http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
砂洗い
2008-03-16 Sun 18:58
「始発電車に乗りたい」とのご要望にお応えして、朝5時起きで御座います。
このまま、タモとウェダーを持って走り去ろうかと思いましたが、眠い…。
で、朝専用缶コーヒーなんぞを飲みながら帰宅したら、妙に頭がすっきりして寝れない…。
なんてこった。
そこで「蝉丸矯正計画 砂洗い」をすることにしました。
時々、驚かされる蝉丸の「死体ごっこ」を矯正すべく、午前6時になる前から砂と戯れました。
蝉丸の死体ごっこの記事「だらゆる」で底砂が汚れているのでは?というコメントを頂きました。
その通りで御座います。
水を足したり、濾過器の詰まりを清掃したりはこまめにやるのですが、水槽リセットに近い水換えや砂の掃除は長期に渡ってしていません。
安定しているのを無闇には触らないというのが信条なのですが、蝉丸の行動が正常だとは思えません。
他の生体は至って元気で、一年以上、この水槽で落ちた魚がいないのでどうしようか迷っていました。
蝉丸水槽は25センチの小型水槽なので、リセットに近いことをすると、バクテリアやPHなどのバランスを崩しやすいのを懸念していました。
そして、もう一点。
「砂洗いをすると没頭してしまう…」
私にしか解らない世界が、それを躊躇させていました。(大謎)
※ご参考「」「田圃の土」「底砂について
でも、今日はやるぞ!
砂いじりは楽しいぞ!

蝉丸水槽のゴミを取り除く為に水を飼育ネットの網で濾過しながら、バケツに抜きました。
砂を洗った後に、バクテリアの早期再増殖を期待してこの水は戻します。
濾過器も一切手を掛けないことにしました。
水槽内に入れてある石や備長炭も洗わずにそのままにしました。
できるだけ、状態の変化を避けるのが目的です。
魚達をバケツに移して、水槽ごと水場へ持っていきました。
後は、お楽しみの砂洗い…。
水を流しながら砂を掻き混ぜて洗いました。
細かいゴミは浮き上がるものの、水の濁りはなく、それほど汚れている様には見えませんでしたが、やるからには徹底的に…。
(真似しない方が良いです。状態にも拠りますが、日々、こまめにゴミを取り除くのが基本で、砂を洗うなら濯ぐ程度の方が一般的です)
もちろん、私は気が済むまで洗いました。(やるな!)
「今日はこれくらいで許してやろう!」
机の上に水槽を再設置して、元の水を戻しました。

蝉丸水槽
砂洗い後…。
小さい水槽なので30分もあれば済むことなのですが…。
この機会に若干の生体を他の水槽に移動させました。
蝉丸水槽には筋縞泥鰌が4匹いたので一番大きい個体を義義の館に移しました。
この水槽には当初から南沼蝦が3匹います。
全て平和理に共存しています。
が、蝉丸や鰍1歳の野生本能の封印を解くべく、南沼蝦単独飼育をしているプラスティックケースのエビ達を数匹移設しました。
今後、蝉丸の「死体ごっこ」が治まるのかどうか、様子を見ていきます。

どうせ水槽を触るのならと他にもあれこれ…。
泥鰌帝国
泥鰌帝国
泥鰌帝国の水換えも行いました。
同時に繁っていたウィローモスを除去しました。
流木には活着しているのでまた繁ってくると思います。
機会があれば、川苔を採ってきて活着させようかとも考えています。
松藻に光を当てて延ばしたいのですが、余りにもモスが繁って陰っていました。
魚達の隠れ家は確保してあります。
エビ水槽
ウィローモスだけに…
南沼蝦単独プラスティックケースの松藻を取り除きました。
この松藻達はあちこちの水槽へ株分けしました。
そろそろ水温が20度を示しているので、南沼蝦たちに抱卵して欲しいと思っていますが、何の気配もありません。
もっと大きな水槽で放置しておく方が良いかも知れません。
ベランダに老朽化したプラスティック水槽があります。
年代物で透明度も無くなってしまったので、一年前に引退願ったのですが、老体にむち打って南沼蝦繁殖計画のために再登板させようか迷っています。
過酷だよな…。

関連記事



別窓 | .水中の楽園 水辺の水槽 | コメント:4 | トラックバック:0 
<<エビ狙い | 懐かしき畦の水辺 | お久し振りの七支>>
この記事のコメント
no.3816:なるほど
こういう事でしたか。
やりはじめたら体が勝手に動くうちにどんどんやってしまった方がベストですね。
でも突発だとあれをこうして・・・などと考える時間の方が多く作業時間が短くなってしまうことに後悔することがあります^^;
綺麗な水槽は気分がいいですね!
2008-03-16 Sun 20:02 | URL | マッサ #-[ 内容変更]
no.3817:
懐畔泥鰌さんの砂への拘り!
鬼気迫るものがありますね!
まさに、たかが砂、されど砂ですね。
感服いたします。
その後の蝉丸のお戯れ、どうでしょうね。
2008-03-16 Sun 22:57 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3818:
マッサ 様
おっしゃる通り、突発的だとやり忘れることが出て来たりしますね。
計画的にやることもあるのですが、溜めちゃうことも多くて…。
こまめにやっていればそんなことも無いのでしょうね。
2008-03-16 Sun 23:15 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
no.3819:
ドンコ将軍 様
蝉丸は特に変わった様子はありません。
お戯れは稀にやってたので見過ごしているのかも知れません。
よく観察しておきます。

砂には拘ってしまうのです。
とくに身近にある、できれば生息地の環境に近い底砂が理想です。
赤棘水槽の砂も専用に少し粗い砂利となっております。
2008-03-16 Sun 23:37 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。