http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
重要!ツボカビ症について 2
2007-02-13 Tue 18:15
静岡県淡水生物館」のきつねさんの提唱に賛同し「カエルツボカビ症」についてBlogで情報を呼び掛けています。
それに応じて以下の方々もそれぞれのBlogで記事にして頂いています。
ウーパーとプレコのつぶやき」のはむたん
メダカday's」のマッサ
べーさんの毎日が思いつき日記」のべーさん
※Blog名をクリックすると「カエルツボカビ症」について書かれた記事にリンクされています。お名前をクリックすると最新記事に飛びます。

さて、今回は「カエルツボカビ症」に感染したカエルの画像などを含め、見つけたときの対処や両生類の重要性を訴えているサイトの情報をリンクします。

山陽新聞 WEB NEWSの記事から
カビ感染カエルの見つけ方 研究者組織がマニュアル
asahi.comの記事から
ツボカビ症の確認受け対策 野生カエルへの感染防止
Livedoor Blog ニュースいちば(市場)から
たかがカエル、されどカエルです。カエルがいないと大変なことに!!

カエル及び両生類を飼育されている方。
餌として扱われる方。
採取されている方。
魚や動物を飼育している方々。
本来は自分たちの自然環境を守るために全ての人類が該当します。
しかし、まずは特にカエルや両生類に接する機会が多い方々に、正確な情報を持ち、細心の注意を払って対処頂くようお願い致します。
カエルや両生類が絶滅してしまえば確実に生態系が崩壊します。
既に諸外国では「カエルツボカビ症」によって絶滅してしまった種や地域が存在しています。
感染症であり、防止策や対処法が完全に確立されてない現在、いったん自然界に広まれば取り返しのつかないことになります。
全ての人々に関連することではありますが、まずは身近にカエルや両生類に触れる方々と自然を愛し共に暮らそうという強い意志を持った方々に関心を持ち、正確な情報を広め、できることから行動を起こして頂きたいと願っています。

両生類の重要性を訴えるナチュラリストの集まりのWEBがあります。
カエル探偵団
このサイトもカエルツボカビ症への詳細な情報を載せています。
是非、ご一読ください。
両生類保全研究資料室(仮称)

兼ねてから幼い頃に田圃で遊んだ記憶を辿ってみようと思っていました。いざ田圃に行ってみるとコンクリートで固められたU字溝の水路ばかりで、いたはずの生き物は激減していました。探し回ってやっと素堀りの水路のある田圃の畦を見つけました。歳月を経て再びドジョウやメダカやフナ達に出逢うことができた喜びがきっかけでこのBlogを始めました。
本来の自然環境を後世へ残すのは私達の当然の勤めだと信じています。
関連記事



別窓 | 自然環境を考える | コメント:6 | トラックバック:2 
<<ヤクト抱卵 | 懐かしき畦の水辺 | マシジミ>>
この記事のコメント
no.1368:
私も数回記事を書きましたが多少は見てくれてる人がいるのでしょうか
各メディアでも取り上げられることが増えているようですが一般の人々の関心の度合いが気に掛かります
2007-02-13 Tue 21:28 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1369:
はむたん 様
はっきりと結果がわかるものではないのですが、何もしないよりは確実に効果があると思います。
必ずしもコメントやBlogの記事にならずとも読んでくれていることは間違いないと思います。
魚飼育や水生生物系のBlogでさえ関心があるわけではありません。
一般の人々の関心は尚更薄いと思います。
だからこそやろうと思いました。
2007-02-13 Tue 22:17 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1371:
ご協力感謝いたします。
メディアで取り上げるのなら、一番関心が高いのはTVだと思います。しかし、TVでの特集などを知りません。1ヶ月経過しましたが、あったのでしょうか。

身近で非常に残念に感じているのは、Livedoorのブログカテゴリ「両生類・爬虫類」で1回しかツボカビタイトルの記事を見なかったことでしょうか。

それだけ関心が低いということです。情報を発信し続けて、誰かの目に少しでもとまって関心を持ってくれることを願います。
2007-02-14 Wed 01:15 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1372:
こういうことは公表すべきでは無いと思いますが、うちのブログのアクセス解析に参議院ドメインからのアクセスがありました。「ツボカビ、行動計画」という検索ワードです。

WWFジャパンのサイトには、現時点で行動計画は公表されていませんが、環境省に提出した内容が、政治家関係者の目には入っている、もしくは多少なりとも関心があるということだと思います。続報に期待したいところです。
2007-02-14 Wed 01:26 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1376:
きつね 様
私も同じ意見です。
確かに関心が薄いことは解っています。
だからこそ、情報を発信し続ける必要があると考えています。
微力ながら、手応えもないままでもやれることからやろうと思っています。
政府なり議会なりも、もっと積極的に行動をとるべきだと思います。
早急な対応を期待します。
2007-02-14 Wed 22:05 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1380:
行動の心理学だったか、何度も言い続けることが行動を起こす為には必要。と言われているのですよね。

しつこいくらいに。というのではなく、何度も取り上げることで「そんな重要なんだ」と思って貰うことも必要なのかなと思っています。幸い毎日新聞、共同通信のニュース記事で何かあるごとに毎回取り上げ続けてくれているので助かっています。
2007-02-15 Thu 00:02 | URL | きつね #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
2/9 ツボカビ症対策:両生類の輸入自粛など緊急行動計画(毎日新聞)2/10 カエル輸入の自粛を ツボカビ対策で保護団体(共同通信)WWFジャパンなど関連団体が、両生類の輸入自粛など緊急対策行動計画を公表し、環境省に提出したと言うニュース。法整備案なども含... …
2007-02-14 Wed 01:08 静岡県淡水生物館
さきほど、TBSの「ブロードキャスター」でツボカビ病のことを取り上げていました。しかも、トップ項目に。また、カエルのへの影響だけでなく、カエルが持つ生態系の役割の重要性、つまり、カエルがツボカビ病で激減した際のほかの生物の影響なども取り上げていましたね。 …
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。