http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
元気でした
2008-01-22 Tue 19:24
赤棘専用水槽に3匹の赤棘がいます。
夏の水温対策のために、水槽ファンで強制冷却をするために専用水槽にしていました。
幸い全て真夏の高水温を乗り切りました。
個人的な水槽事情からすれば、鯰の畔なま水槽と赤棘専用水槽は贅沢な部類に入ってしまいます。
両方とも単独水槽ですから…。
誘惑に駆られ、この赤棘専用水槽を少し増強しようかと思い始めています。
中層魚と競合しない底もの達をここに入れてもいいかと…。
もっとも鯰の単独水槽はそのままにしておきます。
赤棘 3
赤虫を食べに来た…
赤棘は普段、石の下にいます。
よってこの専用水槽は、濾過ポンプが稼働しているのに、石と粗めの砂以外、何もいないように見えます。
なんて贅沢な!
赤棘 4
隠れているのですが…
最近は、水温のせいかすぐにかぶりつくような勢いはありません。
暫く経つと、石の下から出て来て食べているようです。
赤虫の籠を水槽に沈めて、色々やっている内に、いつのまにか餌が無くなっています。
赤棘そのものを見かけず、最近は観察する機会を逃していました。
赤棘 5
状態良し!
赤棘は砂を掻き分けて石の下に潜ります。
大きめの平たい石を重ねてあるのですが、赤棘が砂を掘るために重心が傾き、石の配置がどんどん変わっていきます。
そんな折、彼らは隠れているつもりなのですが、石の配置と赤棘の位置が、撮影に絶好の形になりました。
今まででも、石をどければ生体の確認はできたのですが、赤棘を驚かせるので余程のことがない限り石を動かしたりはしません。
餌遣り以外は、ずっと放置していました。
今年になって、彼らによって石の配置が変わり、やっと元気な姿を確認できました。
状態も良く、元気そうでした。
採取して持ち帰った赤棘は、殆どがこの水槽で9ヶ月を過ごしています。
ただ、ひと夏を冷却無しの机の上の小型水槽で越した赤棘がいます。
猛突くん
9月下旬に、ここに入れたら、すかさず同じ石の下で同棲を始めました。
その素速いペアリング能力に感心したものです。
猛突くんよ、なかなかやるじゃん!
と、言うことで、もう1匹のはぐれ赤棘はいつも水中濾過ポンプの下です。
ペアリングしている同じ石の下にはぐれ赤棘が入り込もうとすると、勢いよく追い払います。
はぐれ赤棘くんは果敢に潜り込んでいましたが、いつも叩き出されておりました。
自然の掟とはいえ、はぐれ赤棘くんの、姿と行動に涙、涙の物語をマジマジと見ていた私で御座います。
このままにしておいたら春に繁殖でもするかな?
中層魚なら影響は少ないかも知れない…。
でも水槽事情から他の底ものを入れてしまうかも…。
葛藤の毎日ではあります。
関連記事



別窓 | .底の帝国 赤棘 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<保護観察中の仏さま | 懐かしき畦の水辺 | この模様が好き!>>
この記事のコメント
no.3461:
アカザは成魚しか捕らえて見た事がありませんが稚魚や幼魚の色は、より赤っぽい感じなんでしょうか?
雷魚の稚魚みたいな色を想像してます。
2008-01-22 Tue 20:19 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3463:
ドンコ将軍 様
赤棘も住む場所によってピンク系から濃いエンジ系のいろまで様々なようです。
私が採取した幼魚はドス黒い?エンジ系が多かったのですが、これも場所によって違うかも知れません。
実は赤棘専用にしているのは放って置いていつの間にか、稚魚がちょろちょろ…ってのを狙っていたりするのですが、そろそろ水槽事情が許さなくなってきました(涙)
2008-01-22 Tue 23:14 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3465:
やはり、アカザは冬場は調子いいですか?
うちの魚たちはにぶくなりましたね。
私は水槽に手を入れるのがつらい・・・
2008-01-23 Wed 00:28 | URL | べーさん #-[ 内容変更]
no.3466:混泳相手
家のアカザは混泳水槽なので、餌にありつき難いようです。オイカワとの混泳は×だと痛感いたしました。因みに稚魚は、黒い小型のオタマジャクみたいな奴で、動きも悪いので魚に捕食され易いです。
2008-01-23 Wed 12:44 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3469:
べーさん 様
室内水槽の水温は15度前後を行き来しています。
流石に餌喰いの活性はありませんが、自然環境に比べれば余程暖かいはずなので、冬眠状態では無いようです。
時々、現れては姿を消します。
去年の冬もそうでしたが、他の魚達も至って活性は良く動き回っています。
2008-01-23 Wed 21:32 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3470:
ryu-oumi 様
赤棘専用にしている方が珍しいでしょうね。
赤虫も赤棘が中心です。
他の魚達はもっぱら人工餌です。
畔なまくんですら…。(時々、小魚を与えますがあっという間に神去ります)
中層魚と混泳だと餌が行き渡りづらいかも知れませんね。
私は橙葦登や味女泥鰌としか混泳させたことがないので、気付きませんでした。
どれも底ものですものね。
2008-01-23 Wed 21:35 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。