http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
惜しいことをしました
2007-05-06 Sun 16:05
簡単に昼食を取り、少し中流域に移動してガサを開始しました。
画像がありません。
それが全てを物語っています(悔涙)

私は釣りを含め、現在まで数々の魚を採ってはきましたが、水に入ってやるガサというやり方は今回が初めてでした。
思った通り嵌りました。
今まで岸の縁を水側から探るなんてやれませんでしたから。
ryu-oumi氏の方法を参考にタモを入れていましたが個性というか習慣がでますね。
今回のポイントでのryu-oumi氏のガサ方法は慎重でピンポイント攻撃型でした。
水面を凝視し狙った獲物を外さず掬います。
私はゲリラ的パルプンテ方式。
タモを入れて掬い上げるまで何が入っているか判らないお楽しみ状態(撃沈)
静と動と言えなくもない…。

後半戦、ryu-oumi氏は上流側、私は下流へ向かって行きました。
既にアジメドジョウは採取ではなく漁と化していました。
ヨシノボリに至ってはタモに入ると即刻放していました。
が、それさえも面倒になってアジメドジョウと一緒に発泡クーラーに入れたのが数匹います。
アカザも既に数えてない…。
初めてのガサで嬉しい思いをさせて貰いました。
その中で極めつけが細長い底物。
3匹ほど群れていて一匹だけ掬い上げることができました。
夢中になってやっていたので私が荷物のある基点に戻った頃には既にryu-oumi氏は休憩中でした。
「底物好きですよね?長物は?」
「何か採れましたか?」
「ウナギ。たぶん…」
それを見たryu-oumi氏の表情が変りました。
「こ、これヤツメウナギじゃないですか!おぉ~、ヤツメウナギがいるんだ!スゲ~、懐畔さん、なんでも採りますね?」
「う。何でもと言われても…。パルプンテ方式だし。そうだったんだ。そんなに凄いことなんだ。」
「うみへびさんが羨ましがりますよ。先回も採れたらいいなって言っていましたから…。きっとこれ目指してまた来ますよ」
その後のryu-oumi氏の行動は素早かったです。
さっと起き上がり、ヤツメウナギのいた場所に向かいました。
私はそこへ案内した後、上流側でガサを再開しました。
ヤツメウナギは青っぽい体色で発泡クーラーの側面に口で吸い付いていました。
横から見ると目のような穴が体線にそって並んでいます。
結局、二人ともそれ以上ヤツメウナギを捕獲することはできませんでした。
そして最悪の事態が…。
なんと捕獲したヤツメウナギがガサをやっている最中に発泡クーラーから脱走してしまいました。
蓋が無かったのです。
「な、なんてことだ。画像も残してない…」
二人して落胆しました(大涙)
そんな珍しい物なら、すぐさま画像に残しておくべきでした。
本当に惜しいことをしました。
悔やまれます。

午後4時にガサを終了しました。
アジメドジョウは唐揚げにして食べたらお腹いっぱいになるほど採れました。
その中から大きめのアジメドジョウを10匹ほどと小さな個体のアカザ2匹とカワヨシノボリ1匹とスマートなシマドジョウをお持ち帰りすることにしました。
他にryu-oumi氏がくれたトウヨシノボリとカマツカが5匹います。
最後に心残りな事件が起きましたが、次回に再挑戦するための出来事と捕らえ今回のガサを終えました。
待望の川魚たちに出逢え、珍しい魚達にもお目にかかれました。
今回のために購入したウェダーは今後大活躍しそうです。
帰宅して持ち帰った魚を5つある水槽に振り分けました。
トウヨシノボリは綺麗な発色を見せてくれます。
既にメダカを狙ってますが…。
カマツカも愛嬌のある顔を見せてくれます。
アジメドジョウはドジョウやシマドジョウと一緒に入れていますがそれぞれの体型が種の個性を帯びて泥鰌天国の水槽になりつつあります。
ピンク系の体色をしたアカザは気紛れに姿を見せてくれます。
ナマズの仲間が来ました。
それぞれの水槽での様子は今後、ご紹介します。
ガサ!楽しかったです。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:11 | トラックバック:0 
<<底砂について | 懐かしき畦の水辺 | 成果上々!>>
この記事のコメント
no.1903:
ヤツメウナギだったんですね。何ヤツメだったか見たかったですね。

