http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
縄文石器 木箱
2007-09-02 Sun 18:29
6月に「べーさんの毎日が思いつき日記」のべーさんに赤棘を送りました。
その返礼にと貴重な縄文石器を贈って戴きました。
私にとっては思わぬ出来事にとても嬉しく思うと同時に、時々、取り出しては眺めて古代に思いを馳せておりました。
それ以来、この貴重な宝物を大切に保存したいと思い続けていました。
保存できる箱を探し、直接店を訪ねたり、ネットで検索を掛けて見ましたが、自分の思うようなものはなかなか見つかりませんでした。
7月のある時、木箱の作成で検索を掛けたところ「上古代折箱店」のHPを見つけました。
三重県熊野市の折り箱を専門に作られている職人さんのHPです。
一箱からでも特別な注文を受け付けてくれるとのことだったのでメールで問い合わせてみました。
折り箱には何の知識もない素人の要望に親切な対応で何度もメールで受け答えして戴きました。
既存の折り箱の種類も様々なものがあり、蓋の形式によって造りが違います。
私はヤロウ蓋の造りを少し変更して中にアクリル板を載せられる仕様をお願いしました。
材質は檜です。
たったひとつの注文で特注品にも拘わらず、親切に受けて下さりました。
先日、完成したと電話があり、8月31日に送られてきました。
縄文石器 木箱 1
縄文石器 木箱
縄文石器 木箱 2
特注のヤロウ蓋改
熊野の木箱職人さんの手造りです。
檜の薫りがします。
なめらかな木肌に木目が綺麗に流れています。
しっかりとした造りで縄文石器に相応しい仕上がりとなっています。
上古代折箱店 様、ありがとうございました。

そこで、今日、ホームセンターへ行ってきました。
アクリル板を購入し、中載せの寸法に切ってきました。
アクリル板は売っていますが、切断などの加工のサービスはありません。
代わりに工具を無料で貸してくれます。
(切断なら自分で出来るさ…)
と、思って挑戦したのですが甘かった(激甘)
アクリルカッターで2ミリ厚のアクリル板を縦横2方向に切り取るだけなのですが、数時間掛かってしまいました。
切り取り線に沿ってカッターを入れただけではアクリル板は切断できず、、深く溝を彫るように何度も何度もカッターを往復させました。
両面にカッターで切り取り溝を入れるのですが、中々深く入れられません。
販売されている規定サイズのアクリル板で最大3枚ほど取れる面積がありましたが、一枚目は失敗しました(涙)
再挑戦してやっと切り出したものの、ほんの少し(コンマ数ミリ)はみ出して中に入りません。
カッターは既に使える段階ではなく、ひたすら慎重にヤスリを掛けました。
慎重に…。
アクリルは捩れた力が掛かると亀裂が入ったり、割れてしまいます。
切り出すだけでも相当な労力と時間が掛かるのに、1枚めは失敗し、2枚目もヤスリの微調整を含めて3時間ほど要しました。
ネットで探せば切断加工のサービスもあるのですが、手数料を含めてそれなりの費用が掛かるので、これくらい自分でやろうと思った次第です。

縄文石器 木箱 3
切り出したアクリル板
橙葦登のフィギアを載せて写しました。
そのまま撮影するとアクリル板があることが判別できません。
アクリルの透明度って凄いんだ!
だからアクリルを選んだんですけど(自爆)

縄文石器 木箱 4
縄文石器 石斧
私は古代の人々の意識に物凄く惹かれるものがあります。
何をするというわけでもないのですが、本当のことを知りたいという微かな想いを秘め忍ばせながら、各地の伝承を訪ね、人に会い話を聞いて廻っています。
文献のみではなく、遺跡や遺物などから感じ取ることも多々あります。
これはべーさんから戴いた私の宝物です。
でも今後、古代を探索し、研究されている方にお見せする機会があるかも知れません。
その時に安易にベタベタと手に取って粗雑に扱われない様にする為にも格調のある木箱と敷居になるアクリル板は絶対に必要だと考えました。
古代では生活のひとつの道具だったのでしょうけど、今の私には宝物なので、普段は神棚に祀っておきます。
時々、机の上に置いて眺めることにします。
熊野の職人さんに手造りで特注木箱を造って戴けたことを嬉しく思っています。
上古代折箱店」の上古代様、ありがとうございました。
縄文石器を贈ってくれたべーさん、改めてありがとうございます。
そしてこの記事のカテゴリは赤棘です。
関連記事



別窓 | .底の帝国 赤棘 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<金色の腹 | 懐かしき畦の水辺 | なまらー>>
この記事のコメント
no.2647:
どぅわ!!!
棚に転がしておいた石器が
こんなすごい扱いに・・・
実は、もう少し石器らしい石斧のほうと
石鏃を送ろうかなと考えてましたが、
これなら、石鏃もつけておけばよかった。
石鏃、ご希望ならば・・・
私も石器の記事書いてみますね。
2007-09-02 Sun 19:41 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.2651:
べーさん 様
特注品の箱は熊野の職人さんの手造りでしっかりした綺麗な仕上がりです。
石鏃!
お見せ戴くだけで嬉しいです。
記事楽しみにしていますね。
2007-09-03 Mon 00:11 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。