http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
一匹発見!
2008-01-15 Tue 19:30
窓際に置いてある南沼蝦専用ケースで稚エビを発見しました。
採取した時にいた抱卵個体からのものだと思います。
稚エビ
松藻に留まる稚エビ
久し振りに南沼蝦(ミナミヌマエビ)の稚エビを眺めることができました。
ケースの汚れや松藻に焦点が合ってしまい、なかなか思うように稚エビが撮影できませんでした。
探してみましたが、この個体以外に見つけられません。
もう数匹いてもおかしくないのだけど…。
コリドラスの繁殖時に使用したヒーターとサーモスタットはあるのですが、水槽環境が切迫し、南沼蝦専用には小さなプラケースしか提供できない悲しさ。
暖かくなってから、たくさん殖えてくれることを願うのみです。
関連記事



別窓 | .水中の楽園 甲殻類 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<その後の川蜷くん | 懐かしき畦の水辺 | 張り切って…>>
この記事のコメント
no.3417:
一匹でも増えているのはいいことです。わが家には野外放置してあるメダカプラケースがあります。しばらく見ていないので状況はわかりませんが、そちらのヌマエビのように1匹でもいいから増えてくれていればと淡い期待を抱いています。でも手抜きしているから多分ダメだろぉーなぁ。
2008-01-15 Tue 21:31 | URL | エビ獲り名人 #-[ 内容変更]
no.3420:
エビ獲り名人 様
私も沼蝦は放置です。
エアレーションも濾過もせず、プラケースに砂と備長炭と松藻が入っているだけです。
陽当たりの良い窓際においてあるのは、松藻の光合成の為だったりします。(松藻も殖やしたくて…)
水温より、明るすぎてエビ達は少ない物陰に隠れようと一塊になっています。
現在、抱卵固体はいませんが、やたら脱皮を繰り返しています。
2008-01-16 Wed 00:10 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3421:千匹
現在抱卵個体が3名。目指せ1,000匹を合言葉に繁殖計画を行っていますが・・・30cmキューブでは100匹が限界かも知れないです。10匹や20匹増えたくらいでは、とても生餌にする気にはなれないですね。
2008-01-16 Wed 12:15 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3422:
ryu-oumi 様
私も同じように考えています。
せめて数百匹単位なら生餌にもしますが、観賞としても楽しんでいますからね。
春になったら、ベランダで一昨年まで使用していた老朽化したプラスティック水槽(30サイズ)を南沼蝦専用に復活させようかと考えています。
2008-01-16 Wed 22:13 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3427:
お疲れさまです。
ウチのエビも抱卵してからずいぶん経つんですが、まだ稚エビ発見には至りません。
勝手な解釈ですが、ウチは他種(スジエビなど?)と混泳している可能性が非常に高いと思われます。
もしかしたら稚エビが生まれたのに肉食のエビに喰われてるのか?とも最近思い始めました。。。
抱卵しているエビが5~6匹いそうなので、抱卵エビだけ水槽に残し、抱卵していないエビは違う水槽を準備して引越しさせようかと考えてます。それ以前にその時間を作らなくてはという葛藤と、新しい引越し先の水質にビビってます。
過去には幾度となく全滅させた経緯がありますので・・・・。
今の水槽から半分ほど水を移行させて立ち上げれば大丈夫でしょうかね?
2008-01-17 Thu 18:19 | URL | blueboy #-[ 内容変更]
no.3429:
blueboy 様
抱卵エビだけの隔離は良い案だと思います。
そのエビがいた水槽の水を分ければ大丈夫だと思います。
家はいきなり水道水入れたりしても平気なので余りシビアに考えてないのですが、blueboyさんは以前、苦労なされてましたものね。
心配になる気持ちはお察しいたします。
ミナミヌマエビの場合はゾエアではなく、いきなりエビ(親エビと同じ)の形をしています。
抱卵していると言うことは、既に受精されていますので稚エビを見られる確立は高いかと思います。
ただ、稚エビは濾過器の中とか、いろんな所に入り込むので探すのに時間が掛かるかも知れません。
2008-01-17 Thu 21:24 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。