http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
遊んだ川
2007-12-09 Sun 23:13
子供の頃、河川敷で野球をしたり、虫取りしたり遊び廻った川がありました。
数十年も前の話です。
その頃はまだ工場排水などの規制が殆どされて無く、公害対策が叫ばれつつある頃でした。
その川は上流から肌色の泥水が流れる川でした。
川岸の砂の上で足踏みをすると水が浸みだし、ドロドロになって踵ぐらいまで沈んでしまいました。
それでも石亀や青大将などは見かけましたし、秋になれば蜻蛉が舞っていました。
「汚染されているので水の中に入ってはいけない。」
水遊びの危険よりも、水の汚れに対して注意されていた記憶があります。
小中学校時代はそんな川でした。
河川敷で遊び回った思い出の川ですが、当時の友達も含め、その川にタモを入れて魚を採ることはありませんでした。
時が経ち、私が大学に行く頃には公害規制と集中的な河川工事で透明度のある川になっていました。
飼っていた犬を連れ散歩によく河川敷へ行きました。
しかし、幼少の頃の記憶はなかなか消えるものではありませんね。
河川敷も綺麗に整備され、既に川の水も肌色ではなく、川底の泥もありません。
今年からガサを始めたものの、子供の頃の記憶から、この川へ行くことを躊躇していました。
今日、やっと行ってみようと思い立ち昼前に出掛けました。

懐かしい川です。
刷り込まれた記憶とは裏腹に、水は透明度があり、水深は膝下程度でした。
最初に嘗て遊んだ河川敷に降りてみました。
護岸が整備され、この時期にボサは殆どありません。
大きな鯉が4~5匹足下を泳いでいきます。
この河川の浄化に伴い、放流したという記事を新聞で読んだ記憶があります。
ここでのガサは諦め、数キロ先の上流に車を停めてガサを開始しました。
地元中の地元なので初めてのガサの川ですが、土地勘はあります。

目高 3
目高(メダカ)と蚊絶やし(カダヤシ)
目高(メダカ)と蚊絶やし(カダヤシ)です。
川岸の草陰にたくさんいました。
この川に目高がいたことを知ってものすごく嬉しくなりました。
もっと早くガサをしに来ればよかったと。
カワムツ 4
カワムツ?
追河
追河(オイカワ)
上の画像はカワムツでしょうか?
下の画像は薄い模様から追河(オイカワ)だと思います。
銀鮒
銀鮒(ギンブナ)
15センチ程の銀鮒(ギンブナ)がタモに入りました。
橙葦登
橙葦登(トウヨシノボリ)
橙葦登(トウヨシノボリ)です。
画像では明確に見えませんが尾尻に大きな黄色の模様が浮き出ていました。
綺麗な橙葦登でした。

タモに入る魚達は子供の時には、考えられなかった光景でした。
その頃にも居たのかも知れません。
が、学校や地域から禁止されていた川でした。
当時、近所にはまだ田圃もあり、所々に爆弾池と呼ばれる水たまりがたくさんありました。
この地区は兵器工場地帯だったので、戦時中に集中的な空襲があったそうです。
その爆発であいた穴に水が溜まり、池や沼にとなった場所が幾つかありました。
それを子供達は「爆弾池」と呼んでいました。
魚や昆虫などはそこに行って採っていました。

車で更に上流に移動しました。
両護岸はコンクリートで整備されていますが、だんだんとボサが多くなっています。
田子
田子(タモロコ)
モツゴ
脂魚(モツゴ)
沼蝦
沼蝦(ヌマエビ)
田子だと思いますが、よく解りません。
沼蝦(ヌマエビ)がいました。
南沼蝦(ミナミヌマエビ)かどうかは判別できませんが、「こんな所にいたんだ…」とつい独り言を呟いてしまいました。

ガサを始めなければこの川に来ることも無かったと思います。
そして、この川にどんな魚達がいるのかを知ることもありませんでした。
楽しみでやっているガサですが、数十年前の記憶を消し去るに充分な結果を肌身で感じることができました。
暖かくなったら、もっと色々な魚達に出逢えることと思います。
個人的な思い出を変える貴重な一日でした。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:9 | トラックバック:0 
<<鋼板の継ぎ目 | 懐かしき畦の水辺 | 久し振りに…>>
この記事のコメント
no.3207:
私も田舎の子なので、ザリガニ採りや
用水路で魚取りしてましたね。
一番の楽しみは、ため池の泥さらい。
泥を流すためにため池の水を抜くのですが、
そのときに川へ池の水を流すので、一緒に
フナやコイが流れてきてそれを掬ってましたね。
一番人気はやはりコイで、時には数十センチの
大きい鯉も取れました。
近くの大き目の川も改修前はそれこそ周りが明るくなるくらいの蛍が飛んだりしてたんですけどねぇ。

でも、当時はカマツカとかシマドジョウとかムギツクとか見たことありませんでした。図鑑の中の魚でしたけど、
今では同じ川で取れるんですよね。不思議に。
2007-12-10 Mon 08:38 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.3208:
あと、昨今はの川事情は数十年前に比べ
かなりよくなってますね。
多摩川とか淀川とか。
コイさえ生きられないくらい汚染されていた川に
今じゃアユが万単位で遡上し、ウナギやシジミまで
取れるんですから。下水道事業は偉大です。
2007-12-10 Mon 08:40 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.3210:思い出
懐畔泥鰌さんとは逆に、
思い出の水路は・・・干乾びていました。
思い出の河は・・・完全改修で全部コンクリート化
でした・・・壊滅です。
2007-12-10 Mon 12:46 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3212:
身近な川にたくさんの魚たちがいて本当に良かったですね。暖かい季節を迎えればもっと生き物の姿がたくさん見れることでしょうね。
2007-12-10 Mon 18:52 | URL | エビ獲り名人 #-[ 内容変更]
no.3216:
べーさん 様
近くに川があったのに、そんな事情で父に車で少し離れた河川や田圃に連れて行って貰ってました。
確かに時代は変わって、川の水の汚れは格段に綺麗になりましたね。
私も当時から岸や畔からタモで掬うというスタイルでしたので魚種はそれほど豊富ではありませんでした。
蛍ですか。
そう言う子供時代が貴重ですね。
羨ましいです。
2007-12-10 Mon 20:32 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3217:
ryu-oumi 様
あらら…。
私がこの歳になって田圃の水路を廻ったとき、乾田化されていることを知りませんでした。
何処にでもいた泥鰌や目高が見つからない。
そう言う意味では、昔いたのにという気持ちの切なさは同じかも知れません。
でも、昨日行った川が昔より遥かに綺麗になっていたことは救われた気がしました。
2007-12-10 Mon 20:36 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3218:
エビ獲り名人 様
ウエダーのお陰ですね。
持っていなければ、記事のように過去の刷り込みがあるので探ってみようという気にはなりませんでした。
春が楽しみです。
2007-12-10 Mon 20:37 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3222:
うちの裏の川は名水百選の滝の水が流れる川ですが
家庭排水が垂れ流しのドロドロの川でした
数年前に下水処理設備ができとてもきれいになり
水遊びができるようになりました
環境を良くするのも悪くするのも人間の仕業ですね
人間の為の自然ではなく自然の為の自然を守って欲しいですね
2007-12-10 Mon 21:43 | URL | CB御殿 #-[ 内容変更]
no.3225:
CB御殿 様
仰るとおりです。
自然の中に人がいるのですよね。
環境問題云々の前に、この想いの根底の違いは結果に大きく左右すると思います。
2007-12-11 Tue 20:44 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。