http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
雪のガサ 3
2008-02-12 Tue 18:11
さて、儀式が終わり、行動を開始しました。
「軽くウォーミングアップガサしましょう」
と、ryu-oumiさんに田圃の水路に案内されました。
たぶん…。
辺り一面銀世界なので。
雪の積もる土手を降りて、タモを入れ始めました。
目高
目高(メダカ)
泥鰌
泥鰌(ドジョウ)
マルタニシ
丸田螺(マルタニシ)
周りは一面の白い世界で、平和なガサで御座います。
私のブログの初期の仲間達。
今もいるけど、記事が少なくなっている。
何故だ!
初心に戻る「畔の水辺」です。

目高や泥鰌たちの顔を見た後、道を挟んだ広めの水路に向かいました。
足がズブズブと泥に沈み歩きにくい。
親睨
親睨み(オヤニラミ)
 「あ、なんか平たいの採れたよ!」
「オヤニラミです」
輪郭が「風の谷のナウシカ」に出て来た地蟲の様に見えるのは私だけか…。
3匹ほどタモに入りました。
鈍子 2
鈍子(ドンコ)
そして今日、お会いしたばかりのドンコ将軍がタモにいました(謎)
こんなに寒いのに何してんの?
この個体は結構、大きいです。
更に親切なryu-oumi氏とドンコ将軍さまは、例により懐畔サイズのドンコを逃がしもせずに大切にキープしてくれていました。
何匹も選びたい放題。
鈍子 1
カイハンサイズ?
暗黒化は留まるところを知らず、増長していくようで御座います。
結局、小さいサイズをお持ち帰りすることになりました。
タモロコ
タモロコ
ヨシノボリ
ヨシノボリ
ドブガイ
ドブガイ
この川の奥深さが垣間見えます。
暖かくなったら、また違った様相を見せてくれるのでしょうね。
ウォーミングアップガサとは言うものの、既にみんな熱くなってました。
風がないのが幸いし、ウェダーの下を防寒しているので、冷たさを忘れて楽しめました。
鯉の鱗

鯉 1
迫力あるな…
鯉 2

30センチ弱の体高のある野鯉です。
タモに入りました。
迫力のあるお顔をしておられます。
横エビ
ヨコエビとか…
ここだけではなく、ガサ全体を通して、ryu-oumiさんが、せっせとヨコエビや小さな水棲昆虫を集めておられました。
生餌です。
枯れ葉やゴミなどと一緒にタモに入るので、この小さな生き物たちをひとつずつその中から探し出して採取する必要があります。
その姿はryu-oumiさんの飼育されている魚達への愛情を感じます。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:10 | トラックバック:0 
<<雪のガサ 4 | 懐かしき畦の水辺 | 雪のガサ 2>>
この記事のコメント
no.3590:
コイのウロコのアップ、キレイにでて迫力あります。和の趣きも感じられますね。
2008-02-12 Tue 21:00 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3591:
ドンコ将軍 様
ちゃんと水滴を拭いて撮影すればいいのですが、いつも忘れてしまいます。
よって魚の顔が歪んだりします。
鯉の画像を3枚も載せるのは多すぎると思ったんですが、鱗のが迫力があったので使ってしまいました。
2008-02-12 Tue 21:32 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3593:ニラミ
かなり繁殖しているようですね
良いのか悪いのか・・・
2008-02-12 Tue 22:35 | URL | CB御殿 #-[ 内容変更]
no.3595:
CB御殿 様
詳細な状況はryu-oumiさんにお聞きしないと解りませんが、この川では定着しているようでした。
2008-02-12 Tue 23:09 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3596:なかなかの成果!
メダカをはじめ、ドンコやオヤニラミなど中々の成果ですね。

オヤニラミはこちらでも繁殖しており、
試しに飼育してみたところ、単独飼育であれば
極めて飼い主に懐き可愛い姿も見せてくれます。

だからこそ放流などされたりもするのかもしれませんが……
2008-02-13 Wed 03:49 | URL | うみへび #MlQgtKFg[ 内容変更]
no.3597:
いいですね~、琵琶湖ガサ。
一度行ってみたいです。
今年の夏に琵琶湖に行ってカワニナとか固有種を
採りたいな~とは思っているのですが。
2008-02-13 Wed 14:23 | URL | triactis #-[ 内容変更]
no.3599:そう言えば
 そう言えば、オヤニラミを捕まえたのは懐畔泥鰌さんだけでしたね!更に鯉も上げたし、ここでのMVPですね。
因みに我が家のミニドンは、カジカ2歳に食べられました。

 >飼育されている魚達への愛情を感じます。
必死なところが病で御座います・・・
「何が捕れますか?」と聞かれて、これを見られると・・・
空気が凍ります!
2008-02-13 Wed 17:59 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3602:
うみへび 様
はい、ガサ開始早々から順調な滑り出しでした。
今回もryu-oumi氏のご厚意の賜物で御座います。
オヤニラミは随分独特な姿をしていてそそられますが、これ以上はちょっと…。
飼育したら可愛いでしょうね。
でも、底ものだけで充分です。
増えましたが…。
2008-02-13 Wed 23:08 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3603:
triactis 様
湖東も湖西も湖北もそれら周辺の河川や水路も本当に豊かな自然です。
魚だけでなく貝や水草の固有種も多いですしね。
是非、夏には琵琶湖に行きましょう!
2008-02-13 Wed 23:12 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3604:
ryu-oumi 様
鈍子さまも鰍達も今回はとても元気です。
子と鰉は赤棘専用水槽にいれたのですが、何故か水中ポンプの下に屯して中層を泳いでくれません。

確かに何が捕れますか?と訊かれてミズムシやヨコエビを見せたら…。
でも、めげずに「これが愛です!」と応えてくださいませ。
2008-02-13 Wed 23:34 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。