http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
雪のガサ 5
2008-02-14 Thu 19:19
さて、ガサも佳境に入りつつありました。
私が昨年の初夏に仏泥鰌(ホトケドジョウ)を探しに来た場所を経由して帰路につくことにしました。
あの時はアカハライモリ1匹しか出逢えませんでした。
廃田の泥濘に足を取られ、どうにもできなくて困った記憶があります。
水路は隈無く歩き回ったのですが、ついに仏泥鰌に出逢うことなく帰ってきました。

目的場所までの途中の水路も探索しようと車を停め、3人で雪の積もった廃田や水路を覗きました。
案の定、足が埋まる…。
以前、私が探索した水路でガサを開始することにしました。
鈍子
鈍子さま
1センチちょっとの鈍子(ドンコ)。
やはり、キープですか?
3人で水路をガサしていきますが、魚がはいりません。
そんな時、ドンコ将軍さんが叫びました。
「あ!ひょっとして?ホトケドジョウ~!」
私とryu-oumiさんが駆け寄りました。
ホトケドジョウ 1
仏泥鰌(ホトケドジョウ)
「いましたねぇ~」
「ふふふ、私の情報はガセではないと…」
はい、ryu-oumi氏に戴いた情報が正しかったことが証明された瞬間でした。
その後、ryu-oumiさんとドンコ将軍が一匹ずつ追加されました。
ホトケドジョウ 2
ryu-oumi氏のゲット仏!
そして私はまたも仏を拝んだ坊主でございます。
う~ん、春になったら独りでこっそり来よう…。

この後、帰路につきつつ最後の琵琶湖湖畔へ向かいました。
目的地に到着してタモは持たないまま岸に降りました。
水草や貝を拾うのが目的です。
風が出て、波が高い。
さすがに寒さを感じました。
石をどけて貝を探すので水の冷たさも染み入ります。
私は湖岸を数百メートルほど伝って探索しました。
捻れ藻が浮いているのを発見したのですが、波が高くなかなか手に取ることができません。
その内に流れて行ってしまいました。
水の中を諦め、水際に打ち上げられている水草を探してみました。
黒藻?
唯一、見つけたその破片をryu-oumi氏に鑑定してもらったら、コカダナモでした。
残念。
イボカワニナ 1
大和川蜷(ヤマトカワニナ)
寒く、冷たい水の中でryu-oumi氏は貝を探していました。
その内のひとつ、ヤマトカワニナを頂きました。
画像では解りにくいですね。
蝉丸水槽に入れたので、綺麗な画像が撮れ次第、ご報告します。

ここで、「近江フィールドワーク 第7回ガサツアー」を終了しました。
私のお持ち帰りリストですか?
聞きたい?

鈍子(ドンコ) ×1
鰍(大型卵)(カジカ) ×2
大和川蜷(ヤマトカワニナ) ×1

そしてryu-oumiさんから頂いた
糸子(イトモロコ)  ×1
数河子(スゴモロコ) ×1
琵琶鰉(ビワヒガイ) ×1

雪のガサ。
成果は上々で楽しいガサでした。
いつもながらryu-oumiさんに感謝致します。
ドンコ将軍さまお疲れ様でした。
また、次回よろしくお願いします。
関連記事



別窓 | 採る楽しみ 川の水辺 | コメント:11 | トラックバック:0 
<<鈍子さま | 懐かしき畦の水辺 | 雪のガサ 4>>
この記事のコメント
no.3608:
ホトケはかわいいですよね。
泥鰌のくせに中層を泳ぐところも面白いです。

仏泥鰌は3,4年前に野外実習に行ったときに小川で
たくさん見かけた記憶があります。
泥鰌なのに泥のないところにいるのが印象的でした。
2008-02-14 Thu 19:26 | URL | triactis #-[ 内容変更]
no.3610:
湧き水の水路が減ってきて、かなり生息地が限定されてきています。
かつて仏泥鰌は人里にいたので、その環境は住宅地となってしまっています。
実は7匹ほど飼育しています。
何度か記事にしていますが、何故か捕獲してきた個体はどれも水槽内では殆ど中層を泳がず、底でじっとしています。
2008-02-14 Thu 20:55 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3611:カワヒバリガイ
私の持ち帰りボックスにカワヒバリガイが3匹はいってました。
懐畔泥鰌さんのぶんまで持ち帰ったのかも知れません~。
雪があったおかげで照り返しの分、風のない所は寒さを気にする事がなかったですね。雪に感謝。
湖上ではさすがに寒かったですが!
またよろしくです!
2008-02-14 Thu 21:12 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3612:
ドンコ将軍 様
カワヒバリガイ。
私は密かにちっちゃなアンモナイトと呼んでおります。
確かに湖に行って、あの日始めて寒いと思いました。
風がありましたからね。

はい、今度は空蝉鰍?赤棘?味女泥鰌?
また、やりましょう!
2008-02-14 Thu 21:55 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3613:追伸
調べてみるとカワヒバリガイは特定外来生物になっていました。もう少し調べてみます。
2008-02-14 Thu 22:58 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3614:連投すみません
結局、処分。失敗から学びましたです。
2008-02-15 Fri 06:40 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3615:済みません
カワニナは、ヤマとじゃなさそうですね・・・

そして、ややこしくて済みません、カワヒバリガイは潰して餌です!琵琶湖の移入種を駆除する活動です。エビ、カメ、魚等に食べてもらって下さい!
(持って帰って飼うこと、移動させて放流は禁止です)
2008-02-15 Fri 11:26 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3616:連続ですが・・・
確か、一番大きくてイボの大きなカワニナを入れた筈なのに・・・どこかで混じってしまったのか?次回再び捕りに来なさいというお告げなのか?なぞは深まります。
2008-02-15 Fri 11:39 | URL | ryu-oumi #-[ 内容変更]
no.3617:おかげさまで
おかげさまで勉強なりました!
ポケット貝図鑑もいりますね。
2008-02-15 Fri 12:13 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3618:
ドンコ将軍 様
何はともあれ餌ですね。
いっぱいいるのがなんとも…。
貝や水草の図鑑も持ち歩かなくては…。
でも、図鑑と実物は違ったりするし、難しいものです。
2008-02-15 Fri 20:58 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3619:
ryu-oumi 様
川蜷の接写写真が撮れました。
ボツボツなし…。

また採りに来いとのお告げだと理解しました。
2008-02-15 Fri 20:59 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。