http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
3度目の挑戦
2007-02-24 Sat 23:36
「と、とったどぉ~」

と、一人で吼えようかと…。
今日も素堀の水路に行ってきました。
狙いは貝。
大きなヌマガイをタモに入れたい!
タモで畦の水路を漁るのが大好きなのですが、自然に触れ、夢中になって楽しむことがなによりもありがたいと思っています。
気分転換ではなく他ごとは眼中に無し…。
集中といえば格好いいですけど…。
更にタニシから始まった「貝の会」を存続させるべく、鼻水垂らしてタモを入れてみました。(こういうことならマジになれる…)
あ、因みにメンバーは秘密です。
既に暗黙の公開事項…。
貝、貝、貝
貝、貝、貝…大漁!
やっと念願のヌマガイを採取しました。
これだよ、これ!
大きさ的には最大値の半分ほどですが、それでも大きな貝です。
更に予想外なことが…。
なんとササノハガイ(トンガリササノハガイ)まで採れました。
嬉しい!
そして、今回もマシジミを4匹捕獲しました。
今まで2回行って何度も泥を掬いました。
泥をタモに目一杯掬うと相当重くなります。
それを水に晒して泥を落とす作業を何度も続けるとかなりの運動量になります。
でも、前回までマシジミ以外は捕獲できませんでした。
今回は何故か、あっさりタモに入りました。
昨日の雨が関係あるかも知れません。
水量はいつもと変わりませんでしたが、平地になった田圃からの水の流入は貝達に何らかの刺激を与えているような気がします。
昨夜から急に冷え込みましたが、本来なら今はまだ冬の最中で特別な気温ではありません。
捕獲したヌマガイは殻の最長で10センチ程です。
最大20センチと言われているので、まだ、若い個体なのでしょうね。
ササノハガイについてですが、ササノハガイは琵琶湖固有種の名前だそうです。
トンガリササノハガイが現在まで言われている名称だそうですが、実際の所は正確な区別がつかず、学会でも混乱しているそうです。
ここではササノハガイと呼ぶことにします。
今日、捕獲した貝たちは全てお持ち帰りしました。
でかい!
でかいです。
GT以来の大きさです。
入れる水槽がない…
しかたない、送るか…ぼそっ!
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 畦の水辺 | コメント:10 | トラックバック:0 
<<真冬なのに捕獲 | 懐かしき畦の水辺 | 警戒心が強くて…>>
この記事のコメント
no.1442:風邪で寝てる場合じゃない!
>更にタニシから始まった「貝の会」を存続させるべく
>因みにメンバーは秘密です
いつの間にそんな会が・・・・?(私が言うなって? そりゃごもっとも。)メンバーは最低4人はおるよね~(おるよね:長崎弁で「居るよね」って事)

>貝、貝、貝…大漁!
おお~凄い!!今回は大当たりでしたね。

>しかたない、送るか
ちょおっとぉまってぇぇぇぇ~~~~!!

・・・・・・と言うか

送 る つ も り で 

持 っ て 帰 っ て 来 た で し ょ う ?


まぁ、当然ながら大歓迎ですけどね。
2007-02-25 Sun 16:32 | URL | 火龍&D・イェンツ卿 #-[ 内容変更]
no.1445:
火龍&D・イェンツ卿 様
☆送るつもりで…
はい。
自宅で飼育するには無理があることは最初から解っていることでした。
いざとなれば田圃の泥を20センチ近く入れた発泡スチロールがありますし…。(本来の目的と違うけど)
ブログでお話しすれば誰か手を挙げるかもだし…。
ということで本日発送しました!
可愛がってあげてくださいね。
2007-02-26 Mon 00:17 | URL | 懐畔泥鰌&D.Indigo卿 #-[ 内容変更]
no.1448:
でかっ!!
二枚貝の数が全国的に減りつつある今、
これは貴重ですな。
2007-02-26 Mon 08:20 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1451:
以心伝心?、貝が繋ぐ麗しき友情?ですね。
私のところに12cmほどのドブガイがいましたが、砂が浅いので、少しだけしか潜れず、水槽オブジェの様な姿に。
最終的には不貞腐れて、潜ることすらしませんでした。
2007-02-26 Mon 12:37 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.1454:
最近、こんな大きい貝は、ホムセでしか見ないですよ。
小学生時代(20数年前)は家の裏100m程の場所に、手の加えてない用水路があって10cm超える貝が、たくさんいましたけどね。

(TVで見る)フランス料理に出てくるような大きな貝だったので持ち帰って、料理してくれと親にいったら捨ててこいと言われた記憶が。。今は3面護岸の汚い用水路です。
2007-02-26 Mon 23:16 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1455:
べーさん 様
貴重ですね。
生存が確認できるだけでもありがたく思えます。
でかいですよ…。
2007-02-26 Mon 23:21 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1456:
ryu-oumi 様
麗しき友情と言えば…
既に名簿?にryu-oumi氏の名前が…(爆笑)

砂に半潜りで貝が立っていると正に生きたオブジェですね。
貝がこのサイズだとやはり底砂の厚さは必要で、水槽の設備投資をして環境を整えてやらねば…。
ベランダにシマドジョウが越冬中の田圃の水と土を20センチ程いれた発泡スチロールがあるので、そこにこの貝を入れてもいいかと考えていました。
2007-02-26 Mon 23:32 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1457:
きつね 様
☆手を加えていない用水路…
これが基本ですね。
もっとも必要な措置を拒むものではありませんが…。

きつねさんもタナゴ繁殖用にいかがですか?
2007-02-26 Mon 23:35 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1467:
繁殖にチャレンジしたいところですが、今までマツカサガイで失敗しています。

生まれた環境によって、貝によって、二枚貝があっても産卵する気がおこらないこともあるらしいですね。

まずは地元で2枚貝と、タナゴの生息地をセットで探してみますよ。
2007-02-27 Tue 23:00 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1472:
きつね 様
もちろん同一環境にあるものが一番です。
二枚貝とタナゴの生息地がはやく見つかる事を願っています。
2007-03-01 Thu 00:38 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。