http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
川蜷
2007-11-16 Fri 19:54
特に世話をしているわけでもなく眺めているだけですが、川蜷が数匹元気にしています。
結構、動き回ります。
川蜷 1
川蜷
 殻の模様の渋さに惹かれるものがあります。
細かく横に縞の入った3センチ程の大きな川蜷です。
川蜷 3
名前を忘れて…(涙)
縮緬川蜷(チリメンカワニナ)かな?

泥鰌帝国に入れた川蜷は時々、泥鰌や川端子に叩き落とされています。
縦襞川蜷 2
どうやってここまで来たのか?
縦襞川蜷
縦襞川蜷(タテヒダカワニナ)
縦襞川蜷は琵琶湖固有種です。
鮎の放流と共に各地で見られるようになったそうです。
畔なまくん水槽にも一匹います。
が、探しても見あたりませんでした。
昨日までガラス面にくっついていたのですが…。(まさか、ねぇ)
義義の館に入れた川蜷は、いつの間にか殻だけになってしまいました。
水槽飼育し始めてから一月ほど経っています。
定着してくれないかな。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 淡水貝 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<観察ケース | 懐かしき畦の水辺 | 松藻>>
この記事のコメント
no.3100:正解!
チリメンカワニナとタテヒダカワニナで正解かと思われます。我が家でも水が合わないのか、殻の頂部が白化しているもが多いですね・・・小さいのは捕食されますし・・・
個人的にはタテヒダカワニナが好きです。
2007-11-17 Sat 08:09 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3103:
ryu-oumi 様
ありがとうございます。
縦襞川蜷ってなかなかゴツゴツさに重厚感がありますね。
縮緬川蜷があんなに精巧な筋があるとは思いませんでした。
そろそろ一月ほどになりますので、川蜷達も順応してくれたのではないかと思う次第です。
長生きして欲しいです。
2007-11-18 Sun 00:04 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。