http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
ホトケさま
2007-07-18 Wed 19:29
2匹になった仏泥鰌の一匹を先週の初めに机の上の小型水槽に移しました。
彼はシャイで中々、姿を現しません。
底髭水槽にいるホトケくんは比較的姿を見せる方ですが、通常はどちらも物陰に隠れています。
何故だ!
中層を泳ぐって?
おそらく水流の関係だと思います。
小型水槽なので通常の濾過器の水流は強いのですが、現在はほぼ最強の状態で循環させています。
縞泥鰌や味女泥鰌に環境を合わせているため、田圃の水路にいる泥鰌や仏泥鰌には強すぎるのだと思います。
それでも他の方の仏泥鰌の記事を読むと水流があっても平気で泳いでいるみたいなこと書かれてあるのですけどね。
ま、個体差なのかも知れません。(あばうと)
泥鰌達 2
初めての画像がこれ!
やっと机の上の小型水槽にいる仏泥鰌の画像が撮れました。
単独では無理です。
必ず他の泥鰌達と一緒にいます。
赤棘とも同居します。
最近は石の下に穴を掘って隠れています。

泥鰌達 1
味女泥鰌と仏泥鰌と縞泥鰌
どの泥鰌も特徴的な顔をしています。
このホトケさんは今の所、他の生体に手出しすることもなくひっそりと物陰に隠れ、ミニキャットや川魚の餌などを食べています。
温和しくてありがたいのですけど…。
関連記事



別窓 | .底の帝国 仏泥鰌 | コメント:8 | トラックバック:0 
<<晴れ姿! | 懐かしき畦の水辺 | お前だろ!>>
この記事のコメント
no.2409:
うちのホトケドジョウたちも、採取地が同じ為かシャイです。
ということで、浜松某所のホトケはシャイと認定w

流木の下に隠れてあまり出てきません。ので、あまり紹介できないのです。
2007-07-19 Thu 00:05 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.2410:
おおおおぉ~、なんとかわいいツーショット&スリーショット。たまりません(ちゅるるっ)
中層を泳ぐ姿を見られないのは残念ですが、こんな素敵な姿が見れるのであれば、それはそれでありありです。
中層の水草にもたれかかって休んでいる姿もいいですけどね。
うちのホトケさんは、やはりスネスネモード。中層どころかすっかり姿を見せなくなってしまいました。
溶けた?と思いましたが、おととい一応姿確認。本当にすねてしまったようです。
2007-07-19 Thu 00:41 | URL | chio #-[ 内容変更]
no.2411:
うちの浜松市採取のホトケは常に隠れていますが、御前崎市採取はよく顔を出して底をチョロチョロしていますよ。
(by父)
2007-07-19 Thu 17:17 | URL | 龍馬(本人) #-[ 内容変更]
no.2412:ホトケさん
我家のホトケは流れOKですね。
しかし、流れに乗ってヒラヒラしているアジメの尾鰭をカジっていることも・・・
主食のテトラミンと間違えているのだろうか?
好物は、赤虫やイトメですね。
2007-07-19 Thu 18:11 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.2416:
きつね 様
きつねさん所もそうなんですか。
採取値が同じ…。
DNAなんですかねぇ。
この画像も貴重な一枚で、なかなか出て来ません。
一匹落としているので、いないと心配になって探したこともありました。
現在も普段は消息不明ですが、餌をやると出てくるので確認して安堵しています。
2007-07-19 Thu 23:11 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2417:
chio 様
可愛く撮れて良かったです。
が、また餌の時以外は消息不明です。
chioさんのホトケさん、まだ、拗ねてますか?
気位が高くてナイーブなのかもしれませんね。
水草にもたれ掛かってるホトケさんも見てみたいぞっと。
2007-07-19 Thu 23:14 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2418:
龍馬の父 様
採取地によって様々なのが不思議ですね。
そしてネットで様々な状況が情報交換できて嬉しいです。
ryu-oumiさんのホトケさんはアジメドジョウの尻尾囓ってるみたいだし…。
日本固有種だそうですが、更に地域固有の特性というか性格があるようですね。
面白いです。
2007-07-19 Thu 23:18 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2419:
ryu-oumi 様
目の前を動くものに興味を示すのかも知れませんね。
生息していた場所は止水ではないのですが、流れがあるかないかのかなり緩やかな所でした。
流れがあってもOKなのはいいですね。
うみへびさんが仏泥鰌を採取した場所も流れのある川の様でした。
種としては流れがあっても大丈夫であることが解ります。
慣れてくれば出て来てくれるかも知れません。
2007-07-19 Thu 23:24 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。