http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
湖西ガサ、再び! 2
2007-10-08 Mon 19:27
9月16日に続き、3週間振りに湖西ガサに行ってきました。
今回は新規開拓も兼ねて、ryu-oumi氏とうみへび氏の3人で楽しんできました。
今回も秋雨前線の活動が不安定で嵐の恐れ有りでした。
更に、うみへび氏。
うみへび氏とはレインマンガサ以来ですが、「今日こそは二人の晴れ男で豪雨を封印してやる!」とか挨拶代わりに言われたりしていました。
出発時間
出発時間
今回は雨も降っておらず、霧の影響もなく、スムーズに待ち合わせ場所に到着しました。
というか、集合時間の1時間前に着いてしまった。
ryu-oumi氏はお土産にミジンコを持ってきてくれました。
このミジンコは、GWガサの時に私が筋縞泥鰌を入れてお渡ししたタッパーを外に置いておいたら、僅かに残っていた泥と雨水で孵化したものだと言うことでした。
ミジンコの里帰り。
うみへび氏は前日に岡山県でガサをし、その足で湖西ガサに来られました。
ryu-oumi氏へのお土産に筋縞泥鰌小型種山陽型を持ってこられましたが、結局、私が頂いてしまいました。
お二人のご厚意に感謝します。
なにかとコレクション。
筋縞泥鰌小型種 山陽型
筋縞泥鰌(スジシマドジョウ中型種瀬戸内型)
今回は3週間前に行った湖西ガサ地区を皮切りに更に北上して新しいところを攻めてみようという計画でした。
新規開拓ガサは何かと空振りも多く、同じ様な魚種がいたり、まったく網に入らなかったりと言うことが往々にしてあります。
ウエダーを来たままの移動を続け、総計10ヶ所以上の水路でタモを入れました。
ryu-oumi氏が「まるで仕事だな」と呟いていました。
私は仕事の経験上「営業で新規開拓してたらこんなもんです」と静かに返答しておきました。
新規開拓ガサでは新しい魚種との出逢いや発見をしたいという願望があります。
既知の魚種でも「こんな場所にいたのか!」という驚きが喜びに変わる瞬間が嬉しかったりします。
それ故に玄人好みで地道ではありますが、内容は濃かったです。
余りにも多くの水路を廻ったため、今回は時系列ではなく、出逢った生物を大まかに纏めて記事にしていくことにしました。
よって採取したり画像に撮った順番は前後します。

最初に今回のガサの収穫で嬉しかったのが水草でした。
前回も琵琶湖固有種の捻れ藻をお持ち帰りしましたが、更なる在来種を数種類、見つけることが出来ました。
捻れ藻
捻れ藻
琵琶湖固有種だけあって捻れ藻の宝庫です。
湖底が砂地の場所に群生しています。
打ち上げられたものを採取するだけで必要な分は事足ります。
今回も数株持ち帰りましたが、プラスティックケースで待機させています。
よく考えたらどの水槽も底ものばかりで植えることが出来ない…(自爆)
小型の植木鉢に植えて沈めることにします。
水繁縷 1
水繁縷(ミズハコベ)
水繁縷 2
水繁縷の自生
水繁縷(ミズハコベ)が自生していました。
琵琶湖に注ぐ清流が底の水繁縷の鮮やかな黄緑の葉を際立たせていました。
水が綺麗でないと中々自生種を見ることが出来ません。
黒藻
黒藻(クロモ)
日本在来種の黒藻(クロモ)です。
オオカナダモ(アナカリス)やコカナダモ等の外来種が琵琶湖の生息環境を浸食して既に長い年月が経過しました。
繁殖力が強く、水路を塞いでしまったり、船舶のスクリューに絡まったりします。
在来種の黒藻はコカナダモによく似ていますが、葉の数が多く、反り返っていません。
生息域は浸食されてかなり激減しています。
在来種の黒藻が自生していました。
貴重な発見をした気がしました。
鹿角苔
鹿角苔(カヅノゴケ)
鹿角苔(カヅノゴケ)です。
出逢ってみたいと思っていた鹿角苔が群生していました。
持ち帰って専用にプラスティックケースに浮かせておくことにしました。
ちゃんと綺麗な湧き水の水路には自生しているのですね。
梅花藻
梅花藻(バイカモ)
梅花藻(バイカモ)です。
最後にガサした水路に群生していました。
梅の花の様な白い花を咲かせます。
清流にしか自生していません。
水は冷たく透き通った水路で採取しました。
細い葉が柔らかいので草食の魚達の餌にもなります。
でも、よくよく考えたら自宅には草食魚はいない。
食性は雑食か魚食魚ばかりでした。
むしろ安全なので一株だけお持ち帰りしました。
松藻
松藻(マツモ)
松藻(マツモ)です。
自生種の松藻です。
私は松藻が大好きなので嬉しくて採取してきました。
底ものばかりなので浮き草系を中心に水槽に入れています。
現在水槽に浮いている松藻は最初に貰ったものを歴代殖やし続けています。
おそらく店で買ったものだと思います。
自生種が欲しかったのですが、中々見つけられませんでした。
梅花藻と松藻は現地での撮影を忘れたので水槽に入れたあとの画像です。
不明
不明ですが…
ryu-oumi氏やうみへび氏も名前が解らない水草ですが、外来種ではないような気がします。(←理由はない)
葉は海老藻を小型にした感じです。
白い石の上で撮影したら映えるかと思ったのに石に縞模様が付いていて更に解りづらくなってしまいました(悲)

