http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
泥鰌と葦登
2007-03-28 Wed 23:02
2月28日と3月14日にヨシノボリを1匹ずつ捕って銀鮒水槽と底髭水槽に分けて飼育しています。
一緒に入れると縄張り争いや喧嘩をするらしいのですが、今の所、他魚種とは特別に干渉しあったりしていないようです。
むしろ、いつも竹炭の筒にドジョウと一緒に入っています。
底髭水槽のヨシノボリは水槽に入れて約一ヶ月が経ちました。
餌はどの水槽もコリドラスのタブレットを与えています。
元気でいるので何かを食べているのでしょうが、未だにそれが何か解りません。
食べている所を一度も目撃していません。
生餌だとしたら混泳しているミナミヌマエビですが、特に減っている様子はないです。
正確なエビの数は判らないので、こっそり食べているのかも知れないな…。

餌を落とすと真っ先にギンブナが寄ってきて、水中で餌の落ち際を捕食しに来ます。
臆病者のギンブナが随分慣れました。
次に匂いに誘われ寄ってきたドジョウ達が底砂に落ちたタブレットを口に入れたり吐いたりしだします。
2匹のドジョウ達は2度目の越冬で更に太く長く存在感を増しています。
そんな中、ヨシノボリは目の前に餌があってもドジョウ達が夢中で漁っていても見向きもしません。
いったい何を食べているのでしょう?
泥鰌と葦登 1
こぶらとヨシノボリ
ヨシノボリがドジョウと顔を揃えています。
底ものや髭ものに愛嬌を感じる瞬間です。
彼らの暢気な顔に日常の煩雑さから解放され救われることが多いです。
縞泥鰌と葦登 1
シマドジョウと反りヨシくん
彼らは何を感じ、何を思っているのか?
そんな考え自体が人間の思い上がりでしょうね。
彼らは只、存在して生きているだけ。
生きているのに理由など要らない。
関連記事



別窓 | .底の帝国 葦登 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<若き日のこぶら | 懐かしき畦の水辺 | 雌ですかね?>>
この記事のコメント
no.1678:
ヨシノボリって、水槽内で巣を作り始めたりしますよ。
以前いたヨシノボリは、せっせと底砂を掘って巣を作っていました。
2007-03-29 Thu 00:43 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1679:
飼っていたときは捕食シーンも目にした記憶がありますが何を食べさせていたのかは覚えていません・・
フレークフードか冷凍アカムシだったとは思うのですが・・
2007-03-29 Thu 21:10 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1681:
べーさん 様
ヨシノボリの巣…見てみたいです。
中層の魚達も好きなのですが、ヨシノボリたちの顔を見ていると和みます。
2007-03-29 Thu 22:23 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.1682:
はむたん 様
相変わらずコリドラスのタブレットが主食です。
乾燥アカムシ等が粉末になっている川魚の餌なるものを時々振りかけます…。
夜、食べているのでしょうか?
捕食するタイミングを捉えられていません。
2007-03-29 Thu 22:25 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。