次のリベンジ目標ができることは良いですよね。
うちの場合、うみ~さんの静岡遠征から続いたアユカケリベンジを先日終えましたが、夏に来るうみ~さん用に確実に見つかるポイント探しを始めようと思っています。
2007-05-06 Sun 16:38 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1906:
きつね 様
色は随分と青っぽかったんですがスナヤツメですかね。
25センチくらいです。
脱走するとは…。
リベンジしたいです。
2007-05-06 Sun 21:07 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1907:
カワヤツメかスナヤツメかどちらでしょうね。
カワヤツメの方が大きくなるようです。スナヤツメは20cm程度ということですが、詳しくは知らないです。
2007-05-06 Sun 21:46 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.1909:
八目鰻さん惜しいことをしましたね
鰻はよく脱走します
私が飼っていたときも脱走して干し鰻になってしまいました
水槽もにぎやかになったのでしょうね
画像楽しみにしています
2007-05-06 Sun 23:18 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.1910:
はむたん 様
そうでした。
何度か、はむたんさんからお聞きしていましたね。
画像が残せなかったのが悔やまれます。

どの水槽も日淡で賑やかになってきました。
身近に川魚を見ていると癒やされます。
2007-05-06 Sun 23:30 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1912:リベンジ
スナヤツメは残念でしたねー!隙を見せると容器を登って、脱走を試みていましたので、1枚でも先に写真をとっていればと公開します・・・次回は泥鰌天国プロジェクトのために仏を狙いましょう。
2007-05-07 Mon 08:15 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.1916:
ryu-oumi 様
何はともあれ画像に残す!良い教訓になりました。
次回は仏さま狙いますね。
地図を広げて近場を検討中です。
川はたくさんあるのですが、河口域の平野地域なので上流に行くと他県になってしまいます。
ま、いいですけど…。
楽しみが増えました。
2007-05-08 Tue 01:34 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1922:はじめまして~
はじめまして、うみへびと申します。
きちんとご挨拶するのは初めてですね、ちらほら名前が出ていましたので書き込みさせて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。

ヤツメウナギと出逢えたんですね! 羨ましい!!
私はヤツメのあの口を直に見てみたくて
ヤツメを探してはいるのですが残念ながらまだまだ。

写真を撮りそびれたのは残念とは思いますが、
その分、またリベンジするという楽しみも残りましたし
次も頑張ってみましょう。その際、ご一緒出来るといいですね。

ああ滋賀に行きたい。
2007-05-09 Wed 00:15 | URL | うみへび #MlQgtKFg[ 内容変更]
no.1926:
うみへび 様
こちらこそ宜しくお願い致します。
ヤツメウナギを捕獲しました。
発泡クーラーの壁に口を吸盤の様につかって身を固定していました。
簡単に調べてみたところ、水面に上がってくるのはこの時期だそうですね。
近い内に再度、挑戦ということも視野に入れておきます。
機会があれば是非、ご一緒させてくださいね。
事後報告になりますが、リンクしました。
2007-05-09 Wed 01:31 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.1933:リンクさせて頂きました
リンクありがとうございます。
早速こちらもリンクを貼らせて頂きました
何か不都合等ございましたらご連絡下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。
2007-05-09 Wed 12:47 | URL | うみへび #MlQgtKFg[ 内容変更]
no.1941:
うみへび 様
機会がありましたら、是非一緒にガサして下さい。
こちらこそ色々教えてください。
知らないことが多いので…。
よろしくお願い致します。
2007-05-10 Thu 19:40 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。