http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
2006-08-19 Sat 02:29
ドジョウやメダカを飼育する上で一番拘ったのが砂です。
できる限り生息域の状態にしたいという想いがあります。
砂。
身近にあるもの。
だった筈なのに…。

砂を求めて、熱帯魚店を5件ほど探し回りました。
しかし、ドジョウやメダカに最適だと思える砂はありませんでした。
一番、細かいと言われた砂は「田砂」という名前で売られていました。
これは田砂と違います。

市販の砂
田圃で使っている砂はこんなに粗くないです
ない!
自然にある細かい砂。
こう言う時に熱くなってしまう性格なのです。
全く未知のものならともかく、子供の頃、細かな粒子の砂は、探せば身近にありました。
砂さえも無くなったか・・・。

今の田圃の水路はコンクリート化されています。
水田の泥が流れ出てU字溝に溜まります。
その泥を溝浚えして畦に放置してあります。
農家の方に事情を話し、放置してある泥を戴いてきました。
田圃の泥
田圃の泥の固まり
この泥の塊を砕いて、篩(ふるい)で濾しました。

鍋、篩い、簾
ケーキ用の篩と鍋 (210円 税込み)
30センチ水槽に3センチ程敷き詰めるだけですが、粒子が細かいので相当な量が入ります。
8リットルバケツに半分ぐらい。
普通の篩でも充分ですが、大きな粒を入れたくないので、効率が悪いのは承知でケーキ用の篩使って泥の固まりを濾しました。
1時間以上掛かりました (ToT)
指に豆ができるくらい振りました (ToT)

でも、最大の難関はここからでした。
泥は物凄く細かい粒子なのでそのままでは濁ります。
大量の水で洗い流す必要があります。
バケツの砂は泥を洗い流すと更に半分の量に減ってしまいます。
その作業を自宅のマンションの風呂場でやるのは無理です。
そこで透明な水が流れている用水路を探しました。
こんな時のU字溝は味方に感じました。
空のバケツで水を汲み、砂の入ったバケツにあけて泥を洗い流す作業を繰り返しました。
泡がぶくぶくと出て最果てのない濁りでした。
濁った水を慎重に捨て、また水を汲み、米をかす様に洗い・・・。
バケツの底に砂が見えてくるのは80回を越えた辺りでした。
100回以上繰り返しました。煩悩の数ほど・・・。
自分でも何をやっているのか・・・ドジョウの砂のために・・・自分の労力にも費用が発生する・・・単純作業・・・腰が痛い・・・。
大丈夫です。
だって、そのうち痛みも忘れ、いろいろ考えられなくなるくらい無心になります。
おばかです。
その後、農薬が怖いので自宅の水でしばらく流しました。
更に百均の鍋で20分ほど煮沸して殺菌しました。
その傑作がこれです。
作品。
田砂
田圃の泥から田砂を抽出

田砂とシマドジョウ
田砂とシマドジョウ
ベランダの髭物底物水槽に使っています。
ドジョウやシマドジョウがこの砂に潜ってくれるのが嬉しい。
これは正真正銘の田圃から抽出した「田砂」の物語です。

更にもうひとつ。
川原の砂
下流域の砂
机の上にあるシマドジョウの稚魚水槽とベランダの老朽化したプラスティック水槽には川砂を使っています。
大きな河川の下流域の砂です。
作業は以下、同文・・・。
川砂
かなり細かくてサラサラしています
川砂にも泥が混じっていますが田砂を抽出したことを思えば…。
それでも砂を洗っていると、水で手がふやけ、ざらざらになります。
川砂は田砂よりは粒子が粗いです。
でも、充分な細かさです。
粒子の大きさによる使い分けをしています。
川砂とメダカ
川砂とメダカ
たかが砂、されど砂。
関連記事



別窓 | 道具 | コメント:5 | トラックバック:0 
<<早稲 | 懐かしき畦の水辺 | 稚エビ…>>
この記事のコメント
no.115:
凄いですねぇ
田砂がどういう風に作られているのかわかりませんが、コレと似た工程行なっているとしたらあの値段も納得いきますね^^;
シマドジョウの姿を見るとたかが砂とは言えませんね^^
2006-08-19 Sat 19:53 | URL | 前詰まり #-[ 内容変更]
no.116:田砂
同じく、底床には懲ります。私も!
砂によって水槽の雰囲気ってかわりますもんね。

うちも田んぼがあります。
たしかに泥を洗い流して(濾すとでもいいますか)みると売られている田砂になりますね。
泥(土)は毎年耕します。そのために角がない砂になるのでしょうか。

しかし、最近は掃除がめんどうで小粒の溶岩石を薄く敷いて使ってます。
もちろん田砂も以前メダカに使ってました!
しかも、購入品(笑)
2006-08-19 Sat 20:14 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.117:
良い仕事してますね~~! と某鑑定人がいいそうな砂ですね。いくつかの記事でもふれていましたが、あらためて記事で見てみると相当の手間がかかってますね。写真を見ていてこの砂、やけにシルクみたいなやわらかさを感じる砂だなと思っていましたが、田砂なんですね。 いいですね!こういう業物好きですよ!川砂と違いますもんね。どじょうも幸せですね。手間はかかりますが、210円の道具とスピリッツですばらしいものができましたね。
2006-08-19 Sat 22:58 | URL | よっちゃん@ #-[ 内容変更]
no.118:
なるほどこうして見てみるとすごい手間ですね
時給換算するとすごい値段になりそうな。。
お金を惜しむなら手間を惜しむな ってことですかね

やっぱり下流域の砂のほうが手間がかからないのでしょうね
こうしてみているとそのうち砂も自己採集してみたいいですね

2006-08-19 Sat 23:05 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.119:
前詰まり 様
ドジョウが潜ってくれると、自分で凝っただけに愛着も湧きます。
砂に・・・。

マッサ 様
水槽でなければ泥土をそのまま入れたいぐらいです。
田圃の泥の匂いってありますよね。
微生物の匂いだそうですが、水槽の砂もその匂いがします。
バクテリアが分解しているのですかね。
たしかに糞や残り餌が溜まるのですがそのままにしてます。

よっちゃん@ 様
ありがとうございます。
ドジョウやメダカに来て貰っているって感覚があります。
棲んでいた環境の物が手にはいるのなら一番良いかなと思ってやったことです。
労力だけ考えたら人には勧められませんね。
個人の満足感だけです。

はむたん 様
お金を惜しむと言うより好きでやっていることです。
ドジョウやメダカは捕ってくるもの・・・。砂も・・・。水草も・・・。
それ自体を手に入れるのなら、買ってきた方が安いだろうし速くて便利です。
元々あるものにどうしてお金を使う必要があるのかという思いがありまして・・・。
できることは自分でやればいいという考えなんです。
ある意味では大変なんだけど、その手間や過程が楽しいのです。
微妙なニュアンスがうまく表現できないのですが・・・。
ま、臨機応変に対応すればいいかと思ってます。
大きな河川の下流域の川砂が比較的細かいです。
篩に掛けたら粒の大きさが揃います。
2006-08-19 Sat 23:39 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。