http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
なけなしの夏休み
2006-08-14 Mon 13:45
七月、誕生日が来ると夏休みが始まる。夏はとても好きな季節でした。
いつの頃からか、目の前のことに追われ、精々暑さをどうしのぐかばかりなのに気付いて悲しい・・・。

この休みに車で35キロ、いつもの素堀の田圃に行ってきました。
他県ナンバーの車を停め、タモとバケツと透明プラケースと発泡クーラーとカメラを持って畦を怪しく彷徨う姿は農家のおじいさん、おばあさんに大人気・・・(^^;
だって目立つし・・・。
あ、暑い~。み、水をください・・・。

これ以上、掬ってこないようにきつく言い渡されし厳命はメダカの群れを目に留めた瞬間にあっさりタモ入れの早業と化しました。


メダカ30匹
メダカ30匹・・・どぉ~する~?お持ち帰りは計画的に!


向かう途中で小さなプラケースを買いました。290円。
幼い頃、学研の付録に付いてきて、虫や魚と遊ぶ必須アイテムだったプラケース。
掬った魚を入れて撮影したら放流するという当初の計画は簡単に崩れ去りました。
現在、メダカ達は自宅水槽に適度に分散されております。

出会いは突然・・・。
メダカ掬いに夢中になっていて気付いた時にはバイクにまたがった警官がそこにいました。
(う・・・職質か?)
「なにやってみえるの?」(地元アクセント強し・・・)
「メダカ捕ってる・・・ほら!」(発泡クーラーを見せた)
「メダカなんか、おるのか?昔はよ~け~(たくさん)おったけどなぁ」(顔がほころびた)
「確か、あそこのお寺の横の水路によう~けおったよ。あの堤防あがって伝っていけば行けるから・・・」(親切に案内してくれた)
「まぁ、頑張ってください」(そのまま走り去った)
親切な警察官殿、お役目ご苦労様です。


素堀の田圃
貴重な田園


今回は、水路に水がなみなみと張ってありました。
田圃の持ち主のおじいさんに畦で話しかけられました。
「なにやっとんの?」
「ドジョウ捕っとるの・・・」
「おるんか?」
「うん」
「昔はようおったけどな・・・」
田圃での定番のご挨拶となりました。
そのおじいさんにこの田圃のことを訊いてみました。
「ここは素堀の水路ですね。探して探してやっと見つけました。どこもコンクリートのU字溝ばかりで・・・」
その言葉におじいさんの表情が急ににこやかになり、話し始めました。
「ここは昭和39年に新田として開拓したんや。当時は4つの川と沼ばかりだった。ここと向こうの部落は素堀を残したんじゃよ。今の者達ではもうこんな農業はできん。」
「畦の草取りも、水路堀も手間は掛かるがな。生き物には優しいよ・・・」
「そうか・・・。昔のように遊べるか?」
「はい!遊べます。大変なのは判ります。よそ者が言うことではないのでしょうが、どうかこういう田圃を残してください・・・」
「うん、うん、残さなんとな・・・」
そんな会話をしてホンダのカブにまたがって去っていきました。
嬉しそうで満足げなおじいさんの顔が印象的でした。


畦切り
水がいっぱい張られていました

7月10日前後に一旦、水抜きをしたと言っていました。
その時は逃げ遅れた魚たちを掬い放題でした。
銀鮒もタモで掬えました。
今回は日照りと稲の水遣りの為の入水だそうです。
この水の管理の塩梅が稲作の技術です。

水入れ
田圃に水が入っていました

メダカが水温の高い時期になると数ヶ月に渡って卵を産み続けるのは田圃の水抜きと関係があると聞いたことがあります。
田圃は流れもなく外敵も比較的少ないため、産卵には向いている水域です。
ただ、水を抜かれたり、入れられたりして逃げ遅れる個体も多くなります。
もっともその亡骸はバクテリアによって分解され稲の肥料になっていきます。
人と水田の長きに渡る共存は半自然環境を形成してきました。
メダカは個体を存続させる遺伝子の智慧として水温の高い時期に長期間産卵を続ける様になったのだと言われています。


輝きドジョウ
輝きドジョウ

結局、我慢できずにドジョウも3匹。
このドジョウだけ頭からエラの部分が緑色に光るのです。
シマドジョウに模様が似てるし・・・。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 畦の水辺 | コメント:15 | トラックバック:0 
<<歩いていける水路 其の壱 | 懐かしき畦の水辺 | 隠れ家>>
この記事のコメント
no.66:
>お持ち帰りは計画的に!

まさにな、お言葉胸に染みます。
しかし、一度も守れたことがありません(苦笑)
人間って、本能に忠実な生き物ですね。

それにしても。
素敵な風景ですね。
私も、地元駅前には水田と川というような、大阪とは信じられない土地に住んでいますが・・・やっぱり、コンクリで固められてしまっています。
自然のままの美しさや、豊かさは残って欲しいですね。
2006-08-14 Mon 18:03 | URL | せーと #-[ 内容変更]
no.67:
連続投稿失礼します。

髭物リンク有難う御座います。
私も張らせて頂きますね^^
2006-08-14 Mon 21:15 | URL | せーと #-[ 内容変更]
no.68:お疲れさまです。
いい田園風景ですね。
実は、車で2分も走ればこんな風景の場所にいるんですけどね。
やっぱりホッとするいい景色です。
でも、田園の水路で採集なんてずっとしてませんねぇ。
5年ほど前に、子供とたんぼに行きイモリやタイコウチを捕まえたくらいでしょうか。
ウチの近所の田園にもドジョウがいるのかなぁ。
ハヤ稚魚が水槽飼育とか出来た場合にドジョウって一緒に飼えるでしょうか?
ドジョウって水質改善の役割をする聞いたことがありますが?
あとエビとかも同居させるとよさそうですけどね。



