http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
御護りと宝物
2007-06-12 Tue 19:25
6月の始めに「べーさんの毎日が思いつき日記」のべーさんにアカザをお送りしました。べーさんはそのお礼にと大変貴重なものを送って下さいました。
嬉しさと共に大変恐縮しています。
ありがとうございました。
暫くは私が独りで楽しんでいたのとブログに掲載して良いものか迷っていたのですが、べーさんの許可を得ましたので感謝と共にご報告申し上げます。

まず、ひとつはナマズの土鈴です。
ナマズ土鈴 2
空冷ファンに鎮座
涼しげな鈴音が心地よいです。
神社へ行って社務所に土鈴が置いてあるとついつい買ってしまいます。
それぞれの社(やしろ)によって様々な形があるのと素朴な音色に惹かれます。
鈴の音は悪霊を祓い、辺りを浄化すると言われています。
ナマズ土鈴 1
赤佐専用水槽の御護り
ナマズの土鈴はべーさんのブログの記事で拝見していました。
柔和な顔をしていて可愛いです。
ナマズ土鈴は赤佐専用水槽の御護りとして鎮座して貰うことにしました。


そしてもうひとつ貴重な宝物を頂きました。
縄文石器 1
縄文石器
縄文石器 2
石斧
一目見て解りました。
なんと憧れの縄文石器ではないですか!
出土した時の土もほんの少し付いています
これは石鑓(いしやり)の先かと思ってました。
縄文中期~後期頃の南九州系の石斧だそうです。
一万年以上続いた縄文時代の残り香が漂って来そうな気配がします。
縄文時代は数千年単位で徐々に変化し、悠久なる時間差によって形作られて行きました。
集団規模の大小を問わず、何波もの部族がこの地に移動してきました。多くは緩やかに融和し、交流して縄文文化を創り上げました。
従って一概に縄文人と一括りすることはできかねます。
時間差がありながらも中国北部からシベリアを通り北海道経由で南下したグループとインドネシア、タイなど現在の東南アジアから海流に乗って九州に上陸したグループがあるようです。
もっとも現在の日本海はまだなく巨大な湖だった頃から、各集団の移動は行われ、地殻変動を繰り返し、日本海側へも暖流が流れ込んで現在の地形に近くなった頃、九州地方へ南方系の海洋文化を持った縄文民族が渡ってきたようです。
縄文石器 4
錐形に角度がついている
私が日本の縄文文化に憧れるのは、日本列島内で一万年以上も本格的な農耕や牧畜をせず、採集型の生活をしていた世界でも稀な文化を持っているからです。
自然との共存を一万年以上も続けて暮らしていたとも言えます。
縄文石器 3
加工痕
縄文時代の人々は広域な村落間での交易を行ったり、巨木の柱を使い高度で荘厳な建築をしていました。
特に九州系の縄文遺跡から出土する石器類は本州系のものより先進性の高い遺跡や道具等が発掘されています。
南方系の縄文人は渡航技術に優れ、磨製石斧などで丸太を削ってカヌーの様な船を作っていました。
日本の縄文文化は、高い技術力を持ち、万年の歳月を自然と共に暮らしてきました。
その源日本人の遺伝子を私達も引き継いでいることに誇りさえ感じます。
縄文石器 5
先端部
縄文の文化は遺跡からの発掘物からしか推し量ることができません。
文献としては残ってはいません。
もっともっと遺跡や遺物から計り知れない技術の解明が進むことを願っています。
縄文石器 6
石斧の台座
アカザが思いもよらぬ憧れの縄文石器に変わりました。
縄文の薫りをひしひしと噛みしめながら、毎日眺めています。
べーさん、ありがとうございました。
大切な宝物です!
関連記事



別窓 | .底の帝国 赤棘 | コメント:7 | トラックバック:0 
<<捕まえた! | 懐かしき畦の水辺 | 赤虫給餌器 稼働>>
この記事のコメント
no.2187:
この石器は鹿児島に居たころ、懇意にしていただいた方から頂いた数点のうちの一つなんですが、いくつも私が死蔵しておくよりも、より縄文に興味があり、より大切にしてくださる方に送るほうがいいと思い、贈らせて頂きました。
気に入っていただいたことは、懐畔泥鰌さんの気合の入った記事から十分伝わってきてますので、私としても嬉しく思ってますよ。

どうぞ、いにしえのロマンをご堪能ください。この石斧で木を切るとかwたぶん、割れますけど。
2007-06-12 Tue 21:58 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.2188:
あ、余計な指摘かもしれませんが、
石斧の先端は、3枚目の写真だと向かって左、
4枚目だと向かって右になります。
つまり、台座と書かれている部分が先端の切っ先です。
切っ先と思いになっている部分は、石斧の根元になる部分で、折れているためにそういう感じになっています。
2007-06-12 Tue 22:09 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.2190:
ナマズくんの土鈴いいですね~。
縄文の石器もいいものですね。

うちのナマズくんは、ふよの友達兼ライバルですよ。
2007-06-12 Tue 22:23 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.2195:
べーさん 様
ありがとうございました。
木を切ったり、何かを砕いたり…。
絶対にやりませんが、それでも試したくもあります(爆)
ご指摘ありがとうございました。
逆でしたね。
さっそく訂正します。
2007-06-12 Tue 23:06 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2196:
きつね 様
ふよまんはナマズ土鈴をライバルと?(爆)
可愛らしい音がします。
縄文石器は石の重み以上に時代の重みを感じます。
2007-06-12 Tue 23:12 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2201:
うちのなまず君は、土鈴ではなく陶器の置物です。

べーさんに何かお返しができるようになったら、土鈴くださいとお願いしようと思っていますw
2007-06-14 Thu 21:16 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.2205:
きつね 様
置物だったんですね。
どちらにしろナマズは可愛いです。
2007-06-14 Thu 22:23 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。