http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
長寿
2008-01-27 Sun 19:14
義義の館と名付けた水槽があります。
その名の通り、幼魚の義義(ギギ)が2匹います。
(いつも隠れているので画像が撮れず、記事が少ないのですが…)
実は義義の館はトリッキーな水槽でして、長生きする生体と短命で終わってしまう生体との差が激しい水槽になっています。
原因は判りません。
義義(ギギ)も含め、泥鰌系や中層魚などは問題なく元気にしています。
でも。
魚食系底もの達にとっては鬼門の水槽であります。
浮鮴(ウキゴリ)、空蝉鰍(ウツセミカジカ)、鈍子(ドンコ)などはいつも数日から数週間しかも持ちませんでした(涙)
美個体の橙葦登(トウヨシノボリ)も尽く短命に終わっています。
とうとう昨年秋に湖西ガサで持ち帰った美個体橙葦登も落ちてしまいました。
そうそう鮎掛も…。
水流を強くしてみたり、石を積み上げて流れに変化を持たせてみたり、それなりの工夫はしてみたのですが、結果は尽く失敗に終わっています。
長生きしている魚達との違いはなんだろう?と未だに疑問に思っている次第です。
キラー・クゥ 8
キラー・クゥ(橙葦登)
従って、今いる葦登は去年の2月に素堀の水路で採取した橙葦登のキラー・クゥとプラケースにいるウロリ(葦登の幼魚)だけになってしまいました。
キラー・クゥは泥鰌帝国にいます。
去年の2月末に素堀の水路で採取しました。
真夏の高水温も乗り切り、そろそろ一年になろうとしています。
泥鰌帝国は5種の泥鰌の他に子(モロコ)や目高(メダカ)もいたりして超過密水槽です。
条件の良いゆったりした状態ではありません。
餌の争奪も激しいのですが、特に問題もなく元気にしています。
義義の館と泥鰌帝国の結果は明らかに差があります。
空蝉鰍(ウツセミカジカ)の蝉丸くんも当初は義義の館に入れる予定でしたが、過去の事例により思い直して机の上の小型水槽で飼育しています。
無事に3ヶ月が経過しました。
これらの違いは何なんでしょう?
キラー・クゥ 9
長寿葦登
カメラを向けるとウィローモスの杜に素速く逃こんでしまうキラー・クゥは撮影しづらかったのですが、やっと近景を納めることができました。
背鰭を広げると綺麗な青い紋様が綺麗ですが、なかなかその瞬間の画像を撮らせて貰えません。
一年間、雑多な環境で生き存えてくれたことに感謝です。
唯一の橙葦登の成魚となってしまいました。
関連記事



別窓 | .底の帝国 葦登 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<畔なまくんと遺殻 | 懐かしき畦の水辺 | 綺麗じゃん>>
この記事のコメント
no.3489:
もしかして夜中にギギの棘にやられるってことってあるんでしょうかね?
2008-01-27 Sun 22:34 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3490:
ドンコ将軍 様
そんなこともあるのでしょうか。
この水槽のギギはまだ小さく幼魚の域を出掛かった程度ですが、大きくなった時のことは考えないことにしています(おぃおぃ)
私が最初にギギを見たのは琵琶湖博物館の水槽でした。
群れをなして泳ぎ回る20センチ超えのギギ達は迫力ある弾丸ライナーで、まさか飼育するとは思ってもいなかったです。
ギギって襲われなくても棘でなにかするのでしょうか?
魚を捕獲する時にも使う?
ギギくん達は、おっしゃる通り夜中に私の目を掠めて行動しています。
2008-01-27 Sun 23:30 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3491:
私が飼育していたギギはよく棘を起てて底砂を掘るような行動をしていました。
体に虫でもついてるかな?とも考えましたが捕食行動の一部ではないのかな?とも思います。
しかし、その行動の真相は解りませんです..。
サメっぽいギギ幼魚のシルエットが好きです。
2008-01-28 Mon 00:30 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3493:あくまで可能性ですが
まず問題の一つが、移動のストレスが挙げられると思います。カジカなどは、夏よりも冬の方が長距離輸送での生存率が上がりました。水槽環境とは別の要因が含まれている可能性もあるのかも?
2008-01-28 Mon 18:12 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3495:
ドンコ将軍 様
そうか…。
ギギにはそんな技があるのですね。
確かに、あの鰭と泳ぐ姿は鮫を連想します。
目は可愛いですね。
2008-01-28 Mon 22:02 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3496:
ryu-oumi 様
その可能性は大です。
空蝉鰍の蝉丸は浜名湖での捕獲ですが、実は琵琶湖と走行距離は同じ位なのです。
季節は晩秋でした。
落ちた個体たちは、全て夏ですものね。
輸送ストレスは考えられます。
冬ならいいか…。
う、次回のガサがやばい!

数ヶ月後に落ちるのはまた別の要因なんでしょうけど…。
2008-01-28 Mon 22:06 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。