http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
静岡県西部ガサ
2007-10-29 Mon 22:29
台風20号と秋雨前線の影響で前日(27日)は一日中雨でした。
当日の天気や増水を心配してエビ獲り名人氏に電話連絡を入れたりしていました。
でも、それは杞憂に終わりました。
台風一過の快晴で気温も25度を超える秋の一日となりました。
出発時間
出発時間
起床時間を30分間違えてました。
午前6時30分の待ち合わせでしたが、この時間の出発では7時過ぎの到着になるなと思いつつ、眩しい日の出の光を浴びながら車を走らせました。
今回は浜名湖に流れ込む水系でのガサです。
全員の集合時間は午前9時でしたが、折角なので早朝ガサをやる予定でした。
2時間ほどで目的地に着き、エビ獲り名人氏と龍馬くんに再会しました。
前回、新規開拓ガサでお会いして以来です。
再会の儀式として赤棘と味女泥鰌を進呈致しました。
我が家の赤棘水槽には7匹も赤棘がいました。
5月は休みの度に赤棘に嵌っていました。
(最初は要らないって言ってたくせに ←ryu-oumi氏、心の声)
今回、3匹を残してお持ち出し(お持ち帰りの反対語)しました。
こんなにいたなんて…(←懐畔、心の驚き。自分でやっておきながら)

既に龍馬親子は軽く前哨戦を行い、早速、お目当ての鮎掛(アユカケ)を捕獲していました。
おぉ、鮎掛!
鰍(カジカ)の仲間です。
川で成長後、海で産卵し、孵化した稚魚は暫くすると川へ遡上する降河回遊魚です。
鰍の仲間では最大30センチに達する個体も記録されています。
魚食魚で水棲昆虫や小魚が主食です。
特に鮎を捕食することから、鮎掛という名前がつけられたと言われています。
鰓蓋に棘があります。
期待を脹らませながら、ウエダーを着用し、補修したタモを持ってガサを開始しました。
エビ獲り名人氏や龍馬くんは第2ラウンドも順調に鮎掛を捕獲していました。
ところが。
墨浮鮴
墨浮鮴(スミウキゴリ)
何度やっても浮鮴(ウキゴリ)ばかり。
それでも十数匹の浮鮴を取り敢えずキープしてしまう悲しい性で御座います。
浮鮴(ウキゴリ)と墨浮鮴(スミウキゴリ)の違いを見ようと観察ケースにいれてあれこれ見ていたのですが、浮鮴の画像を撮るのを忘れました。
扱いが雑だな(←浮鮴、心の呟き)

余りにも浮鮴ばかりなので腹癒せに遊んでいたのがこれです。
藻屑蟹
藻屑蟹(モクズガニ)

大きな藻屑蟹が入る入る!
エビ獲り名人氏は味噌汁の出汁にすると言われていました。
捕獲次第、バケツに入れました。
塩茹でにして鋏の身を食べますが、特に蟹味噌や卵巣が美味です。
甲羅が10センチ程のものは足までの長さが20センチを越えます。
今回のガサ終了までで20匹近くは採れました。
珍しいので藻屑蟹が入る度にエビ獲り名人氏のバケツに入れていきました。

それとこれ。
石巻貝 1
石巻貝
石巻貝 2
17個お持ち帰り
石巻貝が沢山いました。
私は大喜びで石や護岸に着いた石巻貝を拾っていました。
「地元で石巻貝を買ったら1個100~150円しますよ!」
話は前後しますが、この後に合流した方々はこの近隣にお住まいなので、特に珍しくもない石巻貝を私が喜んで拾っているのを見て不思議がっていました。
そうなんです。
浜名湖は海と繋がっている汽水湖です。
今回のガサは海から遠い地点に流れ込む河川でしたが、汽水域になります。
この辺りでは石巻貝はにどこにでもいる貝なのです。

浮鮴(ウキゴリ)は純淡水魚ですが、墨浮鮴(スミウキゴリ)は汽水域にいます。
鮎掛も降海します。
藻屑蟹も幼生は海で育ちます。
石巻貝も純淡水域にいる個体群もあるようですが、多くは汽水域にいます。
今回のガサは山の上流域や琵琶湖周辺とはひと味違う趣を持っていました。

狙っている鮎掛がまったくタモに入らず、浮鮴(ウキゴリ)に飽きた私は蟹を捕まえ、こっそり貝を拾って遊んでいました。
お子様遊びかい!
それでも気を取り直してギリギリまで粘りましたが、時間が迫ったので、先行ガサでの鮎掛捕獲を諦めて集合場所へ向かいました。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<静岡県西部ガサ 2 | 懐かしき畦の水辺 | 静岡県西部ガサ 出逢いのガサ>>
この記事のコメント
no.2991:ウキゴリラッシュ!
ホント、最初はウキゴリラッシュでしたね。汽水域ならではの事なので、それも致し方ないのかもしれません。しかし、わが家の近くを流れる川のヌマチチブよりはるかにマシですよ。
2007-10-29 Mon 22:58 | URL | エビ獲り名人 #-[ 内容変更]
no.2994:
エビ獲り名人 様
直接の関係は無いのでしょうけど、目的の魚が入らなくて躍起になっていると、嘲笑うかのように徹底的に入らないことがままあります。
いることは解っていて結局、全員が捕獲していますものね。
不思議なもんです。
2007-10-30 Tue 00:28 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.2995:ここでも・・・
最近ウキゴリに御縁がありで・・・
連れた帰れば良かったのに!
さあ、今回は何を”お持ち帰り”したのか楽しみに拝見させていただきますよ!
2007-10-30 Tue 12:24 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3001:
ryu-oumi 様
今回もガサを楽しんだ後、ひっそりと画像だけ撮って放流するという正規ガサは達成ならず…。
エビ獲り名人さんに鰻まで勧められることとなりました。
そして、よゐこの私は自らお持ち帰り魚種を選定いたしました(完全自爆)
2007-10-31 Wed 01:03 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。