水草だけでもざっと7種の在来種に出逢いました。
湖西は湖北に向かうほど琵琶湖沿岸と山との距離が近くなります。
山からの湧き水が川や水路に流れ込み田圃や畑を潤して琵琶湖に流れ注ぎます。
そんな水辺で水草を採取してきました。
水草だけで随分内容の濃い結果となって大満足です。

通常はガサの場合、カテゴリを「畦の水辺」か「川の水辺」にしますが、今回の記事は「水草」にしました。

…続く。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 水草 | コメント:10 | トラックバック:0 
<<湖西ガサ、再び! 3 | 懐かしき畦の水辺 | 湖西ガサ、再び!>>
この記事のコメント
no.2854:在来の水草群
おひさしぶりです。ふよも少し元気です。

在来の水草が多くて楽しそうですね。
私も見つけると、少量持ち帰ることがあるのですが、なかなか育てきれません。

うちの場合、購入含めて長持ちしている水草は、アマゾンソードとアヌビアス・ナナだけという結果。

数年後には、在来種水槽にしたいです。
2007-10-08 Mon 21:02 | URL | きつね #-[ 内容変更]
no.2860:水草すご~い
筋縞泥鰌かわいいですね。
私もガサはたまに行きますが自生の水草には滅多にお目にかかれません。
今回の水草、どれも綺麗ですごくいい収穫でしたね。
水草採集楽しそうですね♪
2007-10-08 Mon 23:58 | URL | コリラス #o3FgimTE[ 内容変更]
no.2861:
きつね 様
ふよまんは回復基調ですか。
なんとか持ち直して欲しいです。

在来の水草は日本淡水魚にあいます。
生息域の水草なら尚更ですね。

光の強、温度、水流、水質などに左右されるので水草の生育もなかなか奥が深いです。
魚との共存は難しい面もありますね。
どこかで均衡がとれると良いのでしょうが…。
2007-10-09 Tue 00:00 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2862:
コリラス 様
筋縞泥鰌は地域によって形態が違い、大きさも数種類に別れています。
なかなか奥が深いです。

出来る限り、身近な在来のものでと考えています。
子供の頃、そこにあった様にと思っていますが、環境が激変しているのが現状です。
2007-10-09 Tue 00:05 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2863:
そうか。ガサの楽しみ方には水草もあったんですね。
私は生き物ばかりでノーマークでした。
今度は自生水草もチェックしてみます!^^
2007-10-09 Tue 09:24 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.2864:水草
自生ミズハコベの撮影忘れてなかったのですね!てっきり忘れておられたかと・・・・
持ち帰った水草は、既にバッチリ食害にあっております。
2007-10-09 Tue 09:44 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.2866:
お疲れ様でした。
今回も参加できず、無念です。
いつかはきっと・・・
天然のリシアがあるなんてすごいですね。
群生しているところを見てみたい。
2007-10-09 Tue 17:17 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.2867:
マッサ 様
生体を探しながらではありますが、自生種の水草が目に付くと、これはこれで採取が面白いです。
日本在来種ですから親近感が湧きます。
よくよく気を向けると、近隣でも意外と見つかったりします。
マッサさんも是非、探してみてくださいね!
2007-10-09 Tue 20:31 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2868:
ryu-oumi 様
水繁縷はカメラを取りに行ったその足でウエダーのまま撮りに行きました。
打ち上げられたものはともかく、自生しているのはそのままにしておきたいですものね。
何故か、少量持ち帰ったと思っていたのに水繁縷は入っていませんでした。
松藻や梅花藻が綺麗です。
食害、いいなぁ。
いつのまにか草食魚がいない水槽になっちまったぜぃ…。
2007-10-09 Tue 20:35 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2869:
べーさん 様
みんな仕事を持ってのガサですから時間調整はなかなか難しい面があるのは仕方ないですよね。
何度も挑戦して一緒にガサしましょう。
ガサは続きますから、また次回お誘いします。

鹿角苔は私も見たかったひとつです。
松藻の自生ですら嬉しかったです。
水草だけでも濃い収穫がありました。
2007-10-09 Tue 20:40 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。