http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
うみーサンタさん
2007-12-24 Mon 17:31
うみーのお魚愚痴日記」のうみへびさんからクリスマスプレゼントが届きました。
貴重な資料をありがとうございます(多謝)
第三回 全国タナゴサミットin霞ヶ浦
第三回 全国タナゴサミット in霞ヶ浦
さすがに深く考えさせられる記事が詰まっています。
特に「池干し」の重要性についての記事が印象に残ります。
地域によって、呼び方は様々ですが、農業用溜め池の水を一度、抜いて池を干すことですね。
子供の頃、毎年、農閑期に池から流れ出る水路で魚の取り放題という嬉しい日がありました。
楽しい思い出になっています。
溜め池は放置すると、ヘドロが溜まり富栄養化が始まります。
池の底詮を抜き、一旦干してから水を入れ換えることによって、ヘドロを田圃に流します。
天日と雨で有機物が変化し、土の窒素源として利用できるそうです。
池を一時的に天日干しすることで、泥質に変化が起き、ドブガイの好む珪藻が繁殖し、タナゴやヨシノボリなど連鎖する生態系が維持されてきたという報告がありました。
農業用溜め池の池干しが、里山と同じように重要な自然循環のひとつになって環境を保全してきたのだと改めて教えられました。
内容が濃いので、じっくり読ませていただきますね。
河川の外来魚図鑑 2
川の自然を見つめてみよう
河川の外来魚図鑑 1
川の自然を見つめてみよう 2
河川の外来種図鑑
この冊子は外来種問題を知ってもらうきっかけになればと作られた様です。
外来種に関しては様々な事項が複雑に絡む問題でもあるので現時点で解っている事だけを優しく紹介してあるとあとがきに書いてありました。
数十ページの冊子ですが、哺乳類、爬虫類、魚類、植物などをカラー写真で大変分かり易くまとめてあります。
なかがわ水遊園の絵はがき
なかがわ水遊園の絵はがき

12枚の那珂川に生息する魚達の絵はがきです。
嬉しい!
中にカジカの写真がありました。
ウツセミカジカと見比べると、随分、印象が違うんだなと、個人的に眺めておりました。
那珂川水系にすむ魚
なかがわ水遊園のパンフレット
(※クリックして拡大)
琵琶湖博物館のパンフレットもそうですが、個人的に大好きな表示形式なんです。
どうしてかは判りませんが…。
どれもこれも大変楽しく見せていただいています。
改めて、うみへびさん、ありがとうございました。
関連記事



別窓 | 資料/書籍 | コメント:8 | トラックバック:0 
<<今年の終わりに | 懐かしき畦の水辺 | 何してる!>>
この記事のコメント
no.3296:
私たちも先日いただきました。これから暇を見つけてゆっくりお勉強してみます。
2007-12-24 Mon 17:44 | URL | エビ獲り名人 #-[ 内容変更]
no.3299:
エビ獲り名人 様
内容に臨場感があって読み応えがありますね。
各地の状況がひしひしと伝わってきます。
2007-12-24 Mon 21:12 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3300:池干し
昔からどうして溜池の水を抜くのか不思議に思ってました。
ちゃんと意味があったのですね!
魚を捕る為と思っていた私が恥かしいです^^;
そういえば消防団に入ってたときヘドロ除去のため、防火用水の水抜きをしてました。
2007-12-24 Mon 21:48 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.3301:
マッサ 様
溜め池の魚達は貴重なタンパク源の意味もあったようです。
今は、科学的な検証を行って説明されていますが、先人達の自然との共生への絶妙なバランス感覚に驚かされます。
敬意を表しますね。
ヘドロはちゃんと肥料として利用していますし、天日干しといっても、現在のコンクリート水路の様に全く生物がいなくなる干涸らびた状態ではなく、ある程度の水たまりを作って置く様です。
2007-12-24 Mon 22:22 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3302:
こんなサミットがあるんですね。

池干しは私も懐かしい思い出があります。
池の泥さらいの日は家の前の川へ行き、
流れてくるフナやコイを捕まえて持って帰っていました。
特にコイが人気でしたね。
食うことはなく、家での飼育用でした。
2007-12-25 Tue 08:32 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.3303:黒髭サンタ
あら、こちらにも黒髭サンタの贈り物!

カジカも捕りに行きますか?2月末頃でしたら、卵も見れますよ。ただし、ウェダーを着てても水が痛いです。
2007-12-25 Tue 10:23 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3304:
べーさん 様
取り放題というか、勝手に網に入ってくるというか…楽しいですよね。
大物がいたりして。
確かに水や池そのものの管理とかが大変なのですが、里山のように、生態系のひとつの過程となっていたと報告されていました。
2007-12-25 Tue 20:39 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3305:
ryu-oumi 様
大型卵ですよね。
空蝉くんはとっても可愛いのですが、こいつさえ我が水槽には大きいかも…。
でも、カジカを捕獲してみたいなとは思います。
確かに、冷たいを通り越してますよね。
スキーウェアと組み合わせてトライしますかね?
2007-12-25 Tue 20:42 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。