2006-08-14 Mon 21:49 | URL | blueboy #-[ 内容変更]
no.69:職質
こんばんは!
不審人物に思われる。そう、これが怖いんですよ!
子供連れだと、網もってても堂々としてられるんですけどね。

しかし、今でもこんな畦があるんですね。
水路と田んぼとで、生物が行き来できるいい環境です。
うちの方ではほとんどありません。
悲しい・・・
2006-08-14 Mon 22:00 | URL | マッサ #JalddpaA[ 内容変更]
no.70:
昔ながらの田んぼは、人為的な存在でありながら、自然と人間がバランスよく生活できるという実例的存在といえますよね。それぞれの生態を互いに強め合うことができた。ライスフィッシュと呼ばれるめだかは、ある意味、日本数千年風土を共に造り上げてきた盟友といっても過言ではないはず。まそれをいったら、地球上全ての生体が盟友であるということでもありますけど。情景が実に浮かぶ素晴らしい記事ですね! 
2006-08-14 Mon 22:01 | URL | よっちゃん@ #-[ 内容変更]
no.71:
せーと 様
リンクありがとうございます。
自宅は郊外で田圃はあるのですがコンクリートですね。
オタマジャクシやザリガニはいるのですが・・・。
髭物や底物は激減しているようです。
でも、いるので・・・ナマズ捕まえたら報告します。
飼えないけど・・・(ToT)
2006-08-14 Mon 22:51 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.72:
blueboy 様
イモリやタイコウチがいるのですか?良い自然が残っていますね!
田圃と水路が行き来できることでイモリなども生息できるそうです。
きっとドジョウはいます。
ドジョウは他魚と同居できます。飛び出し注意です。
稚魚はプランクトンやイトミミズなどを好んで食べますが、成魚は基本的に植物性の餌を好みます。
大きな個体だと口に入るものは何でも食べちゃうらしいですが、肉食ではありません。
砂はあった方が良いと思います。できるだけ細かいものをお勧めします。
砂に潜って顔だけ出してるドジョウも好きです。
エビくんの方が注意が必要かも知れません。
スジエビとかは肉食ですし・・・。
また、遊びに行きますね!



2006-08-14 Mon 23:14 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.73:ばんは^^
懐畔泥鰌さん
自分とことリンクお願いしていいですか?
こっちは先にしときます^^;
2006-08-14 Mon 23:21 | URL | 糸色女子言周 #sSHoJftA[ 内容変更]
no.74:
マッサ 様
コメントありがとうございます。
実は自県と川を挟んで両隣の県を隈無く探しての結果です。
田圃はあれど、この風景にはなかなか出逢えませんでした。
金曜日の夕方、仕事帰りに拠ったりします。
ネクタイに革靴でタモを持っていたら不審人物。
時々します。
「子供の夏休みの研究で・・・」とごまかしたこと。
時々あります。
今後ともよろしくお願いします。
2006-08-14 Mon 23:23 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.75:お邪魔します
いい風景ですね
こんなところを嫁と二人で網を片手にどれだけ探したことかw
さすがに35キロも探してませんがw
私の周りも数年前までは素掘りの水路がたくさんあったのにいつの間にかコンクリの水路ばかりになってしまってめだかがいなくなってしまってます

私も昔は日淡が好きで鯉や(普通の黒いやつw)フナ、ナマズ、ハヤ、ウナギなど飼育してました
すべて自己採取物ですがw

私も暇を見て自然を探しに出かけて見ますね

PS リンクを張らせて頂いてもいいでしょうか?
というか張らせて頂きます
2006-08-14 Mon 23:25 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.76:
よっちゃん@ 様
メダカやドジョウは日本人の歴史です。
稲作が人為的であるが故に共存してきた事を誇りに持てますよね。
まさに盟友です。
日淡が好きなのはそんなところを強く感じるからです。

水路にいるメダカは群れています。
多少の速さがあればタモで掬えます。
水槽のメダカは縄張りがあります。
う・・・。可愛いです。

2006-08-14 Mon 23:33 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.77:
糸色女子言周 様
ありがとうございます。
リンク張らせていただきます。
遊びに行きますね。
あの笑いに触れたくなる・・・。
2006-08-14 Mon 23:37 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.78:
はむたん 様
コメントありがとうございます。
実は仕事の担当地域が他県なんです。
高速使って移動するのでなんとかなりますが・・・。
実は担当地域とは違う県まで内緒で遠征して見つけました。
よって自宅からこの田圃に行こうとすると30キロほどあると言うことです。
リンクありがとうございます。こちらからもリンクしますね。
よろしくお願いします。
2006-08-14 Mon 23:42 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.79:
お疲れさまです。
ドジョウを探してきましたが見つかりませんでした。。。というか、探し方が下手なのと、採集方法がイマイチ分からなかったせいかも・・・です。言い訳ですが。
また機会を作って行ってきます。
2006-08-15 Tue 23:04 | URL | blueboy #-[ 内容変更]
no.80:
おぉ~、ドジョウを掬いに行かれましたか?
髭物底物仲間と呼んでます。
なんか嬉しい (^^)//

難しくお考えにならないで下さいませ・・・。
水底の泥を浅めに掬うだけです (^^;
2006-08-16 Wed 00:15 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。