http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
捻れ藻
2007-09-21 Fri 22:46
湖西ガサの時に湖畔に打ち上げられていた捻れ藻(ネジレモ)を3株程拾い集めました。
琵琶湖水系固有種の水草です。
水の綺麗な砂地に自生しています。
最近は外来水生植物に生息範囲を奪われているようです。
こんな話ばかりですね。
捻れ藻
捻れ藻(ネジレモ)
畔なま水槽に入れました。
全ての水槽の低床は砂を使っていますが、私の飼育種は泥鰌類を筆頭に底ものが中心なので、始終掘り返されます。
これはこれでバクテリアが攪拌されて水質の安定に繋がっているのですが、頻繁に掘り返されるので、直接、水草を砂に植えることは出来ません。
私が浮き草を使う理由のひとつです。
元々、人工的な水草盆栽を喜ぶ趣味は持ち合わせていません。
生息環境に自生している日本の固有種で環境にあったものを水槽にいれています。

畔なま水槽には鯰の他に味女泥鰌と縞泥鰌がいます。
幸い無事に全て生存しています。
底砂に直接、捻れ藻を植えるのは控えました。
小さな植木鉢に砂を入れ、捻れ藻を植えました。
畔なま水槽はベランダ側のサッシの前に置いてあります。
直射日光は当たりませんが、昼間はガラス越しに光が入ります。
捻れ藻は比較的強めの光が必要らしいと聞きました。
普段は外に葦簀を立てかけたり、障子越しに光を通していますが、捻れ藻を水槽内に入れてからはサッシの磨りガラス越しに光が入るようにしています。
苔の繁殖が旺盛になりますが、一昨年まで戸外に水槽を置いて飼育していたので、光の加減は手慣れています。
順調に根付いて、願わくば越冬できると嬉しいのですが、果たして無事に育ってくれるか楽しみにしています。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水草 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<畔なま事情 | 懐かしき畦の水辺 | 暗黒の黎明>>
この記事のコメント
no.2770:
捩れ藻
別名スクリューバリスネリアですね
以前買って育てていました
いつの間にかなくなっていました・・
普通のバリスネリアの方がかなり簡単なようです
普通のバリスネリアって何藻だったかな?
2007-09-22 Sat 00:34 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.2772:
はむたん 様
スクリューバリスネリアですね。
琵琶湖固有種と聞きました。
何故だかよく解りませんが、東南アジアで生産されているみたいですね。
日本のものを大切にしたいので敢えて和名です。
ちゃんと育つと良いのだけど…。

2007-09-22 Sat 14:06 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2787:成長
私の場合、夜に強いライトを何時間も当てていましたので、かなりの数のランナーが出て増殖していました。
上手く行けばいっぱい増えてくれます。
2007-09-25 Tue 13:07 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.2791:
ryu-oumi 様
強い光が必要みたいですね。
畔なまくんが上にふんわり乗っかっていることが多くなりました。
殖やしてみたいです。
2007-09-25 Tue 19:34 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。