http://dojodojo.blog59.fc2.com/

RSSフィード

QRコード

QR

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



別窓 | スポンサー広告  
2008-03-19 Wed 20:41
3月14日の記事「鰍2歳くん」で、義義の館の鰍が順調に過ごしていると書きました。
でも、あの記事内で触れたように、元気だった沼秩父と数河子(2匹の内の1匹)が落ちたのが、気にはなっていました。
何かとトリッキーな水槽で長生きするものと落ちるものとの差が激しいです。
なんと昨日、鰍2歳くんが落ちているのを発見しました。
大涙。
義義の館の呪いは未だに続いているようです。

鰍2歳くんはミニキャットが大好きでした。
この餌は義義(ギギ)も琵琶鰉(ビワヒガイ)もよく食べます。
真っ先に、この2種3匹が餌を漁ります。
鰍2歳くんは餌取りが下手でした。
わざわざ水流ポンプを止めて彼の目の前に落としてやっても琵琶鰉(ビワヒガイ)に餌を浚われる始末でした。(もたもた…
そんな鰍2歳くんが可愛かったのですが…。
餌を落として数分経つと、食べ残しは無く底砂の上はきれいな状態に見えました。
必ず鰍に行き渡るようにと、ちょっと過保護になり過ぎて、少し多めに餌を落としていました。
それが間違いの元だったと思います。
幾つかの粒が竹炭筒や石組みの隙間に入り込んでいたのに気付きませんでした。

ミニキャットは主に魚食魚用の餌です。
底もの達には、とても喰いが良いので助かっています。
それ故に、おそらく動物系の栄養分が豊富なんだと思います。
残り餌を放置すると水温の低い真冬でもすぐに白黴が綿状に拡がり始めます。
このところ暖かく水温は20度前後でした。
鰍2歳くんの亡骸を発見したときは、石組みの隙間に入り込んだ餌に白黴が蔓延し、その中に頭を突っ込んでいました。
そういえば沼秩父も…。
鰍2歳 5
遺影 鰍2歳くん
ちゃんと石組みを移動させて、こまめに残り餌の掃除すべきでした。
隠れ家を多くするためにちょっと入り組んだ積み重ねをしてありました。
そこへ水流で運ばれた餌が溜っていました。
他の魚に餌を先に食べられて、鰍が喰いはぐれる事の無いようにと多めに与えていた事が裏目に出ました。

長生きしているという記事を5日前に書きながら残念です。
鰍2歳くんへのせめてものお詫びに遺影となってしまった画像を載せます。
蝉丸と一緒にいる鰍1歳には長生きしてもらいたいと思っています。
関連記事



別窓 | .底の帝国 鰍 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<見てみたい | 懐かしき畦の水辺 | 大きくなるのかな?>>
この記事のコメント
no.3830:
石組みは難しいですね。ゴミのたまり場があるのは掃除する時に便利な面もありますが、複雑に入り組んでいると解体しないと掃除は難しいですし。うちは水流のあるところだけ石を多く組むようにして水換え時にスポイドでも隙間に水流を送って吐き出させています。毎日スポイドで目立つゴミは掃除しますがそれでもゴミは溜まり続けます。
2008-03-20 Thu 06:50 | URL | ドンコ将軍 #-[ 内容変更]
no.3832:
ドンコ将軍 様
解体しないと掃除しきれない組み方をしています。
それが裏目に出ました。
そういう観点からも、もし餌付くのであれば、簡単に黴びたりはしない金魚の餌は優れものです。
2008-03-20 Thu 23:10 | URL | 懐畔泥鰌 #w9NC1EbQ[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 懐かしき畦の水辺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。