http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
琵琶湖博物館 其の弐
2006-08-28 Mon 17:59
琵琶湖博物館は古代から現代までの琵琶湖と人との関係をテーマに資料や研究成果を展示しています。
今後、環境を含めた琵琶湖との関係を探る問いかけが含んでいます。

何はともあれ…
琵琶湖に棲む生物が豊富に詳細展示されており、己の興味を満足させてくれるに充分な施設だと思いました。
琵琶湖固有種に留まらず、現在、問題化されている外来種も展示されています。
環境を表面的な情報のみで問題視する以前に現状を正確に把握するという前提に立っている姿勢に好感を持ちました。
さらに外国の湖(洞庭湖、タンガニイカ湖、五大湖、トンレサップ湖)の魚類も展示され、比較できるようになっています。

テーマや指針が明確で高尚であるにも関わらず…
底物と髭物の写真ばっかり撮って、画像を整理する折どれがなんだか収拾が付かなくなっていたりします。浅すぎる知識に…涙


カワヨシノボリ
カワヨシノボリ
トウヨシノボリ
トウヨシノボリ
ビワヨシノボリ
ビワヨシノボリ

ハゼの仲間です。
展示名通りに記載しているはずですが…実は正確に区別がつきません。
ビワヨシノボリは琵琶湖固有種だそうです。

ドンコ
ウツセミカジカ
光の加減で綺麗な金色でした
ヌマチチブ
ヌマチチブ
琵琶湖には居なかった種だそうです
ギギ
ギギ
愛らしき顔に思えます

もし環境が許すなら飼ってみたい魚達ですが、肉食性なのと希少種になりつつあるので眺められただけでいいです。
いつでも会いに行けるほど琵琶湖博物館は近くないですが、ひとつひとつ底物を眺めているのは楽しい時間でした。
明日はナマズと大物を…
関連記事



別窓 | 水族館/博物館 | コメント:8 | トラックバック:0 
<<琵琶湖博物館 其の参 | 懐かしき畦の水辺 | 琵琶湖博物館 其の壱>>
この記事のコメント
no.187:
ヨシノボリかわいいですね^^
実は私はかなり昔飼育していました
とても気に入っていたのですが縄張り意識が結構強くて
原因不明の病?で☆にしてしまいました
日淡をはじめたらまた飼ってみたい子ではあります
>明日はナマズと大物を…
いよいよ私向きの記事が出てきそうな予感がしますw
釣り上げられて一躍悪役扱いになったあいつとか
琵琶湖固有種のあいつとか
琵琶湖でたまに見つかるらしい南米から来たあいつとか
そんな画像があるのでしょうかw
2006-08-28 Mon 18:52 | URL | はむたん #0VbVGoPk[ 内容変更]
no.188:
琵琶湖博物館・・・、以前どこかで情報収集した際に行ってみたい施設だなぁと感じてました。
確かに素晴らしい施設みたいですねぇ! 羨ましいです。
飽きないでしょうねぇ。 続編楽しみです。
2006-08-28 Mon 21:45 | URL | blueboy #-[ 内容変更]
no.189:
とうとう行かれましたね。
写真がきれいに撮れててうらやましいです。
一眼ですか?
アクアトト?だったかな。
あそこも淡水魚水族館ですよね。
2年前に行きましたが、琵琶湖の方がよかったです。
懐畔泥鰌さんはどう思われますでしょうか?
あ、それと↓”マッサ”を紹介して頂き、ありがとうございます。
でも私の記事も、館全体のほんの一握りですね(苦笑)
2006-08-28 Mon 23:05 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.190:
はむたん 様
いいですねぇ。
ヨシノボリを飼育されてたのですか。
厳つい顔がなんとも言えず愛嬌を感じてしまいます。
確かに縄張り意識が強いですよね。
その割に餌を貰える人に懐いたりするんですよね。
南米の魚…いましたが残念ながら今回、画像はありません…。
2006-08-28 Mon 23:31 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.191:
blueboy 様
琵琶湖とその水系の生き物を中心に飼育されています。
綺麗に淡々と展示されている中に内容があって奥深く本当に面白かったです。
何度も足を運びたくなります。
機会があれば是非とお勧めしたくなります。
2006-08-28 Mon 23:35 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.192:
マッサ 様
9月など待ってられず、鈴鹿峠越えて行ってきました。
カメラはPanasonic のFZ30で12倍ズームが売りなんです。
古代史に興味があるので神社や遺跡に行くことが多くて遠くの物の撮影を目的にこれにしたのですが、Blog始めてからマクロ撮影ばかりです…。
暗くて被写体(魚)が動くので(当たり前ですが…)ぶれぶれ画像も多いです (ToT)
室内水槽のメダカ画像なんて苦労します…マジで (ToT)
マッサさんの記事で行こうと決めたのですからありがたかったです。
自分が何かを感じ取り考える主体です。
アクアトトは主旨が違いますよね?
子供向けイベント企画を中心に置いているような気がします。
外国の魚も多いような…
川の環境を訴える為にアマゾン川とかメコン川とか比較している様ですね。
なんか熱帯魚ショップみたいでした。
大人1400円の入場料は高いです。
なのに年間パスポートは2800円…お得だけど何か変です。


2006-08-29 Tue 00:02 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
no.193:なかなかの品揃え
琵琶湖博物館のことは以前テレビ朝日の宇宙船地球号だかって言う番組で『外来魚』の特集をしたときに見て知っていましたが、実際の所どんなもんかなって思ってました。いや~、これはいい。何とも日本淡水魚マニアの心をくすぐる品揃え。“マッサ”さんのページも見てきましたが、コレは一回じゃだめですね、何度も行かないと。ディズニーランドといしょですよ。
千葉にも葛西臨海公園に水族館がありますが淡水魚のコーナーなんかほとんどおまけみたいなもんですからね。おまけにしちゃ川の落ち込み口とかあってそこそこ楽しめるんですが、いかんせん展示の規模が違いますから。
う~ん、うらやましい。
2006-08-29 Tue 17:21 | URL | まるタニシ #-[ 内容変更]
no.194:
まるタニシ 様
はい、行けば行くほど発見があったりしそうです。
何度も水槽の前で見とれて立ち止まってしまいました。
機会がありましたら是非、行ってみてくださいませ。
琵琶湖博物館の記事…もう少し続きます。
2006-08-29 Tue 19:50 | URL | 懐畔泥鰌 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。