http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
シマドジョウの稚魚
2006-07-15 Sat 21:06
ドジョウを探し回っていたのですが、前回採れたのはシマドジョウでした。
10本髭のドジョウは幼い頃からの友達ですが、6本髭のシマドジョウも模様が綺麗です。
今回、タモで掬ってどちらも採れました。
ただ、3~4センチほどの稚魚なんです。今年、生まれたのだと思います。
幼い頃なら、何処にでもいたので喜んで持って帰っていました。
ドジョウやメダカに限らず、カブトムシやクワガタや蝶の幼虫やヤゴやコオロギ・・・瓶で飼ってました。毎日観察し世話をして成虫になったら放してやる・・・そんな日々でした。
今回、さすがにやっと見つけた自然を前に持ち帰って飼育するのを躊躇いました。
それでも我が儘を感じつつ・・・。
身近に感じられなくなった嘗ての自然と幼い日々を思い出させて貰っています。

責任を持って飼うとはどういう事か考えさせられます。
出来うる限り、飼育環境を整えるとしてもそれがどの辺りにあるのか?
自分の元に連れてきた水辺の生物たちに愛情を注ぎつつ世話をしていきます。

最初はボトルに入れてみました。
100円ショップで買った瓶に砂を入れ、マツモとアマゾンフロッグピット(浮き草)と備長炭と竹炭を使いました。
ドジョウ 2匹 シマドジョウ 3匹の計5匹です。
水が安定している既存の水槽から種水を取りました。
しかし数日で濁りがでます。このままでは稚魚たちを安全に過ごさせるには不安があります。稚魚とはいえ5匹は数が多すぎました。
ボトルアクアリウムは後日、成魚になってからでも遅くはないと考え始めました。


シマドジョウの稚魚
関連記事



別窓 | .底の帝国 縞泥鰌 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<新規水槽 | 懐かしき畦の水辺 | 土の水路>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。