http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
こぶら逝く
2007-07-08 Sun 18:28
ブログを始める動機を与え、最大の伴侶の一匹だった泥鰌のこぶらが落ちました。
なんの予兆もなく、突然でした。
縦に浮いているその姿を見た時、声も出ませんでした。
朝はちゃんと挨拶したじゃん…。
こぶら 1
こぶら。(3日前の画像)
彼と出会ったのは3年前の夏です。
蓮の水路で採取しました。
田圃は近くに沢山あるのに泥鰌や目高が直ぐに見つからず、水路に生き物が殆どいない状態に衝撃を受けていました。
田圃は近所にもたくさんあるので、子供の頃、身近にいた泥鰌や目高ならすぐにタモで掬えると思っていました。
こんなに田圃があって何故、泥鰌がいないのか?
愕然としました。
何が原因なのかを調べました。
他県も含め、随分と田圃の水路を見て回りました。
どこもコンクリートで固められたU字溝の水路でした。
U字溝では田圃との段差がありすぎて、泥鰌や目高達が産卵場所である田圃への行き来ができず、生息場所がなくなってきていることが解りました。
圃場整備で殆どの田圃の水路がコンクリート化し水利管理を行っていました。

泥鰌を求めて、様々な水路でタモを入れていました。
その頃、やっと出逢った泥鰌が底髭水槽の「こぶら」と「どじょお」でした。
こぶら 2
こぶら遺影
そんな思い入れのある泥鰌の一匹がこぶらです。
泥鰌の雌雄は鰭、背中の瘤、腹の脹らみなどで判断します。
夏にタモで掬ったとき、既に彼らはひと冬を越した個体で5センチ以上ありました。
水槽で飼い始め、更に越冬をした春頃から背中の瘤が目立ち始めました。
鰭の形状からも彼が雄であることを知り、雌の泥鰌を採取したいと田圃の畦に通い始めたのが、素堀の水路を見つけることに繋がりました。
現在のガサへいたる軌跡でもあります。

蓮の水路で農家の方とお話しした時に出た言葉が今も気になっています。
「昔は沢山いたけどな。今は畦に除草剤を撒くのでいなくなった。最近見ないよ。」
よく聞く言葉ではあります。
当初、こぶらの背中の瘤は雄の証だと思っていました。
それは正しいことでもあります。
でも、気付いていました。
彼は奇形でした。
恐らく除草剤や農薬によって影響を受けたのだと思います。
落ちてしまった原因は定かではありません。
余りにも突然で、塩浴なり、何らかの対処さえ出来ませんでした。
早く雌の泥鰌をみつけて一緒にさせてやれなかった事が本当に悔やまれます。
約三年間の付き合いでしたが、現在のブログやガサの原点になる泥鰌だけに衝撃の大きな出来事でした。
今まで楽しませてくれてありがとう。
こぶらに感謝します。
関連記事



別窓 | .底の帝国 泥鰌 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<仏泥鰌 | 懐かしき畦の水辺 | 初仏!>>
この記事のコメント
no.2340:
哀しいですね。うちも、ブログを開始するきっかけになったイモリのいもたん、でぶちんが死んでしまったら。。と考えるとその辛さ良くわかります。

夏場、冬場の突然死は、寿命ではないかと思ったりします。今は、飼育経験が浅くうまく説明できませんが、こぶらくんが懐畔泥鰌さんの家で過ごした時間は有意義だったと思いますよ。

お互い、今後の飼育に活かせると良いですね。

皆さんのブログで辛い記事が続いていますが、その経験が飼育していた方だけでなく、ブログを拝見している皆さんの経験にも繋がっているように思います。
2007-07-08 Sun 22:02 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.2341:
きつね 様
ありがとうございます。
哀しき別れではありますが、彼のくれた貴重な経験を生かしていきたいと思います。
ブログで記事を書くことで、こんなこともあるといった程度ですが情報提供になれば幸いです。
2007-07-08 Sun 23:30 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2343:訃報続き
この季節、やはり訃報が多いですね。
愛着のある魚達が逝くのは悲しいことです。
我々”ガサする者”は自分で捕まえ
選別し持ち帰っていますので
特に愛着があるのかも知れません
御悔やみ申し仕上げます。
2007-07-09 Mon 09:56 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.2344:
こぶら君残念でしたね
このところ大きな個体の☆が多いようですが
寿命も関係しているのかもしれませんね
2007-07-09 Mon 21:31 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.2345:
ryu-oumi 様
飼育期間が経つほど更に愛着は強くなりますね。
水槽全体が崩壊しているわけではないので、個別の寿命なんでしょうけど…。
こぶらくんは娘が採った泥鰌なので…。
2007-07-09 Mon 22:13 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2346:
はむたん 様
今までに他の魚も落としているのですが、最近は思い入れのある個体が落ちていくので、かなり堪えます。
仕方のないこととはいえ、感情移入していたりします。
2007-07-09 Mon 22:15 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。