。
何回か水替えをして水に油が浮かないことと匂いが取れたことを確認して水槽に入れてみました。
カラスガイ 6
この反射に誘われて…
2日ほど経っています。
油を取り切れているかどうか不安でしたが、机上の小型水槽の生き物たちは元気でいます。
ちょっとアクセントを付けたかったのと隠れ家になればと思っています。
カラスガイ 1
マツモの繁るがまま…
貝殻の後にシマドジョウが隠れています。
夏ほどの勢いは在りませんが、マツモが覆い繁ってメダカとミナミヌマエビの安息の場所になっています。
昼間は殆ど光が無く、帰宅してからの水槽ライトが唯一の一番強い明かりなのですが、丈夫なマツモは健気に伸びています。
画像には写っていませんが、水面はアオウキクサが覆っています。
田圃でドジョウやメダカと一緒に掬ってきてこの小型水槽の水面で爆殖しています。
カラスガイ 3
シマドジョウが出て来た…
小型水槽の中にちょっとしたアクセントを付けました。
生き物たちが馴染んでくれたら嬉しいです。
別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:10 | トラックバック:0 
<<孵化後3週間 | 懐かしき畦の水辺 | 弾みがついた?>>
この記事のコメント
no.1284:考えることは皆同じ・・・か?
>白い目で見られるのを覚悟で紙布巾に包み、お持ち帰りしました。
私の牡蠣ガラの時と同じ行動をしてますよ・・・(もっとも、私は白い目で見られましたが。

>油とトマトソースで貝殻の表面はべとついています。
これは強烈なコンビネーションですね。除去する手段として、重曹とは、なかなかいいアイデアですね。

>この反射に誘われて…
たしか、アワビも裏はこんな感じでしたよ。金魚水槽に入れてましたが、1年半くらいで溶けて無くなってしまいましたが。
2007-02-03 Sat 23:34 | URL | 火龍&D・イェンツ卿 #-[ 内容変更]
no.1285:
私は以前、大きなサザエを水槽に入れようか考えていました。ドジョウやイモリが入ったまま出れなくなった時のことを考えて断念しましたよ。
2007-02-04 Sun 09:00 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1286:
レストランでも水生生物に反応するその心意気やよし!!
私も居酒屋とかやスーパーで川エビや川魚の佃煮を
見ると、観察しちゃいますねw
2007-02-04 Sun 09:15 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1287:
先日の夕食は牡蠣でした
私は牡蠣の殻を水槽に投入しましたよ
焼いたものなので油関係はついていないと思うのでそのまま投入しました
ちょっと残っている身の部分はエビに期待しました
やっぱり皆様似た様な事を考え付きますよね
2007-02-04 Sun 11:34 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1298:
火龍&D・イェンツ卿 様
アワビの殻、欲しいです。
調度品の装飾にさえ使いますよね。
調理の時の油の影響はなさそうでホッとしています。
2007-02-04 Sun 21:24 | URL | 懐畔泥鰌&D.Indigo卿 #-[ 内容変更]
no.1299:
きつね 様
サザエも手に入り次第、入れたいと思っています。
出られなくなりますかね?
私は貫通している竹炭の筒を入れていますが、ドジョウは入った口から竹筒の中で向きを変えて、出て来ますよ。
見ていると笑えますが…。
なんでそのまま直進しない?
イモリくんの事はわかりませんが…。
2007-02-04 Sun 21:27 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1300:
べーさん 様
お褒め頂き有り難き幸せに御座います。
食べ物と飼育している魚達との区別が何処にあるのか、自分でも良く解っていません。
同じです…たぶん。
否、間違いなく…。
2007-02-04 Sun 21:29 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1302:
はむたん 様
おぉ~、いきなり投入されましたか。
有効に再利用される事と思います。
土質を考慮にいれての事ですが、砕いて花壇に撒けば肥料にもなります。
有名な土地の蜜柑畑には根元に蛎殻を撒いてありました。
2007-02-04 Sun 21:32 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1306:外食中でも考える
 私の水槽は、水が酸性が強い(余り水換えをしない)ので、シジミやタニシの殻は、2~3ヶ月で白くなり、溶けてしまいます。海の貝なら解けずに、ヨシノボリハウスになってくれるかも。
 
 パスタはペペロンチーノが好きなので、アクアネタになるようなものは入っていません。
2007-02-05 Mon 09:07 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.1309:
ryu-oumi 様
私は中性から弱アルカリに振っています。
安定していたら無闇に触らないと決めて、ryu-oumiさんと同じくどの水槽も水足しのみで殆ど水換えしません。
水質は酸性側に触れているかも知れません。

ペペロンチーノもよく食べます。
シンプルが一番ですよね!
ニンニクと唐辛子…
入れちゃダメか…。
2007-02-05 Mon 22:33 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。