http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
2月の素堀の水路
2007-02-11 Sun 17:52
2月の素堀の水路に行ってきました。
先日、行ったばかりなのですが、毎月覗いてみようと思っていたら、1月は時間の余裕が無く月末になってしまいました。
それで間隔が狭まってしまいました。
2月の素堀の水路 1
2月の田園
今回も誰もいない田圃でした。
今日は風が強く午後から出掛けたので逆光で撮影しています。
2月の素堀の水路 2
中水路
中水路の水も1月と変わらず、細い流れが辛うじてあるのみでした。
今回、出掛けたのにはもうひとつ理由があります。
前回から既に2週間経っていますが、ヌマガイの捕獲と撮影も目的にしていました。
あんな大きな貝がいると言うことは、自然環境が豊かである証拠だと思っています。
前回、画像を取り忘れたことを悔やみながらも、殻だけは掬い上げたので生体を確保できなくても撮影だけはしたいと思って行くことにしました。
ヌマガイの殻
ヌマガイの殻
ヌマガイの殻の撮影は出来ました。
この画像は殻だけです。
17センチありました。
でかい…。
一般に二枚貝は水質に敏感です。
きっとタナゴも豊富にいるのではないかと春が待ち遠しいです。
今回もタモを入れてみました。
一番の目的はこのヌマガイの捕獲です。
タモは網枠と柄の繋ぎの部分がしっかりとした頑丈なものを使っています。
網の部分の目は粗めですが、丈夫な素材です。
1200円程度のものなのですが、随分楽しませてくれている大切な道具です。
この辺りの釣具屋へ行けば貝専用の道具も売っていますが、タモだけで挑戦することにしました。
ヌマガイが1~2個採取できたら満足ですし…。
ドジョウを掬うよりも深く泥を抉る必要があります。
相当な重さになります。
その泥を水で何度か晒して泥を編み目から濾し摂とってから陸地に上げます。
何度かやっているとかなりの体力を使います。
泥の中から生き物を探すのですが、何がいるのか一番楽しい時でもあります。
イトミミズとかアカムシとかミズムシとかが沢山いました。
餌が豊富なのですね。
シマドジョウが5匹採れました。
しかし、ヌマガイは一向にタモに入りません。
何十回とやりましたが、捕獲はできませんでした。
マシジミ 3匹
マシジミ
今回もマシジミが採れました。
この3個をお持ち帰りしました。
以前、この田圃で出逢ったおじいさんと再度お会いすることでもあればヌマガイについて尋ねてみようと思っています。
何故か気になるのですよね…ヌマガイ。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 畦の水辺 | コメント:8 | トラックバック:0 
<<マシジミ | 懐かしき畦の水辺 | Great Tanishi 逝く>>
この記事のコメント
no.1351:すごいです
素堀の水路があるなんて,すばらしい環境ですね。
うちの近くの田んぼを歩き回りましたが,皆コンクリートで固められています。
それにしても17cmのヌマガイはすごいですね。
ぜひ拝見したいものです。
2007-02-11 Sun 23:13 | URL | もりパパ #Ksg4Cb72[ 内容変更]
no.1353:
もりパパ 様
私の住んでいる周りの田圃もコンクリートのU字溝ばかりです。
去年、このBlogを始める前にやっと見つけた水路です。
この水路を見つけた事でここまでBlogを続けられました。
家から30キロ以上離れています。
でも、私にとっては貴重な場所です。
幼い頃と同じ感覚でタモを持って遊べます。

ヌマガイ…何とか生きた貝を採取してみたいです。
2007-02-12 Mon 03:18 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1354:
私も実家の近くの用水路と川でシジミとドブ貝みたいなのを採りましたよ。ドブ貝みたいなのは小さかったですが、シジミは2センチの大き目のヤツでした。結構採れたけど、食う気にならないので元に戻しましたがw
しかし、2枚貝そこそこいるのに何でタナゴがいないんだろう・・・
2007-02-12 Mon 14:05 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1355:
殻があると言う事はそこにいるはずなんですよね
なぜか捕まらない不思議な貝
謎が深まりますね
2007-02-12 Mon 18:48 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1356:
べーさん 様
楽しそうでしたね!
Blog拝見しました。
シジミも色々調べると遺伝子汚染が進んでいるようです(悲)
ドブ貝がいればタナゴもいるはずなんですけどね。
冬だからちょっと深みにいるとか…。
きっといますよね。
2007-02-12 Mon 20:40 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1357:
はむたん 様
いるはずですよね。
タモで届く範囲しか掬えないので水路の真ん中辺りにいるとか、更に深みにいるとか…。
興味があるので話を聞いたりして情報を集めてみます。
2007-02-12 Mon 20:42 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1370:
シジミって不思議な繁殖の仕方をするんですよね。
詳しくは覚えていませんが、それが原因で国内でもタイワンシジミなど外来種が増えているのだとか。
2007-02-14 Wed 00:47 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1374:
きつね 様
どうやら3倍体のDNAを持っているようです。
雄性発生と雌雄同体の卵胎生で云々…。
銀鮒とか曼珠沙華とか3倍体の遺伝子って言葉を何度が耳にします。
タイワンシジミは全くの別種らしいのですが、2倍体の雄性発生でマシジミやヤマトシジミと交雑してしまったようです。
遺伝子汚染です。
日本の業者がヤマトシジミにタイワンシジミを混ぜて水増しして販売したとか、稚貝を放流したとか、様々な人的要因があるようです。
で、この外来種も繁殖能力に優れていると聞きます。
2007-02-14 Wed 21:51 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。