http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
ヌマガイ
2007-04-13 Fri 19:17
持ち帰った小型のヌマガイをコリドラス&ヤクト水槽と机の上の小型水槽に一匹ずつ投入しました。
ヌマガイ 4
コリドラス&ヤクト水槽
早速、ヤクトが乗りかかって貝殻をツマツマしていました。
苔が付いているのでしょうね。
GTの時もそうでした。
このヌマガイはこの数分後、右側の炭を押しのけて潜り始めましたが、半分出ています。
ヌマガイ 1
君達もか…
机の上の小型水槽に投入した途端、ミナミヌマエビが群がってきました。
こんなにたくさん乗らなくてもいいのに…。
余程エビにとって好物の苔が付着しているのでしょうね。
延々と集っています。
ヌマガイ 2
大きく感じる…
このヌマガイは激しく移動します。
底砂を掻き回して貰う目的で入れたのですが、ブルトーザー級です。
背後に青い鉢がありますが、そこを数十分で一周してきました。
貝って口側を底にして立って移動するんですね。
その移動速度は速いです。
知らなかった。
ヌマガイ 3
水槽の角で行き止まり…
鉢を一周して水槽の角で行き止まりました。
暫くしてガラス面に沿いながら反対側へ移動し始めました。
殻が出ているので相変わらず複数のミナミヌマエビに乗られています。
平らだった底砂は隆起が激しい波上に変わりました。
ヌマガイが潜れるほど砂の厚さがありません。
生きたオブジェとなりそうです。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<越冬したのに… | 懐かしき畦の水辺 | 野路菫 2>>
この記事のコメント
no.1750:
ヌマガイさんはもぐらなくても平気なのですか?
我が家のミナミヌマエビは石巻貝にたかっています
やっぱりたかるのがすきなのでしょうね
2007-04-13 Fri 22:34 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1752:
はむたん 様
この水槽の砂の厚さでは完全に潜りきるのは不可能なようです。
それにしても良く動き回りますよ。
潜れないからでしょうね。
底髭水槽に移します…。
2007-04-13 Fri 22:42 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1754:
家のヌマ貝は残念な事にお亡くなりになってしまわれました。
ササノハも取り合えずは生きてはいるのだろうけど、なんか元気なさそう・・・。(あくまで勘ですが・・・。)
やはり水槽飼育は無理なのか・・・?
2007-04-14 Sat 23:29 | URL | 火龍&D・イェンツ卿 #-[ 内容変更]
no.1757:
タナゴにだいぶ婚姻色が出てきたので
貝を入れたいんだけど、貝は中々水槽で飼育するのが
難しいんですよね・・・
2007-04-15 Sun 07:35 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.1760:
火龍&D・イェンツ卿 様
あぁ、ヌマガイくん…。
色々原因はあるのでしょうが、砂(本来は泥)の量が大きく関連しているようです。
貝の餌となるプランクトンが水槽飼育では一番の課題ですね。
私は底砂を最低でも2~4センチは敷いています。
シジミは小さいので完全に隠れていますが、小さめでもヌマガイはやはり潜りきれずに殻を出しています。
2007-04-15 Sun 23:02 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1761:
べーさん 様
特に二枚貝の飼育は難しいですね。
私も試行錯誤の連続です。
ryu-oumiさんが言われるように緑水状態でなら比較的長く飼育できる様です。
ベランダの田圃環境はもともとの泥と田圃の水を使っているので元気だったりします。
もっとも止水状態で、まだまだ気温が低いので生きていますが、夏の高温対策はまだ決めかねています。
餌は自然発生するプランクトンなんでしょうね。
2007-04-15 Sun 23:06 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。